シーサイドライナー (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シーサイドライナー
DC200-omura.jpg
専用塗色のキハ200系で運行される
シーサイドライナー
概要
種類 快速
現況 運行中
地域 長崎県の旗 長崎県
運行開始 1986年11月1日
運営者 JR logo (kyushu).svg 九州旅客鉄道(JR九州)
旧運営者 松浦鉄道
路線
起点 佐世保駅竹松駅
終点 長崎駅
営業距離 81.4 km (50.6 mi) (佐世保 - 長崎間)
運行間隔 下り14本・上り16本
使用路線 JR九州:佐世保線大村線長崎本線(市布経由)
車内サービス
クラス 普通車
その他 愛称付与は1989年3月11日
技術
車両 キハ66系気動車キハ200系気動車
長崎運輸センター
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 非電化
運行速度 最高110 km/h (68 mph)(キハ200系)
最高95 km/h (59 mph)(キハ66系)
テンプレートを表示
専用塗色のキハ66・67系
キハ220形を増結した3両編成

シーサイドライナーは、九州旅客鉄道(JR九州)が佐世保駅竹松駅 - 長崎駅間を、佐世保線大村線長崎本線経由で運行する快速列車である。

本項では「シーサイドライナー」の派生系統で、1999年 - 2003年に佐世保駅 - 長崎駅間を運行していた特急シーボルト」、および大村線ハウステンボス駅以南で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。

概要[編集]

佐世保駅 - 長崎駅間を運行する快速列車は、1986年11月1日のダイヤ改正で愛称なしの快速列車が1往復設定されたのを発祥とする。国鉄民営化以後のダイヤ改正でこの快速列車はたびたび増発され、1989年3月11日のダイヤ改正で下り(佐世保駅発)10本・上り(長崎駅発)9本に増発された際に「シーサイドライナー」の愛称が与えられた。

長崎県の県庁所在地である長崎市と県北の中心で県内第二の都市である佐世保市を結ぶ都市圏内速達輸送および、佐世保・ハウステンボス・長崎を結ぶ観光客輸送を担っている [要出典]

快速「シーサイドライナー」[編集]

運行概況[編集]

佐世保駅 - 長崎駅間に下り13本・上り15本、竹松駅 - 長崎駅間に1往復が運行されており、上下とも1日の最初の列車が竹松駅発着となる。かつては松浦鉄道西九州線たびら平戸口駅佐々駅まで乗り入れる列車もあったが、現在は松浦鉄道への乗り入れは行っていない。(早岐発着の普通列車は午前中に1往復設定されている)喜々津駅 - 浦上駅間は新線経由である。

列車番号は佐世保駅発は3221Dから、長崎駅発は3222Dから、それぞれ2ずつを加えていく。竹松駅発着列車に関しては3271D、3270Dとしている。「シーサイドライナー」の愛称が与えられた当初は号数の表記もあったが、2005年2月28日をもって廃止された。

所要時間は標準停車駅のみ停車で1時間30分~2時間程度。性能の異なる2種類の車両が使われており、完全な等間隔運転にはなっていない。

停車駅[編集]

佐世保駅 - 日宇駅 - 大塔駅 - 早岐駅 - ハウステンボス駅 - 川棚駅 - 彼杵駅 - 竹松駅 - 大村駅 - 諫早駅 - (西諫早駅) - 喜々津駅 - (市布駅) - (肥前古賀駅) - (現川駅) - 浦上駅 - 長崎駅

  • ( )は一部列車が停車。下記はいずれも2012年3月改正時。
  • 諫早駅 - 長崎駅間で各駅に停車する列車は長崎行が夕方に1本、佐世保行が夕方に1本、夜に2本。

上記のほか

  • 長崎行が朝に1本、竹松・佐世保行が朝に3本夕方に2本西諫早駅に停車。
  • 長崎行が朝と夜に各1本、佐世保行が朝に1本夕方から夜にかけて3本現川駅に停車。

当初、日宇駅・大塔駅は通過していたが、利便性向上や列車待避のため、1999年頃から一部の列車が停車し始め、2017年現在、佐世保駅 - ハウステンボス駅間は種別上快速ではあるが各駅に停車している。一部の列車は長崎行きは諫早駅で、佐世保行きは喜々津駅・諫早駅で特急「かもめ」を待避する。

使用車両[編集]

長崎運輸センター所属のキハ200系気動車またはキハ66・67系気動車を用い、通常は2両編成でワンマン運転を行う。ただし、時間帯や時期、開催イベントによっては、2編成併結による4両編成もしくは1両増結による3両編成で運転する場合がある。

