角島大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
角島大橋
Tsunoshima Ohashi Bridge.jpg
所在地 日本
下関市 - 角島間
海士ヶ瀬戸
長さ 1,780m
最大支間長 102m(橋脚:28基)
6.5m(2車線)
高さ 航路高18m
形式 21(=7+8+6)径間連続PC箱桁 + 3径間連続鋼床版箱桁 + 5径間連続PC箱桁
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

角島大橋(つのしまおおはし)は、山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる

概要[編集]

1993年(平成5年)9月6日に着工し、2000年(平成12年)11月3日に開通した。総工費149億円。山口県道276号角島神田線の一部。かつて、角島へは渡船による交通が主であったが、完成により陸路でつながった。当初は(県道ではなく)豊北町道として建設された(過疎代行道路整備事業として山口県が発注)こともあり、道路構造令の第三種第四級で設計が行われた。このため、最高速度は40km/hに制限されており、強風時には一般車両が通行止めになる。

北長門海岸国定公園内に位置することから、橋脚の高さを押さえ、周囲の景観に配慮した構造となっている。また、架橋ルートの選定にあたっては、本土と角島の中間に位置する鳩島に橋脚を建設する案も検討されたが、自然景観保護の観点から島を迂回する現在のルートが採用された。このような取り組みが評価され、2003年(平成15年)には「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞している。

完成後はその景観から山口県の新たな観光名所となっている。テレビCM、特に自動車のCM(レクサス・GS450h三菱・ギャランフォルティススズキ・スイフトなど)のロケ地として多く採用されている。

また、完成当初は通行料金が無料の離島架橋としては日本最長であったが、2005年(平成17年)2月8日沖縄県古宇利大橋(全長1,960m)が開通し抜かれた。

沿革[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 渡っても眺めても楽しい!「口コミで選ぶ日本の橋ランキング 」tripadvisor 2015年10月22日