広島交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広島交通株式会社
Hiroshima Kotsu Co.,Ltd.
Hiroko group headquarters.JPG
本社を置く広交本社
種類 株式会社
略称 広交、ひろこう
本社所在地 日本の旗 日本
733-8513
広島県広島市西区三篠町三丁目14番17号
広交本社ビル
設立 1950年(昭和25年)10月20日(山佐バス)
業種 陸運業
法人番号 7240001009175
事業内容 乗合バス事業、不動産事業
代表者 代表取締役社長 前泰弘
資本金 1億円(2012年3月現在)
売上高 29億2,401万円(2012年3月期)
従業員数 259人(2012年3月末現在)
決算期 毎年3月
主要株主 広交本社(19.3%),広交タクシー(11.4%)他
外部リンク http://www.hiroko-group.co.jp/kotsu/
テンプレートを表示

広島交通株式会社(ひろしまこうつう)は、通称広交(ひろこう)と呼ばれる広島市を中心とした路線を運行するバス会社である。本社は広島県広島市西区三篠町3丁目14番17号。

高速バスは広島県内への路線のみを担当し、広島県外への路線は広交観光が担当している。また、かつては関連会社の広交タクシーが、広島市西区の西広島駅と己斐中・東地区を結ぶ団地バスを運行していた。

歴史[編集]

各営業所(車庫)の所在地および詳細[編集]

営業所 営業所番号 所在地 管轄路線
勝木営業所 (1) 広島県広島市安佐北区亀山9丁目12番30号 勝木・勝木台・ふじビレッジ・飯室・星が丘・大畑・宇津可部
大林営業所 (2) 広島県広島市安佐北区大林3丁目21番13号 大林・桐陽台・深川・南原・南原研修センター・桐原・ひやま
緑井営業所 (3) 広島県広島市安佐南区緑井6丁目24番25号 広島文化学園・祇園が丘・広島経済大学・西山本・春日野・山本東亜ハイツ

安佐大橋・毘沙門台・サンハイツ・弘億団地・上原

高陽営業所 (5) 広島県広島市安佐北区倉掛3丁目1番1号 高陽A団地・高陽C団地・矢口が丘・高陽台・深川台・高陽団地循環線
広島営業所 なし 広島県広島市南区大須賀町17番17号 (折り返し車両の待機場としての機能を持つ)
  • 勝木・大林・緑井・高陽の各営業所には、それぞれ「1」「2」「3」「5」の営業所番号が与えられている。路線バスの車体側面上と車内運転台左に表記されている車番で使用されている番号である。ハイフン上3桁は通し番号の車番。ハイフン下2桁の1桁目は西暦の末尾1桁で2桁目が営業所番号である(例:「777-23」→車番=777、年式=2002年、所属営業所=緑井)。因みに「4」はかつて安佐南区の平和台に存在していた安営業所(現在は閉鎖の後、所管路線もエンゼルキャブへ移管)の番号であったが欠番となっている。
  • 車両の停泊場所は全車両各営業所に併設される車庫とは限らず、一部の車両は春日野・毘沙門台・弘億団地・桐陽台・星が丘でそれぞれ夜間停泊する。また、給油の事情から1日スタフ(社内では「スターフ」)中で最低1度は各自所属している営業所若しくは間合い運用時の近辺の営業所へ入庫して給油や点呼等を行う。
  • 車両の定期点検や整備は緑井営業所に隣接している新生サービスセンター(広交グループの車両整備工場)で行われる。

主なターミナル[編集]

路線[編集]

運行するバスの例

高速バス[編集]

詳細な運行案内は各路線の記事並びに#外部リンクの広島交通サイトを参照。(運行営業所:高陽営業所)

一般路線バス[編集]