※3両運転はキハ200・220系のみ。通常キハ200+キハ200+キハ220であるが、車両故障・運用の都合などによりキハ200+キハ220+キハ220やキハ220+キハ220+キハ220の編成で運行する時がある。

2017年3月現在、座席指定席は設定されていない(キハ58系で運転されていた時期に多客期に連結されたことはある)。

車両はキハ200系1編成(キハ200-14・1014。ハウステンボス色)、キハ220系1両(キハ220-207。原色。赤)、キハ66・67系3編成(キハ66・67-1、110、12.国鉄急行色2編成、ハウステンボス色1編成)を除き、すべて青色のシーサイドライナー専用塗色(乗客扉は赤色)が施され、「SEA SIDE LINER」のロゴが記されている。なお、これらの車両は同線区を走る普通列車と共通の運用につく。

以前は、何らかの事情でキハ66系の車両が不足した場合に筑豊篠栗鉄道事業部所属のキハ58系(キハ58 716+キハ28 2444)の2両が竹松発着の1往復に限り代走に使用されていたが、同車が廃車されたため使用は終了した。また、キハ200系が不足した場合には、大分鉄道事業部所属の赤いキハ200系(キハ200 11+キハ200 5011 元シーサイドライナー編成)を代走に使用する場合がある。

過去の使用車両

特急「シーボルト」[編集]

キハ183系1000番台「シーボルト」(佐世保駅)

特急「シーボルト」は、1999年3月13日のダイヤ改正時に「シーサイドライナー」のうち2往復を特急に格上げする形で運行を開始した[1]。大村線ハウステンボス駅以南での優等列車の運行は1988年3月に急行「平戸」が廃止されて以来11年ぶりで、特急は初めての設定であった。

だが「シーサイドライナー」と違って「シーボルト」は別途特急券が必要で、短距離の運行で大半の区間が単線であり「シーサイドライナー」に対する速達効果も弱かったことから利用は伸び悩んだ [要出典]。地元の利用者からも「特急料金の不要な快速に戻してほしい」との声が多く聞かれた [要出典]ことから、2003年3月14日のダイヤ改正で「シーボルト」は「シーサイドライナー」に格下げされる形で廃止された。

なお、2000年 - 2001年の年末年始から「シーボルト」自体が廃止されるまで、ハウステンボスのカウントダウンイベント向けの臨時特急「カウントダウンシーボルト」が運行されていた。12月31日に長崎駅→早岐駅間、1月1日にハウステンボス駅→長崎駅間の列車が運行された。

停車駅[編集]

佐世保駅 - 早岐駅 - ハウステンボス駅 - 川棚駅 - 大村駅 - 諫早駅 - 浦上駅 - 長崎駅

  • 川棚駅は2001年3月から停車駅に追加

編成・使用車両[編集]

廃止時点の編成図
シーボルト
← 長崎
佐世保 →
1 2 3 4
Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg
自P 自P
凡例
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席
P=展望席(自由席)
Rauchen Verboten.svg=禁煙

オランダ村特急」「ゆふいんの森」に用いられていたキハ183系1000番台4両編成を改造の上充当した[1]。「オランダ村特急」は佐世保駅発着であったため、キハ183系1000番台にとっては長崎地区に戻ってきた格好で、外装は「オランダ村特急」時代とほぼ同様のトリコロール塗装となった。

普通車のみの編成で、指定席が1両、自由席が3両であった。指定席は当初長崎寄りの先頭車(1号車)であったが、後に佐世保寄りの先頭車(4号車)に変更されている。車端部には展望席が設けられているが、「シーボルト」ではこの席は自由席扱いとされていた。

なお、キハ183系1000番台は1編成しかないため、検査時には「ゆふ」などに用いられる185系気動車の3両編成が代走していた。

特急料金[編集]

「シーボルト」運転開始時に佐世保駅 - 長崎駅間には特定特急料金が導入された。これは、設定当初から佐世保市と長崎市間の都市間輸送だけでは弱いとされたのが主な理由で、自由席特急料金は26km以上の場合、全区間500円に設定された。佐世保駅 - 長崎駅間の自由席特急料金は通常の料金では920円なのでかなり割安となった。

その後、JR九州はホームライナーの格上げや観光目的による短距離の特急列車を数多く設定しており、「シーボルト」のように特定特急料金が設定されることも多い。

大村線優等列車沿革[編集]

JR九州標準色のキハ58系(1991年 佐世保駅)
シーサイドライナー塗装(初期)のキハ65形(1996年 大村駅)
ハウステンボス色のキハ65 61+キハ58 700(1992年 早岐駅)

