新白島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新白島駅
アストラムライン新白島駅駅舎写真の奥には山陽本線も見える
アストラムライン新白島駅駅舎
写真の奥には山陽本線も見える
しんはくしま
Shin-Hakushima
所在地 広島市中区西白島町[1][2]
所属事業者 西日本旅客鉄道[1][2](JR西日本・駅詳細
広島高速交通[1][2]駅詳細
テンプレートを表示

新白島駅(しんはくしまえき)は、広島県広島市中区西白島町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・広島高速交通である[1][2]

概要[編集]

アストラムラインの路線図。2015年3月14日にJR山陽本線との乗換駅となる新白島駅が開業[1][2]

2015年(平成27年)3月14日 に、JR西日本の山陽本線と、広島高速交通の広島新交通1号線(アストラムライン)が交わる場所に開設された駅で、両路線の乗換駅となっている[1]。山陽本線の駅は、土休日のみ運転される快速シティライナーを除いて全列車が停車する[3](西隣の横川駅から分岐する可部線の列車を含む)。

建設費用はJR側が約20億円、アストラムライン側が約32億円、連絡通路・周辺整備が約13億円となっている[4]。JR西日本は新駅をつくる際、地元がほぼ全額負担するのが慣例だが、今回はJRが総事業費20億円中約2億円を負担している[5]

広島市は需要予測を1日に、JR西日本が約2万人、アストラムラインが約1万人、両駅の相互利用を約8千人としている[6]

なお、JR側の認可書類での住所は山陽本線の線路がある広島市中区白島北町1、アストラムライン側では駅舎予定地である場所の住所は広島市中区西白島町5となっていて町の境界線を跨っている状態だったが、2014年10月10日の駅名決定発表では共に西白島町の住所が与えられており町境を跨っている状態は解消された[7][8]。JR西日本が広島市中区に駅を設けるのは初めてである[9]

建設の経緯[編集]

JRとアストラムラインの交点に駅を作る計画は、アストラムラインの建設前に路線や駅位置を検討する新交通システム技術委員会でも議論されたが、多くの問題が挙がり最終的に見送られ、1994年(平成6年)8月20日のアストラムライン開業時から乗り換え駅がない状態が続いていた[10]。しかし建設希望の意見も根強く、2003年平成15年)11月に、JR西日本、広島高速交通、国土交通省中国地方整備局、国土交通省中国運輸局および広島市の5者による「JR白島新駅設置検討協議会」が設置され、検討が再開された。その後、2009年時点では国土交通省も事業に前向きであったが、財務省の理解が得られておらず、結局は未着工のまま[11]で続いていたが、後に建設が決まり2013年(平成25年)1月8日に着工に至った。

着工への転機は、2010年(平成22年)2月に広島市が白島新駅の新設の方針を発表[12]2012年(平成24年)度中の認可、2014年(平成26年)春の開業を目指すとしたことに始まる[6]

2012年(平成24年)3月8日にはJR西日本が国土交通省中国運輸局に対し、新駅設置に伴う鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請を行い[5]、同年3月29日にその認可が下りている[13]。後に諸事情により開業予定は2015年(平成27年)春へと延期された。2014年12月19日にJR西日本は開業日を2015年3月14日と発表し[14]、同日、広島市と広島高速交通もアストラムラインの新白島駅の開業日をJRと同じ2015年3月14日と発表した[15]

JR西日本は、駅設置認可資料では「白島駅」(はくしまえき)を届け出上の駅名としており[13]、整備主体となる広島市では「白島新駅」(はくしましんえき)の仮称を用いていた[6]が、2014年10月10日にJR西日本・広島高速交通の連名で正式名称「新白島駅」が発表された[7][8]

歴史[編集]

  • 2003年平成15年)11月 - 国土交通省中国地方整備局、国土交通省中国運輸局、広島市、西日本旅客鉄道、広島高速交通で構成するJR白島新駅設置検討協議会を設置[6]
  • 2010年(平成22年)
  • 2012年(平成24年)
    • 2月17日 - 広島市は白島新駅の連絡通路を簡素化し、工事費を約6億円削減することを市議会総括質問で明らかにした[6]。追加の地盤工事が必要となり、さらに国から排煙対策の不十分さを指摘され総事業費が膨らみ、その抑制に迫られたため[19]。同時に開業予定が2015年(平成27年)春と繰り延べられた[20]
    • 3月8日 - JR西日本が、新駅設置について中国運輸局長に鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請[5]
    • 3月29日 - 国土交通省中国運輸局が山陽線 広島・横川駅間の新駅「白島駅」設置を認可[13]
    • 12月22日 - 広島市が安田学園の講堂で住民説明会を行った[21]
  • 2013年(平成25年)1月8日 - 建設着工[21][22]
  • 2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)3月14日 - 新白島駅が開業[1][2]