詳細な運行案内は#外部リンクの広島交通サイトを参照。

  • 広島電鉄と共通定期券の発行を行っており、一部のバス(広島駅・広島バスセンターから国道54号線を経由するバスの大半)で利用可能。
  • (停留所名)は一部の便のみ停車。<停留所名/停留所名>はどちらかを経由。
  • 広島駅発着・広島バスセンター経由便は合同庁舎前を経由。広島バスセンター発着系統。広島駅発着系統の大半は十日市・紙屋町・八丁堀を経由。
勝木線
運行営業所:勝木営業所
広島駅 - 広島バスセンター - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 中緑井 - 七軒茶屋 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 虹山団地下 - <瑞眺苑口/上勝木>
  • 平日朝の通勤時間帯に上勝木→広島バスセンター→広島駅前の急行便が4本、平日夕方の通勤時間帯に広島バスセンター→上勝木の急行便が3本運行される。
広島駅 - 広島バスセンター - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 中緑井 - 七軒茶屋 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 虹山団地下 - 上勝木 (- <勝木台上/大畑>)
広島駅 - 広島バスセンター - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 中緑井 - 七軒茶屋 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 上大毛寺 - 上勝木 - (ふじビレッジ) - 飯室 - 安佐営業所 (- 森城団地中央 - 星が丘 - 譲羽団地入口)
広島駅 - 紙屋町 - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 中緑井 - 七軒茶屋 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 虹山団地下 - 上勝木 - 勝木台上(上りのみ運行)
広島駅 - 紙屋町 - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 中緑井 - 七軒茶屋 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 虹山団地下 - 上勝木 (- 飯室 - 安佐営業所)
宇津・可部線(西日本旅客鉄道可部線廃止代替バス)
運行営業所:勝木営業所
上原 - 安佐市民病院 - 可部駅前 - 河戸 - 柳瀬中央 - 今井田 - 共栄橋北 - 毛木会館前 - 宇津 - 安佐営業所(平日のみ運行)
可部駅 - 河戸 - 柳瀬中央 - 今井田 - 共栄橋北 - 毛木会館前 - 宇津 - 安佐営業所
南原(なばら)線
運行営業所:勝木営業所大林営業所
広島駅 - 広島バスセンター - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 佐東出張所口(佐東バイパス経由) - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 南原ダム口 - 九品寺上 - (南原研修センター)訓練場前
広島駅 - 広島バスセンター - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 中緑井 - 七軒茶屋 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 南原ダム口 - 九品寺上 - 公会堂前 - 南原
可部駅前 - 可部上市 - 南原ダム口 - 九品寺上 - 公会堂前(月~金曜日のみ運行)
桐陽台(とうようだい)・大林線
運行営業所:勝木営業所大林営業所,緑井営業所
広島駅 - <広島バスセンター/紙屋町> - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 中緑井 - 七軒茶屋 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 町屋記念碑前 - 安佐北高校前 - 桐陽台駐車場
