観光カリスマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

観光カリスマ(かんこう - )とは、日本の地域観光振興を目的に、特色のある観光地づくりに貢献した人々を選定したもの。

概要[編集]

選定は内閣府及び国土交通省が中心となり、観光カリスマ百選選定委員会が選定している。2002年から2005年にかけて100名弱が選ばれた。魅力的な観光資源が乏しい地域での観光振興、疲弊した観光地の復活などを担った多様な人物が選ばれている。

国土交通省は、観光カリスマを講師にして「観光カリスマ塾」を開催、ノウハウの伝授や現場体験、受講者によるワークショップなどを実施し、次世代の観光振興を担う人材育成を行っている。

観光カリスマ百選一覧[編集]

※肩書は選定時点。

北海道地区[編集]

東北地区[編集]

  • 角田周(青森県五所川原市) - 企画集団「ラブリー金木」代表
  • 佐藤和志(秋田県仙北市) - 乳頭温泉郷鶴の湯温泉代表取締役
  • 田口久義(秋田県仙北市) - 特定非営利活動法人田沢湖ふるさとふれあい協議会会長
  • 綾野輝也(岩手県奥州市) - 黒船代表取締役社長
  • 工藤順一(山形県寒河江市) - 観光カリスマ工藤事務所代表
  • 佐藤雄二(山形県米沢市) - 小野川温泉河鹿荘代表取締役社長
  • 渋谷文枝(宮城県加美町) - 農家レストラン経営
  • 小椋唯一(福島県猪苗代町) - 福島県観光連盟教育旅行アドバイザー、東北観光推進機構教育旅行アドバイザー
  • 唐橋宏(福島県会津若松市) - 会津そばトピア会議会長
  • 斎藤一彦(福島県いわき市) - 常磐興産代表取締役社長
  • 渋川恵男(福島県会津若松市) - 七日町まちなみ協議会会長

関東地区[編集]

北陸甲信越地区[編集]

中部地区[編集]

近畿地区[編集]

中国地区[編集]

  • 寺谷誠一郎(鳥取県智頭町) - 智頭町長
  • 松場登美(島根県大田市) - 石見銀山生活文化研究所取締役所長、石見地域デザイン計画研究会会長
  • 吉崎博章(島根県隠岐の島町) - 吉崎工務店代表取締役社長
  • 徳永巧(岡山県真庭市) - 真庭遺産研究会事務局長
  • 平田克明(広島県三次市) - 平田観光農園代表取締役
  • 松浦宣秀(広島県呉市) - 藻塩の会代表
  • 坂本多旦(山口県山口市) - 船方農場グループ代表

四国地区[編集]

九州地区[編集]

沖縄地区[編集]

  • 上地長栄 - 沖縄県観光事業協同組合代表理事(沖縄県那覇市
  • 上地健次 - 国際サンゴ加工所代表取締役社長(沖縄県沖縄市)
  • 上地敏夫 - 多幸山代表取締役社長(沖縄県恩納村
  • 大濵長照(沖縄県石垣市) - 石垣市長
  • 白石武治(沖縄県名護市) - カヌチャベイリゾート代表取締役会長
  • 竹盛洋一(沖縄県竹富町) - 竹盛旅館代表者、西表島エコツーリズム協会元会長

日本国外[編集]

外部リンク[編集]