両備システムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社両備システムズ
Ryobi Systems co., ltd.
種類 株式会社
本社所在地 700-8504
岡山県岡山市南区豊成二丁目7番16号
設立 1965年6月5日
業種 情報処理
法人番号 8260001007077
事業内容 システムインテグレーション・コンサルテーション・ソフトウェア開発・ITアウトソーシングサービス・情報セキュリティサービス・情報教育
代表者 代表取締役社長 松田久
資本金 3億円
売上高 107億円(2012年度)
総資産 非公開
従業員数 611名(2013年1月)
決算期 12月
主要株主 両備ホールディングス
外部リンク http://www.ryobi.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社両備システムズ(りょうびシステムズ)は岡山県岡山市南区に本社を置く、情報処理業を主業務とするシステムインテグレーター(独立系)。両備グループの一員であり、グループ内で情報関連部門の中核に位置付けられている会社である。

概要[編集]

両備システムズをはじめとして、両備グループ全体としては情報処理に関する業務を一通り網羅しているが、これは両備システムズが成長する過程で業務内容を拡大しながら、ある程度の規模になった段階で分社化した結果と言える。結果として、現在の両備システムズは官公庁自治体、医療機関向けシステムの開発・運用受託がメインとなっている。

また、設立当初から富士通FACOM231を導入し、かつては富士通と合弁で富士通岡山システムエンジニアリングを設立するなど、富士通とのつながりが強い。

歴史[編集]

  • 1965年(昭和40年) - 協同組合岡山電子計算センターとして設立。
  • 1969年(昭和44年) - 株式会社
  • 1973年(昭和48年) - 株式会社両備システムズに社名変更
  • 1985年(昭和60年) - 富士通と共同出資で株式会社富士通岡山システムエンジニアリング(後に富士通の完全子会社となり、富士通システムズ・ウエストを経て2016年に富士通へ吸収合併)を設立
  • 1988年(昭和63年) - システム機器部を分社化し、株式会社両備システム機器販売(現:株式会社両備システムイノベーションズ)を設立。以降、おもに民需向け部門を独立させて別会社を設立していく。

関連会社[編集]

外部リンク[編集]

両備システムズホームページ