駅構造[編集]

JR・アストラムライン駅を連絡する連絡通路

JR山陽本線とアストラムラインの交差する位置にJRの駅が、その南側にアストラムラインの駅が位置する。地形上の関係(後述)からアストラムラインの駅は交差位置からおよそ120m(両駅のホーム間の距離)離れており[23]、それを駅間68.7mの連絡通路でつなぐ[24]

山陽本線の南側にアストラムラインと平行する国道54号の歩道と駅とを繋ぐ歩道橋が設けられ、これが東西間の連絡通路となる。連絡通路のJR南口駅舎近くには公衆トイレが設置され、JR側南口にタクシー、自家用車の乗降場が設けられる。広島市営駐輪場が連絡通路の東西、JR北口駅舎の北に設置され[25]、その内でJR南口駅舎に近い東側の駐輪場が構内最大規模となる[6]

建設工事の入札不調のため、駅開業時点では連絡通路の屋根の建設が遅れており、広島市は2015年夏頃の完成を見込んでいた[3]が、長らく骨組みのままの状態が続いた。工期が2015年11月13日まで延長された後の10月13日には建設用資材がアストラムライン軌道上に落下する事故も起こった[26]

JR西日本[編集]

JR 新白島駅
JR新白島駅北口駅舎[補足 1]
JR新白島駅北口駅舎[補足 1]
しんはくしま
Shin-Hakushima
広島 (1.8km)
(1.2km) 横川
所在地 広島市中区西白島町154-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 R 山陽本線
B 可部線直通含む)
キロ程 306.5km(神戸起点)
電報略号 ハク
駅構造 高架駅(盛土上)
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
9,698人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 2015年(平成27年)3月14日[1][2]
備考 業務委託駅
みどりの窓口
広 広島市内
テンプレートを表示

JR側は構造上は地上駅に分類されるが、この近辺の山陽本線が畝の上を走っており、ホーム等は地上よりも高い位置にあるため広義の高架駅(盛土駅)にも該当する。北口駅舎は地上階に駅舎、ホームは上の階にあるという2階建てとなっており、南口駅舎は山陽本線に沿って駅舎とホームがある1階建て [21]となっている。

有効長165m(8両編成対応)の相対式2面2線のホームが設けられている[5]。山陽本線にそのままホームを横付する形になり、待避線は設けられていない。ホームには6両分の旅客上屋が設けられる。敷地の関係から両ホームは約100mずらした位置に設置される。天神川駅と同様の上下線分離駅となり、改札を抜けた先でホーム間の行き来はできない。南口駅舎と北口駅舎[28]間の行き来は既設の国道歩道トンネルを使うことになる[27]

宮島口駅が管理し、ジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。広島シティネットワークに属し、JRの特定都区市内制度における「広島市内」エリア([広])の駅である。駅スタンプは「広島都心と直結する駅」。

南口駅舎にはみどりの窓口が設置されており、セブンイレブン キヨスクJR新白島駅店がある。北口駅舎にはこれらの設備は無い。

当駅が開業した2015年3月14日から広島シティネットワークに路線記号が導入されている[29]。開業時点ではすべての快速「通勤ライナー」と普通列車が停車していたが[14]2016年3月26日から再設定されたデータイム快速「シティライナー」は通過する[30]

JR新白島駅ホーム
のりば 路線 方向 行先
1 R 山陽本線 下り 宮島口岩国方面
B 可部線 緑井あき亀山方面
2 R 山陽本線
B 可部線含む)
上り 広島三原方面


広島高速交通(アストラムライン)[編集]