早岐駅 - ハウステンボス駅間の優等列車はハウステンボス (列車)も参照のこと。

  • 1960年昭和35年)5月1日 - 博多駅 - 長崎駅間を大村線経由で運行する準急列車出島」(でじま)運行開始。
    • 当時運行されていた「ながさき」の補助列車として運行を開始。
  • 1962年(昭和37年)8月1日 - 博多駅 - 佐世保駅間を筑肥線松浦線経由で運行する準急列車として、「九十九島」(くじゅうくしま)運行開始。
  • 1963年(昭和38年)6月1日 - 「九十九島」の運行区間を延長し博多駅 - 長崎駅間を筑肥線・松浦線・大村線経由で運行する準急列車となる。ただし、延長する早岐駅 - 長崎駅間を重複する「出島」は廃止。
    • なお、「出島」はこの後長崎本線直通の準急・急行列車の名称となる。→こちらを参照のこと。
  • 1966年(昭和41年)3月5日 - 準急行制度改変に伴い、「九十九島」を急行列車に格上げ。
  • 1968年(昭和43年)10月1日 - ヨンサントオのダイヤ改正に伴い、「九十九島」の名称を従来関西対佐世保間夜行急行列車の名称であった「平戸」(ひらど)に変更する。
  • 1983年(昭和58年)3月22日 - 福岡市地下鉄1号線開業に伴う筑肥線部分廃止に伴い、「平戸」運行区間を唐津駅 - 長崎駅間に短縮。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - このときのダイヤ改正に伴い、大村線経由の佐世保駅 - 長崎駅間を運行する快速列車が1往復設定される。
    • なお、この快速列車は下り列車は平戸口駅(現在のたびら平戸口駅)始発となっていた。
  • 1988年(昭和63年)
    • 3月13日 - このときのダイヤ改正に伴い、佐世保駅 - 長崎駅間快速列車5往復まで増発。
    • 3月31日 - 翌4月1日付けで松浦線が松浦鉄道に経営が移管されることにより、急行列車「平戸」廃止。この代替として、翌日より佐世保駅 - 長崎駅間に快速列車1往復増発(土休日等に松浦鉄道平戸口駅まで直通運転)。
    「平戸」廃止時の概況としては以下の通りである。
  • 1989年平成元年)3月11日 - 佐世保駅 - 長崎駅間快速列車に「シーサイドライナー」の名称が与えられ、号数表記を採用。設定時は佐世保駅発(下り)10本・長崎駅発(上り)9本。キハ58系(一部キハ65形を含む)で運転。専用塗色への変更が行われる前にはヘッドマークを掲示して運行していた時期があった。
  • 1992年(平成4年)7月15日 - 「シーサイドライナー」の本数を下り13本・上り15本に増便。
  • 1994年(平成6年)3月1日 - キハ200系を「シーサイドライナー」の一部列車に投入。
  • 1999年(平成11年)3月13日 - 「シーサイドライナー」のうち2往復を格上げの形で特急「シーボルト」運行開始[1]
  • 2000年(平成12年)3月11日 - 佐世保駅改築工事に伴い、松浦鉄道乗り入れ休止。
  • 2002年(平成14年)3月23日 - 佐世保駅改築工事竣工に伴い、松浦鉄道乗り入れ再開。
    • 乗り入れ区間は佐々駅までに短縮される(松浦鉄道線内は各駅停車、日祝日は佐世保駅乗り換え)。
    • 同時にキハ58系を筑豊本線篠栗線から転入したキハ66・67系とキハ200系に置き換え、ワンマン運転を開始。
  • 2003年(平成15年)3月15日 - 「シーボルト」廃止[2]。「シーボルト」の運行ダイヤに時間修正を加えた上で再び「シーサイドライナー」が運行される。
  • 2005年(平成17年)3月1日 - 「シーサイドライナー」の号数表記を取りやめる。
  • 2006年(平成18年)3月18日 - 「シーサイドライナー」松浦鉄道乗り入れ休止。また、竹松駅 - 長崎駅間運行の列車名なしの快速1往復を「シーサイドライナー」に編入し、現行の運行本数となる。

列車名の由来[編集]

五十音順による)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「1999.3.13ダイヤ改正の概要」、『鉄道ジャーナル』第33巻第4号、鉄道ジャーナル社1999年4月、 78-79頁。
  2. ^ 「鉄道記録帳2003年3月」、『RAIL FAN』第50巻第6号、鉄道友の会、2003年6月1日、 21頁。

関連項目[編集]