道の駅川場田園プラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
川場田園プラザ
人にやさしさイッパイのステーション
道の駅川場田園プラザ
登録路線 群馬県道64号
登録 第10回 (10006)
登録年月日 1996年4月16日
開駅年月日 不明
営業時間 9:00 - 17:00
所在地
378-0111
群馬県利根郡川場村
大字萩室385
座標
外部リンク 国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
テンプレート / プロジェクト道の駅

道の駅川場田園プラザ(みちのえき かわばでんえんプラザ)は、群馬県利根郡川場村にある群馬県道64号平川横塚線道の駅である。通称「田プラ(でんぷら)」。平成27年度全国モデル道の駅に選定された[1]

関東好きな道の駅第1位に選ばれている。

毎年11月頃に祭りが開催され、それにあわせて全国各地からクラシックカーが集まる。創意工夫で進化を遂げ、年間120万人が訪れる[2]

施設[編集]

株式会社田園プラザ川場[3]が運営しており、広い敷地内に各種施設が点在している。

施設内には池が存在し、鯉や鴨が棲んでいる。

ホテルSL
ほたか高原駅
  • 駐車場(メイン駐車場の他に4つの臨時駐車場がある。)
  • トイレ
  • 公衆電話
  • 川場村観光協会(プラザセンター)
  • ファーマーズマーケット
  • 道の駅ホール
  • ブルーベリー館
    • 「食事処 あかくら」
    • 「物産館」
  • 地ビールレストラン武尊
    • 「レストラン」
    • 「ビール工房」
    • 「パン工房」
  • そば処 虎空蔵
  • ミルク工房
  • ミート工房
  • ブルーベリー公園
  • ドリンクコーナー あたご
  • ホテル田園プラザ(旧ホテルSL)[4] - 川場村役場のそばにある。「ほたか高原駅」があり、2006年にD51 561が圧搾空気による運転が可能なよう修復され、以後休日を中心に体験乗車運行が定期的に行われていたが、2016年に運行や保守を担ってきたただ1人の運転士が死去したため終了となった。昼食はビュッフェ営業を行っている。

交通アクセス[編集]

道路[編集]

当駅北東にこの二線が交わる交差点があり、平成22年に信号が作られた。当初信号名は無名だったが、同24年に「田園プラザ(: Den-En Plaza)」に改められた。

  • 群馬県道64号平川横塚線
  • 利根沼田望郷ライン
  • 関越自動車道「沼田IC」から、県道64号経由で約15分。
  • 国道17号「下川田町」信号から国道120号・県道64号経由で約25分。

鉄道[編集]

  • 上越新幹線「上毛高原駅」からタクシーで約30分。
  • 「上毛高原駅」から関越交通バスで、沼田駅での乗り換えで約60分〜80分。
  • 上越線沼田駅」、4番バスのりばから川場循環バスの立岩先周りで約30分、生品先回りで約50分、「田園プラザ」バス停下車すぐ。ホテルSLは同「学校前」バス停または「岩田橋」下車 徒歩5分。

高速バス[編集]

  • 群馬大学病院群馬県庁新前橋駅西口などから関越交通高速バス「アップル号」で沼田市の「市営住宅入口」バス停下車、川場循環線で「田園プラザ」下車。

周辺[編集]

川場スキー場
  • ふれあい橋 - 薄根川に架かる歩道専用の橋。自動車は県道64号の岩田橋か利根沼田望郷ラインの新薄根川大橋を渡る。
  • キャンプ場 - 薄根川河川敷を整備して作られた。
  • 塩河原温泉
  • 川場温泉
  • 米山温泉
  • 川場スキー場 - 冬には雪山の運転が苦手な人のために、川場スキー場まで無料送迎バスがここから発着している。
  • 吉祥寺
  • 川場村役場
  • 川場村中央公園
  • 川場村歴史民俗資料館
  • 川場温泉悠湯里

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地域活性化の拠点を形成する重点「道の駅」を選定しました”. 国土交通省 (2015年1月30日). 2015年12月19日閲覧。
  2. ^ 読売新聞 2015年4月30日 編集手帳
  3. ^ 田園プラザ川場
  4. ^ 2009年(平成21年)4月より財団法人川場村観光開発公社に代わって田園プラザ川場が経営を引き継いでいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]