アストラムライン 新白島駅
アストラムライン新白島駅
アストラムライン新白島駅
しんはくしま
Shin-Hakushima
城北 (0.3km)
(0.4km) 白島
所在地 広島市中区西白島町5-2
所属事業者 広島高速交通
所属路線 広島新交通1号線
(アストラムライン)
キロ程 1.7km(本通起点)
駅構造地下駅[4]
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
5,425人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
10,940人/日
-2016年-
開業年月日 2015年(平成27年)3月14日[1][2]
テンプレートを表示

アストラムライン側は島式1面2線のホーム[31]を有する半地下駅(掘割駅)。この場所は、路線建設時に駅建設には至らなかったものの、駅設置を見越して予め水平を確保してあった場所である[23]。その先は城北駅に向かって更に地下に下る坂になっている。この水平部分の反対側の上り坂は山陽本線交点部を超えて高架駅である白島駅直前まで続いている。駅舎は地上にあり、プラットフォームは天井が地上構造物天井までの吹き抜けになっている[23]待避線は設けられていない。PASPY対応。定期券発売駅。

既存の駅では7色のステーションカラーが順番に振り分けられたが、当駅開業後は一部を除いてステーションカラーの使用が取りやめられるか、便宜上既存の駅で使用されていない白色で表記されるようになった。新白島開業後のステーションカラーに関する取り扱いについては広島高速交通から公式に明言されていない。

アストラムライン 新白島駅ホーム
のりば 方向 行先
1 下り 広域公園前方面
2 上り 本通方面


駅周辺[編集]

城北通り広島県道84号東海田広島線)の北側、国道54号祇園新道)沿いに位置する。

西隣に県営長寿園高層南アパート2号館があり、北アパート南側も最寄り駅になる(南アパート1号館は城北駅が最寄り、北アパート北側は白島駅が最寄りになる)。また、駅周辺は低層・高層の住宅が建ち並ぶ。

駅東側から白島電停広島電鉄白島線・当駅からは約600m離れている)にかけての一帯は白島商店会のエリアに当たる。

また、JR線利用の場合は以下の施設も最寄り駅に当たる。

バス路線[編集]

アストラムライン駅舎付近に「新白島駅」停留所が駅開業と同時に新設され、祇園新道を経由する路線を運行する広島交通(深川線(30号線・33号線)・桐陽台線(72号線)・勝木線(73号線))[32]広島電鉄広電バス)(12号線)[33]広島バス(30号線(高陽線))・中国ジェイアールバス(中国JRバス)(雲芸南線(30号線・33号線))[34]が同日から乗り入れ、一部の高速バスが停車する[35][36]

停車する路線は以下の通り[37][38]

高速バス[編集]

乗り場 愛称 運行会社 行先 備考
西側(高陽方面) 神戸エクスプレス
ハーバーライナー
広交観光神姫バス 神姫神戸三宮BT
サンサンライナー 広交観光・中国JRバス
両備ホールディングス
岡山駅西口
三井アウトレットパーク倉敷線 広島電鉄 三井アウトレットパーク 倉敷 2019年3月31日までの日曜・祝日に運行
ローズライナー 広島交通中国バス鞆鉄道 福山駅
フラワーライナー 広島交通・中国バス
本四バス開発因の島運輸
尾道駅・因島(土生港
リードライナー 広島交通・中国バス 府中(目崎車庫・道の駅びんご府中)・平成大学
ピースライナー 広島交通・中国バス 世羅(甲山営業所・道の駅世羅)・上下駅甲奴駅
グリーンフェニックス 中国JRバス 西条・広島大学
三次・庄原線 広島電鉄・備北交通 三次駅庄原BC
徳山線 防長交通 徳山駅
東側(広島市街方面) 降車専用

一般路線バス[編集]

