東備バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東備バス株式会社
Tobi Bus Co.,Ltd.
両備グループ共通社章
両備グループ共通社章
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
701-4302
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3911番地の37
設立 2001年(平成13年)4月2日
業種 陸運業
法人番号 9260001021754 ウィキデータを編集
事業内容 乗合バス事業、貸切バス事業、タクシー事業、旅行斡旋業
代表者 代表取締役会長 小嶋光信
代表取締役社長 佐藤輝彦
資本金 1,000万円
純利益 ▲546万5000円
(2022年03月31日時点)[1]
総資産 2823万2000円
(2022年03月31日時点)[1]
従業員数 23人
主要株主 両備ホールディングス 70%
岡山両備タクシー 30%
外部リンク https://ryobi.gr.jp/tobi/
テンプレートを表示

東備バスとうびバスTobi Bus Co.,Ltd.)は、両備ホールディングス(両備バス)の分社子会社で、乗合バス(岡山市東区西大寺地区瀬戸内市にバス路線を持つ)・貸切バス・タクシーの各事業を行う事業者である。社団法人日本バス協会の会員にはなっていない。

2001年4月1日に両備バス・シビルバスカンパニー(現在の両備ホールディングス・両備バスカンパニー)西大寺営業所担当路線のうち、西大寺バスセンターから西大寺地区東部(神崎・久々井・宝伝・宿毛)、邑久町牛窓町(現在の瀬戸内市)方面と邑久町・牛窓町の各町内のバス路線の運行委託を受けて運行を開始した。

2009年10月1日には、同じ両備グループの牛窓タクシーを吸収合併してタクシー事業を開始するとともに、社内カンパニー制(バスカンパニーとタクシーカンパニーの2部門)を導入した。

岡山三菱ふそう自動車販売を系列に持つことから、バスはすべて三菱ふそう製である。

岡山県共通バスカードが利用可能だったが、2008年10月1日の同カード廃止に伴い、取扱終了となった。 非接触式ICカードシステムHarecaが使用できる。

バスカンパニー[編集]

車庫所在地[編集]

  • バスカンパニー車庫
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3911番地の37
  • バスカンパニー瀬溝車庫(虫明・長島愛生園線用・2022年4月に瀬戸内市営バスに移管されたがそのまま使用)
岡山県瀬戸内市邑久町虫明

主なターミナル[編集]

路線バス[編集]

牛窓(神崎・南回り)西大寺線
西脇線
  • 牛窓〜紺浦(牛窓支所前)〜鹿忍〜西脇〜子父雁入口 (瀬戸内市立牛窓西小学校登校日のみ運行)

その他、瀬戸内市営バスのうち4路線(牛窓 - 邑久駅線、西脇 - 邑久駅線、虫明・長島愛生園線、牛窓中央線)を受託運行している。

過去にあった路線[編集]

廃止路線・系統は非常に多数有り、ここでは近年廃止されたものや主なものに限り掲載する。

瀬戸内市営バスへ移管された系統[編集]

瀬戸内市営バスへ移管された系統は、そのまま運行は受託しているが料金体系などが異なるためにICカードのHarecaの他全国相互利用サービス対応のICカード(10カード)は利用できないが、専用回数券が販売されている。

上山田線
玉津線
  • 瀬戸内市民病院〜千町~山田入口・夢二生家前〜石仏~大土井〜岩花〜尻海入口~尻海
虫明・長島愛生園線
牛窓(尾張・北回り)西大寺線
  • 西大寺バスセンター〜旭川荘吉井川キャンパス前〜健幸プラザ前〜大富〜邑久駅〜尾張〜瀬戸内市民病院入口〜夢二生家記念館前〜小津〜紺浦(牛窓支所前)〜牛窓
    • 2022年9月をもって西大寺バスセンター〜大富間は廃止、大富〜邑久駅間は市営(既存の大富 - 邑久駅線(南)、大富 - 邑久駅線(北)。ツルヤタクシーが受託)、邑久駅〜牛窓間は市営(牛窓中央線)に移管された。
廃止された系統[編集]
宝伝・久々井線
  • 西大寺バスセンター〜西大寺駅〜旭川荘吉井川キャンパス前〜神崎〜ほんぶしん南〜水門掛座〜久々井〜西宝伝〜東宝伝
西宝伝で1往復を除いて犬島渡船(朝日魚港〜犬島港間)に連絡(犬島アートプロジェクト開催日は全便接続)。
東区役所線
  • 西大寺バスセンター〜(ノンストップ)〜東区役所前 (平日のみ運行)
    • 宝伝線が廃止される2022年3月をもって両備バスの運行へ変わった。


タクシーカンパニー[編集]

車庫所在地[編集]

  • タクシーカンパニー車庫
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3911番地の54

関連会社[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]