長門湯本温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 長門湯本温泉
Yumoto-ontoh.jpg
長門湯本温泉 公衆浴場「恩湯」
温泉情報
所在地 山口県長門市
座標 北緯34度19分50秒 東経131度10分15秒 / 北緯34.33056度 東経131.17083度 / 34.33056; 131.17083座標: 北緯34度19分50秒 東経131度10分15秒 / 北緯34.33056度 東経131.17083度 / 34.33056; 131.17083
交通 空路 - 山口宇部空港
鉄道 - JR西日本美祢線 長門湯本駅
バス - サンデン交通:バス停「湯本温泉入口」
車 - 中国自動車道 美祢IC
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温(摂氏 39.0 °C
湧出量 36.5L/分
pH 9.62
宿泊施設数 12軒
外部リンク http://www.yumotoonsen.com/
特記事項 湧出量・pHの値は恩湯のもの
テンプレートを表示
長門湯本温泉の位置
長門湯本温泉の位置
長門湯本温泉
長門湯本温泉の位置
大谷山荘(長門湯本温泉)
湯本観光ホテル西京

長門湯本温泉(ながと ゆもと おんせん)は、山口県長門市(旧国長門国)にある温泉。山口県を代表する温泉(「防長四湯」)の一つである。

正式名称は「長門」を冠しない「湯本温泉」であり、全国温泉大事典、帝国書院地図帳などには「湯本(温泉)」と記載されているほか、旅館組合の正式名称も「湯本温泉旅館協同組合」であり、近郊において「長門湯本温泉」と呼ぶ機会は少ない。ただし、先述の湯本温泉旅館協同組合のサイト長門市観光コンベンション協会のサイトでは「長門湯本温泉」として紹介されている。旧鉄道省編の『温泉案内』では「深川温泉」として紹介され、「長州第一の名湯だと云ふ」と記されている。

泉質[編集]

  • アルカリ性単純泉[1]

温泉評論家の郡司勇は、公衆浴場「恩湯」(改装前)に入浴し、源泉が「ややヌル目のまま利用されており感動した。名湯の名に恥じない良い湯である。」<https://allabout.co.jp/gm/gc/80457/2/>との感想を記している。

温泉街[編集]

音信川(おとずれがわ)沿いに温泉街が広がる[2]。大規模な温泉旅館が林立し、山口市湯田温泉と並び、山口県を訪れる団体観光客の主要な宿泊地ともなっている。中でも大谷山荘は、日本温泉遺産を守る会により温泉遺産(源泉かけ流し風呂)に認定されている<http://www.onsen-isan.com/gensen/yamaguchi.html>。

共同浴場は「恩湯」(おんとう、現在休業中。2019年秋開業予定)、「礼湯」(れいとう、2019年3月末閉業)の2軒が存在した。休業前の恩湯は瓦屋根に「湯本温泉」という大きなネオンサインがあるのが特徴であった。

音信川沿いの遊歩道と川沿いの公園に足湯が存在する。

2014年に経営破綻した旅館跡に、星野リゾートが高級旅館「界」を建設するとともに、温泉郷全体の再生に取り組むことで2016年に長門市と協定を結んだ[3]

歴史[編集]

開湯は室町時代1427年である。当地にある大寧寺の住職が、住吉大明神の神託によって発見したとされる。開湯時に発見した源泉は現在も湧出し、所有も同寺のものである。

江戸時代には、長州藩の藩主も湯治に訪れた[4]

日本各地に存在する「湯本温泉」とともに「ゆもと湯けむり5名湯」という宿泊スタンプラリーを定期的に開催している。参加している温泉地は温泉地は長門湯本温泉の他に、ニセコ湯本温泉、岩手湯本温泉(湯田温泉峡湯本温泉)、岩瀬湯本温泉いわき湯本温泉である。

アクセス[編集]

参照[編集]

  1. ^ 温泉成分湯本温泉旅館協同組合公式サイト(2018年4月15日閲覧)。
  2. ^ 湯本温泉旅館協同組合の公式サイト内「お宿の一覧」には2018年4月15日時点で12軒が掲載されている。
  3. ^ 星野リゾートが温泉街再生、山口・長門市と協力日本経済新聞ニュースサイト(2016年4月26日)2018年4月15日閲覧。
  4. ^ 長門 湯本温泉とは湯本温泉旅館協同組合公式サイト(2018年4月15日閲覧)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]