乗り入れるバス会社

乗り場 路線番号 運行会社 行先 備考
西側(高陽方面) 12 広電バス ノンストップ便)桜ヶ丘・戸坂中学校東浄小学校 平日夕方ラッシュ時のみ運行
30-2 広島バス 祇園新道経由)高陽B団地
30-3 広島交通 (祇園新道経由)高陽C団地
30-4 広島交通・中国JRバス (祇園新道経由)高陽A団地
33-4 広島交通・中国JRバス 急行便)(祇園新道経由)高陽A団地 平日夕方ラッシュ時のみ運行
30-5 広島交通・中国JRバス (祇園新道経由)高陽車庫
30-15 中国JRバス (祇園新道・高陽台経由)高陽車庫
30-6 広島交通 (祇園新道・中深川経由)深川台
30-7 広島交通 (祇園新道・中深川・可部駅経由)桐陽台
30-8 広島交通 (祇園新道・中深川・可部駅経由)大林車庫
30-9 中国JRバス (祇園新道・中深川経由)上深川
72-7 広島交通 (急行便)(祇園新道・佐東バイパス・可部駅経由)桐陽台 平日夕方ラッシュ時のみ運行
73-2 広島交通 (急行便)(祇園新道・佐東バイパス・可部駅経由)勝木 平日夕方ラッシュ時のみ運行
東側(広島市街方面) 12 広電バス ノンストップ便)(本通り経由)市役所 平日朝ラッシュ時のみ運行
12 広電バス (ノンストップ便)(本通り・市役所・御幸橋経由)仁保沖町 平日朝ラッシュ時のみ運行
12 広電バス 急行便)(八丁堀・御幸橋経由)仁保沖町 平日朝ラッシュ時のみ運行
22-1 広島バス (急行便)(西白島・市民病院前・八丁堀経由)広島駅 平日朝ラッシュ時のみ運行
30K 広島交通中国JRバス 基町経由)広島バスセンター
30G 広島交通・中国JRバス・広島バス (基町・広島バスセンター・合同庁舎経由)広島駅
33G,72G,73G 広島交通・中国JRバス (急行便)(広島バスセンター・合同庁舎経由)広島駅 平日朝ラッシュ時のみ運行

利用状況[編集]

以下の情報は、広島市統計書に基づいたデータである。JRでは「1日平均乗車人員」を、アストラムラインでは「1年毎乗車総数」と「1年毎降車総数」の情報を公開している。アストラムの1日平均乗車人員データは、年度毎の乗車総数を365(開業年度の2014年度は実営業日数の18、閏年は366)で割った値を小数点2位を丸めて小数点1位の値にした物である。アストラムラインのデータは1,000で丸めて提供されているので、1年毎ではプラスマイナス500の誤差があり、1日当たりでは1.4人程度の誤差が発生する。

年度 JR新白島 アストラムライン新白島
1日平均
乗車人員
1日平均
乗車人員
1年毎
乗車総数
1年毎
降車総数
2014年(平成26年) 6,813[39] 3,000.0 54,000 54,000
2015年(平成27年) 7,900 4,273.2 1,564,000 1,575,000
2016年(平成28年) 9,698 5,424.7 1,980,000 2,013,000

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
R 山陽本線・B 可部線(可部線は横川駅まで山陽本線)
快速「シティライナー」(土休日のみ運転)
通過
快速「通勤ライナー」(平日朝上りのみ運転)・普通(呉線内で快速となる列車を含む)
広島駅 - 新白島駅 - 横川駅
広島高速交通
広島新交通1号線(アストラムライン)
城北駅 - 新白島駅 - 白島駅

参考文献[編集]

広島市
国土交通省
JR西日本

脚注[編集]

[ヘルプ]

補足[編集]