  • 平日朝の通勤時間帯に桐陽台駐車場→広島バスセンター→広島駅前の急行便が2本、平日夕方の通勤時間帯に広島バスセンター→桐陽台駐車場の急行便が3本運行される。
  • 桐陽台~可部駅前間の折り返し便が登校学童要因として数本運行されている。
広島駅 - <広島バスセンター/紙屋町> - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 中緑井 - 七軒茶屋 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 町屋記念碑前 - <大林車庫/下浜が谷>
可部・深川(ふかわ)線
運行営業所:大林営業所,高陽営業所
広島バスセンター - <基町/広島駅> - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - 下岩の上 - 諸木 - <諸木峠/地区センター - 高陽車庫> - 中深川 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 町屋記念碑前 - 安佐北高校前 - 桐陽台駐車場
広島バスセンター - <基町/広島駅> - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - 下岩の上 - 諸木 - <諸木峠/地区センター - 高陽車庫> - 中深川 - 広島文教女子大前 - 可部駅前 - 可部上市 - 町屋記念碑前 - 大林車庫
桐陽台駐車場 - 町屋記念碑前 - 可部上市 - 可部駅前 - 広島文教女子大前 - 中深川 - 高陽車庫 - 養護学校前 - 高陽東高校前 - 近隣センター - 地区センター - 高陽車庫(朝のみ運行)
大林車庫 - 町屋記念碑前 - 可部上市 - 可部駅前 - 広島文教女子大前 - 中深川 - 高陽車庫 - 養護学校前 - 高陽東高校前 - 近隣センター - 地区センター - 高陽車庫(土曜の朝の上りのみ運行)
ひやま線
運行営業所:大林営業所
大林車庫 - 登尾口 - 草田 - 白木分れ - 市川桧山
桐陽台 - 安佐北高校前 - 町屋 - 洞庭 - 登尾口 - 草田 - 白木分れ - 市川桧山
  • 登尾口から市川桧山の間にかけてはフリー乗降が可能。
桐原(とげ)線
運行営業所:大林営業所
桐原 - 可部上市 - 可部駅前 - 広島文教女子大前 - 安佐市民病院 - 武田学園前 - 上原
  • 一部、桐原~可部駅前間のみでの運行する便が存在する。
上原(うえばら)線
運行営業所:緑井営業所
広島バスセンター - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 佐東出張所口(佐東バイパス経由) - 別所団地 - 安佐市民病院 - 武田学園前 - 上原
毘沙門台(びしゃもんだい)・サンハイツ線
運行営業所:緑井営業所,高陽営業所
広島駅 - 広島バスセンター - 横川駅前 - 祇園出張所前 - 下古市 - (古市小学校前) - (大町駅) - 安佐中学校前 - 毘沙門台上 - 安古市高校北口 - (毘沙門天) - 毘沙門台 - <毘沙門台駐車場/サンハイツ下>
(七軒茶屋 -)中緑井 - 安佐中学校前 - 毘沙門台上 - 安古市高校北口 - 毘沙門台 - 毘沙門台駐車場
高陽車庫 - 養護学校前 - 高陽東高校前 - 地区センター - 近隣センター - 玖村駅前 - 高瀬大橋北 - 七軒茶屋 - 中緑井 - 安佐中学校前 - 毘沙門台上 - 安古市高校北口 - 毘沙門台 - <毘沙門台駐車場/弘億駐車場>(休日運休)
弘億(ひろおく)線
運行営業所:緑井営業所
中緑井 - 安佐中学校前 - 安東駅 - 弘億団地 - 弘億駐車場 - 中央ゴルフ場 - 中央19th (- 中央ゴルフ場 - 筒瀬小学校前 - 柳瀬)
大町駅 - 安佐中学校前 - 安東駅 - 弘億団地 - 弘億駐車場 - 中央ゴルフ場 - 中央19th
  • 筒瀬線の柳瀬から筒瀬小学校の間にかけてはフリー降車が可能。
  • 広島駅からの弘億方面直通運行は、2007年3月10日のダイヤ改正で廃止されている。
川内線
運行営業所:緑井営業所,高陽営業所
