国鉄713系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:登場時及び九州標準色時代の画像提供をお願いします。2015年8月
国鉄713系電車
「サンシャイン」化改造後の713系
「サンシャイン」化改造後の713系
基本情報
運用者 日本国有鉄道
九州旅客鉄道
製造所 東急車輛製造日立製作所
製造年 1983年
製造数 8両(2両編成4本)
主要諸元
編成 2両編成(1M1T)
軌間 1,067 mm (狭軌
電気方式 交流20,000V 60Hz
架空電車線方式
最高運転速度 100 km/h
設計最高速度 100 km/h
主電動機 直流整流子電動機
MT61形
主電動機出力 150 kW (750V・1時間定格)
歯車比 6.07
制御方式 サイリスタ位相制御
保安装置 ATS-SK
ATS-DK
EB装置
防護無線
テンプレートを表示

713系電車(713けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した交流近郊形電車

交流電化された地方幹線における普通列車の電車化の促進のために1983年昭和58年)に3系列目の交流電車として製造された車両である。

概要[編集]

電化路線であった長崎本線での機関車牽引普通列車を1984年2月1日ダイヤ改正で電車化する際に製造された九州初の交流専用電車である[1]。電車化には基本的に581・583系の余剰車両を近郊形に改造した715系を投入するだけでは不足するため試作車(900番台)として4編成8両が東急車輛製造日立製作所にて新製され[1]、南福岡電車区(現・南福岡車両区)に配置された[2]

しかし、国鉄の財政悪化により車両製造コストが強く抑えられるようになり、余剰化した急行形電車の車体載せ替え(717系)および近郊形化改造により必要両数を投入する方針に転換。このため本系列は結果的に試作車編成が製造されたのみで量産はされなかったが、採用された技術はJR移行後に登場した783系811系787系阿武隈急行8100系などに活かされた。

構造[編集]

当初からローカル輸送用として設計されたため輸送需要を考慮して制御電動車クモハ713形と制御付随車クハ712形がユニットを組むMT比1M1Tとしたが、711系に準じ1M2Tでの運用も可能な設計である。

車体・車内[編集]

車体は当初の計画ではステンレス車体であったが[3]417系を踏襲した鋼製で両開き扉を片側2か所に配置。塗装もクリーム色1号緑色14号帯の新塗装を採用した。

座席はセミクロスシートとした。車内カラースキームは同時期の201系などに沿った暖色系で、クロスシート座席の枠はこげ茶色である。

冷房装置は本系列用に開発されたAU710形集中式冷房装置を搭載する。

主要機器[編集]

制御方式はサイリスタ位相制御であるが、711系とは異なり界磁はサイリスタ位相制御による他励界磁としている[4]。国鉄電車としては初の交流回生ブレーキを採用した。九州島内専用のため周波数は60Hzのみの対応であるが、電源周波数を変更することで50Hzにも対応できるようになっている[5]

主電動機はMT61形[6]を初搭載。端子電圧を500Vに引き上げることで、1時間定格出力を150kWとしている。歯車比は6.07と大きく取ったため最高速度は100km/hとされた。

台車は当初空気バネで計画されたが[3]、床下機器の搭載スペースが増大したためコイルバネ台車とし、クモハ713形は片押し制輪子装備のDT21D形、クハ712形はディスクブレーキ装備のTR62形を装着する。

717系・475系・457系との併結運用を当初は考慮しておらず、制御回路用引き通しはKE96形ジャンパ連結器を搭載した。しかし4編成8両という小数ゆえに故障時を考慮しブレーキシステム読換装置が搭載され、1997年に475系との連結テストを実施した[7]

JR発足後の動きと現況[編集]

リクライニングシート交換後の車内

国鉄分割民営化時には九州旅客鉄道(JR九州)に承継。1986年(昭和61年)から1987年(昭和62年)にかけて白地に青帯の「九州色」に変更され[1]、引き続き長崎本線・佐世保線で運用された。813系の増備、1996年(平成8年)の宮崎空港線開業により、同線のシャトル列車へ転用が決定し、同年3月16日ダイヤ改正で全車が鹿児島運転所(現・鹿児島車両センター)に転属した[1]。編成番号はLK901 - 904となった。

同年7月18日宮崎空港線開業までに全車とも「サンシャイン」の愛称名が付けられ外部塗装を赤基調の塗色に変更[1]。出入口間の座席を485系廃車発生品の回転リクライニングシートに取替える改造が施工された[1]。座席背面に設置されていたテーブルも存置されているほか、ロングシート部分をバケットタイプとし、一人分ずつ独立したヘッドレストを設置し、ロングシートでの長時間移動においても居住性の向上が図られた。また、車椅子スペースや大型の荷物置き場も新設されている[8]

2003年には車内収受式ワンマン運転対応化改造も施工され[8]ドアチャイムも設置された。

2008年から2010年にかけて主制御機器の換装を伴う更新工事が鹿児島総合車両所で施工され、改造後は0番台に改番された。

2008年にLK904編成の主制御機器の換装を伴う改造が鹿児島総合車両所で施工され、改造後は0番台に改番され、編成番号もLK4に変更された。2009年にはLk903編成に[9]、2010年には残る2編成にも施工され900番台は消滅した。その後2014年までに全編成がシングルアーム式に交換[2]、ATSがATS-DK形に更新された。[10]

2015年現在、日豊本線延岡 - 西都城間)・宮崎空港線で運用される[11]

車歴[編集]

落成時
車両番号
製造会社 落成日 鹿児島転属 0番台改造 現車両番号 編成
番号
その他
主な改造
クモハ713-901
クハ712-901
東急車輛製造 1983.07.27 1996.03.16 2010.09.30 クモハ713-1
クハ712-1
LK1 座席モケット模様変更
クモハ713-902
クハ712-902
2010.03.31 クモハ713-2
クハ712-2
LK2  
クモハ713-903
クハ712-903
日立製作所 1983.07.29 2009.03.28 クモハ713-3
クハ712-3
LK3  
クモハ713-904
クハ712-904
2008.12.28 クモハ713-4
クハ712-4
LK4 車外スピーカー赤色

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 鉄道ダイヤ情報, p. 18.
  2. ^ a b 「811系」、『普通列車年鑑 2015-2016』、イカロス出版、2015年8月、 102頁、 ISBN 978-4-8022-0030-1
  3. ^ a b 日本交通公社『国鉄車両一覧』p.127
  4. ^ 佐藤洋「日本国有鉄道回生ブレーキ付713系近郊形交流電車用RS48形主制御整流装置 (PDF) 」 、『富士時報』第57巻第3号、富士電機、1984年、 222-226頁。
  5. ^ 日本交通公社『国鉄車両一覧』p.126
  6. ^ 後に通常の直巻整流子電動機として205系電車211系電車にも採用された。
  7. ^ 475系との連結には、KE96 - KE76形3基の特殊ジャンパ栓を使用。
  8. ^ a b 鉄道ダイヤ情報, p. 19.
  9. ^ 713系0番台,2編成目が登場 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 2009年4月29日
  10. ^ JR電車編成表 2016夏 - 交通新聞社
  11. ^ 『普通列車年鑑 2015-2016』、イカロス出版、2015年8月、 147頁、 ISBN 978-4-8022-0030-1

参考文献[編集]

  • 日本交通公社『国鉄車両一覧』p.126 - p.127
  • 『鉄道ダイヤ情報』第346号、交通新聞社、2013年2月。

関連項目[編集]