  1. ^ 写真左下側の通路は既存通路を活用[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 大西岳彦(2015年3月15日). “新白島駅:開業 JR山陽線とアストラムラインを連結−−中区”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ a b c d e f g h 杢田光(2015年3月15日). “新白島駅が開業 JRとアストラムライン結ぶ”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  3. ^ a b c 加藤小夜(2014年12月20日). “新白島駅:開業、来年3月14日 連絡通路、15年夏に”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  4. ^ a b 植田憲尚(2014年10月11日). “新白島駅:新駅名称発表 JR山陽線とアストラム、連絡通路でつながる 来春、同時開業へ”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  5. ^ a b c d JR西日本 2012.
  6. ^ a b c d e f 広島市公式 2012.
  7. ^ a b c “JR山陽線およびアストラムライン 新駅名称などについて” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年10月10日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/10/page_6285.html 
  8. ^ a b c “JR山陽線及びアストラムライン 新駅名称等について” (プレスリリース), 広島高速交通, (2014年10月10日), http://astramline.co.jp/news2014_10.10.html 
  9. ^ “広島市に新白島駅開業”. NHK NEWS WEB. (2015年3月14日). オリジナル2015年3月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150316130639/http://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20150314/4909031.html 2015年3月14日閲覧。 
  10. ^ “交通アクセス不備 構想先行 協調欠ける”. 中国新聞. (2001年10月12日). オリジナル2003年2月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030219122329/http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/hiroshima/reason/011012.html 2012年8月16日閲覧。 
    “地域 元気に 広島都市圏『活力を失った5つの理由』”. 中国新聞. (2001年10月9日). オリジナル2003年1月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030121024200/http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/hiroshima/reason/ 2012年8月16日閲覧。 
  11. ^ 「広報ひろしま市民と市政」平成21年5月15日号。
  12. ^ “JR山陽線と広島アストラムラインが接続新駅 3年後完成へ”. 産経新聞. (2010年2月8日). オリジナル2010年5月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100528191015/http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100208/biz1002081455012-n1.htm 2012年8月16日閲覧。 
  13. ^ a b c 中国運輸局 2012.
  14. ^ a b c “平成27年春ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年12月19日), http://www.westjr.co.jp/press/article/items/141219_00_hiroshima.pdf 
  15. ^ a b アストラム新白島駅も3月14日”. 中国新聞 (2014年12月20日). 2014年12月23日閲覧。
  16. ^ 中国新聞 (2010年4月26日). “白島新駅概要を住民に説明”. 47NEWS. 2012年8月18日閲覧。または中国新聞 2010年4月27日紙面
  17. ^ 白島新駅設計者選定競技選考委員会について”. 広島市 (2010年6月18日). 2012年8月18日閲覧。
  18. ^ 広島市設計競技 2012.
  19. ^ 中国新聞 (2012年2月18日). “白島新駅、連絡路を簡素化へ”. 47NEWS. 2012年8月18日閲覧。
  20. ^ はくしま新駅ニュース1.
  21. ^ a b c 住民説明会配布資料.
  22. ^ “山陽線結節点の新駅を着工”. 中国新聞. (2013年1月9日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201301090023.html 2013年1月9日閲覧。 
  23. ^ a b c 広島市整備方針 2010, p. 5.
  24. ^ 広島市整備方針 2010, p. 別紙 全体一般図.
  25. ^ 駐輪場のご案内”. 広島市. 2015年3月15日閲覧。
  26. ^ 新白島駅連絡線連絡通路上屋新設工事に伴うアストラムライン軌道への資材の落下について”. 広島市. 2015年11月20日閲覧。
  27. ^ a b c 広島市整備方針 2010, p. 9.
  28. ^ 広島市整備方針 2010, p. 18.
  29. ^ “近畿エリア・広島エリアに「路線記号」を導入します” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道株式会社, (2014年10月12日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/08/page_5993.html 
  30. ^ “平成28年春のダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年12月18日), https://www.westjr.co.jp/press/article/items/151218_06_hiroshima.pdf 
  31. ^ 白島新駅詳細設計者選定競技(参加表明書等)質疑応答集 (PDF)”. 広島市 (2010年7月30日). 2012年8月16日閲覧。
  32. ^ “路線バス 「新白島駅」バス停を新設!” (プレスリリース), 広島交通, (2015年3月2日), http://www.hiroko-group.co.jp/kotsu/new_hakushima.html 2015年3月6日閲覧。 
  33. ^ 【バス】広電バス10号線、12号線、矢野・熊野、五日市、廿日市地区のダイヤ改正について”. 広島電鉄 (2015年3月5日). 2013年4月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月9日閲覧。
  34. ^ “路線バス 3月14日ダイヤ改正について” (プレスリリース), 中国ジェイアールバス, (2015年3月5日), http://www.chugoku-jrbus.co.jp/news/post_62.html 2015年3月9日閲覧。 
  35. ^ “高速乗合バス「新白島駅」バス停を新設!” (プレスリリース), 広島交通, (2015年3月2日), http://www.hiroko-group.co.jp/kotsu/kousoku/new_hakushima.html 2015年3月6日閲覧。 
  36. ^ “【バス】広島~三井アウトレットパーク倉敷線の運行継続について” (プレスリリース), 広島電鉄, (2015年3月3日), オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130424011612/http://hiroden.co.jp/what/new/topic.htm#150303_kurashiki 2015年3月10日閲覧。 
  37. ^ 広島県バス協会 路線バス”. 広島県バス協会. 2018年6月10日閲覧。
  38. ^ 広島交通 路線番号一覧表”. 広島交通. 2018年6月10日閲覧。
  39. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]