広島駅 - 八丁堀 - 紙屋町 - 横川駅前 - 新庄橋 - 安芸山本 - 下祇園 - 古市橋駅前 - 下古市 - 上古市 - 安佐大橋 - 矢口駅
広島駅 - 八丁堀 - 紙屋町 - 横川駅前 - 大宮 - 祇園出張所前 - 下古市 - 古市小学校前 - 安佐大橋 - 矢口駅前(平日・土曜日朝の上りのみ運行)
春日野・山本・広島経済大学線
運行営業所:緑井営業所,勝木営業所,大林営業所,高陽営業所(勝木、大林、高陽各営業所においては春日野線のみ乗り入れ)
広島駅 - 八丁堀 - <立町> - 紙屋町 - <本川町> - 横川駅前 - 安芸山本 - 山本小学校前 - 西山本(下りのみ停車) - 東山本 - 東山本上(上りのみ停車) - 山本七丁目 - 春日野
  • 勝木・高陽営業所は平日と土日祝ともに、大林営業所については平日のみ乗り入れている。
西山本 - 東山本 - 山本小学校前 - 安芸山本 - 横川駅前 - <本川町> - 紙屋町 - <立町> - 八丁堀 - 広島駅(西山本始発広島駅行きで運行する片道路線。日祝ダイヤ1本のみ現存)
広島駅 - 八丁堀 - <立町> - 紙屋町 - <本川町> - 横川駅前 - 安芸山本 - 山本小学校前 - 山本四丁目 - 山本東亜ハイツ
広島駅 - 八丁堀 - <立町> - 紙屋町 - <本川町> - 横川駅前 - 安芸山本 - 山本小学校前 - 南下安 - 経済大学正門前(平日のみ運行)
平原(ひらばら)線
運行営業所:緑井営業所
広島駅 - 八丁堀 - 紙屋町 - 横川駅前 - 新庄橋 - 新庄町 - 平原会館前 - 広島文化学園広島文化学園短期大学)(- 祇園が丘)
高陽団地循環線
運行営業所:高陽営業所
高陽車庫 - 養護学校前 - 高陽東高校前 - 地区センター - 中山公園前 - 新玖村橋 - 玖村駅前 - 近隣センター - 下深川駅前 - 地区センター - 高陽東高校前 - 養護学校前 - 高陽車庫(右回りのみ)
深川(ふかわ)線(高陽A団地,C団地,高陽台系統)
運行営業所:緑井営業所,高陽営業所
広島駅 - 広島バスセンター - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - (矢口が丘上) - 下岩の上 - 高陽台
広島駅 - 広島バスセンター - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - (矢口が丘上) - 下岩の上 - 諸木 - <諸木峠/地区センター> - 高陽車庫
  • 平日朝の通勤時間帯に高陽車庫→地区センター→広島バスセンター→広島駅前の急行便が4本、平日夕方の通勤時間帯に広島バスセンター→地区センター→高陽車庫の急行便が1本運行される。
広島駅 - 広島バスセンター - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - (矢口が丘上) - 下岩の上 - 諸木 - <諸木峠/地区センター - 高陽車庫> - 中深川 - 高陽中学校前 - 深川台
広島駅 - 広島バスセンター - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - 下岩の上 - 諸木 - 高陽東高校前 - 養護学校前 - 高陽車庫( - 中深川 - 深川台)
  • 平日朝の通勤時間帯に高陽車庫→高陽東高校前→広島バスセンター→広島駅前の急行便が2本運行される。
広島バスセンター - 広島駅 - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - (矢口が丘上) - 下岩の上 - 高陽台
広島バスセンター - 広島駅 - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - (矢口が丘上) - 下岩の上 - 諸木 - 諸木峠 - 高陽車庫
広島バスセンター - 広島駅 - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - 下岩の上 - 諸木 - <諸木峠/地区センター - 高陽車庫> - 中深川 - 高陽中学校前 - 深川台
広島バスセンター - 広島駅 - 牛田新町一丁目 - 不動院 - 中小田 - 上小田 - 下岩の上 - 諸木 - 高陽東高校前 - 養護学校前 - 高陽車庫

