サンサンライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンサンライナー(広交観光) 2010年2月時点で使用
サンサンライナー(広交観光) 2010年2月時点で使用
サンサンライナー(広交観光) 2007年10月時点で使用
サンサンライナー(広交観光) 2007年10月時点で使用
サンサンライナー(両備バス)2007年2月時点で使用
サンサンライナー(両備バス)2007年2月時点で使用
サンサンライナー(両備バス)2014年8月時点で使用
サンサンライナー(両備バス)2014年8月時点で使用
サンサンライナー(中国ジェイアールバス) 2010年8月時点で使用
サンサンライナー(中国ジェイアールバス) 2010年8月時点で使用
サンサンライナー(中国ジェイアールバス) 2007年6月時点で使用
サンサンライナー(中国ジェイアールバス) 2007年6月時点で使用

サンサンライナー は、広島県広島市岡山県岡山市を結ぶ高速バスである。 乗車前に予約が必要で、「発車オーライネット」、もしくは両備バスのウェブサイトから予約が可能。なお、両備バスサイト予約分はローソンファミリーマートミニストップで乗車券・回数券の購入・発券ができる。

歴史[編集]

運行会社[編集]

  • 広交観光
    • 落合営業所が平日4往復、土日祝日6往復担当。
  • 中国ジェイアールバス
    • 岡山支店が2往復担当。
    • 2018年5月までは広島支店も2往復(2018年4月以降は土日祝日のみ運行)担当していた。2008年3月31日までは、広島支店担当便は、東広島支店の乗務員が運転していたが(広島バスセンターグリーンフェニックスと乗務員の相互交代を行っていた。)、同年4月1日より広島支店の乗務員が乗務することとなった。
  • 両備ホールディングス(両備バス)
    • 両備バスカンパニー岡山営業所が4往復担当。

停車停留所[編集]

広島県内および岡山県内のみの利用は不可。

広島バスセンター - 新白島駅 - 不動院 - 中筋駅 - 岡山IC - 岡山駅西口

運行経路[編集]

広島市内 - 国道54号祇園新道) - 広島IC - 山陽自動車道 - 岡山IC - 国道53号 - 岡山市内

運行回数[編集]

  • 昼行12往復/日

車内設備[編集]

  • 4列リクライニングシート
  • フットレスト(中国ジェイアールバスと両備バス担当便の一部)
  • トイレ(広交観光・両備バス)
    • 中国ジェイアールバス担当便も車両運用上の都合でトイレ付車両など仕様の異なる車両で運行されることがある。
  • 日本茶のセルフサービス(両備バス担当便のみ)
  • コンセント(一部の両備バス担当便のみ)

関連項目[編集]

以下の路線は、いずれも現在は廃止されている。

脚注[編集]


外部リンク[編集]

広交観光
中国ジェイアールバス
両備ホールディングス