浦ノ崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:「桜の駅」仕様の駅名標の画像提供をお願いします。2015年5月
浦ノ崎駅
ホーム(2008年4月)
ホーム(2008年4月)
うらのさき - Uranosaki
波瀬 (2.0km)
(0.5km) 福島口
所在地 佐賀県伊万里市山代町立岩
所属事業者 松浦鉄道
所属路線 西九州線
キロ程 24.8km(有田起点)
電報略号 ラサ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
53人/日
-2012年-
開業年月日 1930年(昭和5年)10月1日
1988年(昭和63年)4月1日(転換)

浦ノ崎駅(うらのさきえき)は、佐賀県伊万里市山代町立岩にある松浦鉄道西九州線。国鉄時代は伊万里湾に浮かぶ福島へ渡る渡船が発着する浦ノ崎港への最寄り駅であり、急行「平戸」の停車駅であった。

駅構内にの木が多く植えられており、「桜の駅」の愛称で親しまれる。地元住民で結成された「浦ノ崎駅桜保存会」により植樹や樹木の手入れが行われ、桜の開花時期になると鉄道ファン写真愛好家で賑わうほか、当駅を舞台に「桜の駅まつり」が開催される[1][2]

駅構造[編集]

単式1面1線ホーム地上駅である。無人駅で転換時は木造駅舎があったが、現在は駅舎はなく待合室とトイレ、公衆電話がある。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移[3]
年度 1日平均人数
1998 148
1999 122
2000 109
2001 117
2002 102
2003 109
2004 103
2005 86
2006 66
2007 65
2008 57
2009 53
2010 53
2011 53
2012 53

駅周辺[編集]

住宅は多くない。

構内の桜

歴史[編集]

隣の駅[編集]

松浦鉄道
西九州線
波瀬駅 - 浦ノ崎駅 - 福島口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “平成27年度の「さくら功労者」に浦ノ崎駅桜保存会が選ばれました” (プレスリリース), 佐賀県森林整備課, (2015年4月15日), http://www.pref.saga.lg.jp/web/kisha/_87541/_87815.html 2015年5月28日閲覧。 
  2. ^ “浦ノ崎駅保存会、桜の景観守り功労賞 施肥や祭り企画に汗”. 佐賀新聞. (2015年5月17日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/187617 2015年5月28日閲覧。 
  3. ^ 佐賀県統計年鑑
  4. ^ “駅看板を桜のデザインに一新 浦ノ崎駅”. 佐賀新聞. (2013年3月28日). http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.2426358.article.html 2015年5月28日閲覧。 

関連項目[編集]