特定輸送路線[編集]

広島経済大学スクールバス
運行営業所:緑井営業所
下祇園駅 - 広島経済大学
大町駅 - 興動館 - 広島経済大学
  • かつてはイオンモール広島祇園駐車場周辺にスクールバス用のバス停が設置されていた時期があったが、諸事情により廃止された。

弘億フィーダーと広島市街方面の乗り継ぎ[編集]

  • 弘億フィーダーについては、PASPYで広島市街方面のバスに乗り換えることで、従来の直通運賃が適用される。
  • 対象となるのは、弘億フィーダーから市街方面行き、市街始発のバスから弘億フィーダーに乗り換えた場合。
  • 広島交通のほか、共通表示のついた広電バスも対象となる。
  • 通常乗車券・回数券・現金の場合は対象外となる。

車両[編集]

富士重工車体の車両
  • 関連会社に日産販売店(広島日産自動車福山日産自動車)を抱えるため、日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)の車両が多い。
  • 車体は多くが西日本車体工業製(以下、西工製)で、日産ディーゼルの標準車体になる以前から西工製の車体で導入していた。一方、1989年から1995年にわたって富士重工車体の車輌も導入しており、近年導入している中古車も富士重工車体が多い。
  • 三菱ふそうも導入しており、車体は狭隘路線用の小型ワンステップバス2台と、2012年以降に導入された大型ワンステップバスの自社発注車は純正、それ以外は西工製である。
  • 広島交通のヘビーユーザーでもあった西日本車体工業が解散、ならびにUDトラックス(以前の日産ディーゼル)のバス部門からの完全撤退に伴い、2012年に広交としては初となるいすゞ製のいすゞ・エルガの新車が導入された。その後、2013年に入り前述の広島経済大学スクールバス用としていすゞ・エルガミオも導入されている。
  • 特例の車両の除き、それぞれの運転士に車両担当を設ける担当車制を採用しているのも特徴。そのため車両の持ちが良く、古参車でも車内外ともに綺麗に保たれている車両が多い。
  • 2006年までは基本的に全車が自社発注の新車で揃えられていたが、2007年からは新車に替わり(2011年については新車投入がなかった)大手事業者からの中古車両の購入が増えている。
    • メーカーは2007年の初購入以来、全て日産ディーゼルの富士重工7E装架の車両で統一されてきたが、こちらも車種の幅が広がっている。

車両の特徴[編集]

  • 車体はベージュ、窓周りは黒~茶系をベースにオレンジのラインといった塗装を纏う。このカラーリングは30年ほど基本的なスタイルとして続いているが、1987年購入の車両より現在の車両前面に車両メーカーエンブレムの代わりにセンター部分にエンブレム形の社章、側面には前部にローマ字で「HIROKO」、後部にひらがなで「ひろこう」、リア部のオレンジライン上部に車名のフルネーム「広島交通」若しくは略名「広交」の文字が入れられたものとなっている(在来車についても順次に塗り替えられている)。しかし近年導入した中古車や新車、また車両整備によって化粧直しを行った車両では車両前部の社章がエンブレム式からステッカー式に変更されている。
  • 中~長距離路線が多いことから純正車両については車両仕様のグレードが高いのが大きな特徴で、オリジナルのハイバックシートに、座席配置は床段上げ式、さらに1992年式までについてはサブエンジン式冷房が採用されている(1995年式以降はエンジン直結式冷房へ変更、中古車についても全車両が直結式である)。サスペンションについても一部の中古車と1993年購入の中型車を除き、エアサスペンション(空気バネ)である。
    • 中古車両については、方向幕のLED化と塗装変更、液晶式運賃表への交換のほか、床面張替や一部では座席を広交オリジナル仕様に交換するなど手直しが施されてから運用入りしている。サスペンションについては一部を除きリーフ式サスペンションを用いるため若干乗り心地は劣る。
  • 導入する車両のホイールベースは特例を除き一般的に1999年購入車まで長尺、以降標準尺となっている。しかし緑井営業所については管轄する路線に狭隘地点を走行する路線があるため、大型短尺車のみに設定して運行する路線を設けられ、同営業所向けには大型短尺車も購入されている。近年中古車両で大型短尺車が購入されている例もあるが、これは短尺設定路線とは関連ない営業所へも配置されている。また、1999年以前についても特例として、過去存在した三段峡線用の長距離仕様車が標準尺として導入されている。
  • 交通バリアフリー法に対応した車両は遅れながら2002年に初めて8台が導入され緑井営業所に配置、毘沙門台系統を主に運行を開始した。その後高陽営業所へも順次導入され、2012年に新車が勝木・大林両営業所へ配属されたことにより、全営業所にバリアフリー対応車が在籍することとなった。しかし、それらはいずれもワンステップ車両であり、中古車両では従来のツーステップバスも導入を継続している。
    • 2013年に中古で三菱ふそう・エアロスターノンステップ車2台を購入、これが広交で初めてのノンステップバスとなった。また、近年導入されたいすゞ・エルガのモデルチェンジでワンステップ車の設定が廃止されたことから、新車でもノンステップ車両が導入されている。

関連会社[編集]

外部リンク[編集]