みずほ (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずほ
「みずほ」に使用されるN700系7000番台(岡山 - 相生間)
「みずほ」に使用されるN700系7000番台
(岡山 - 相生間)
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車新幹線
現況 運行中
地域 大阪府の旗 大阪府兵庫県の旗 兵庫県
岡山県の旗 岡山県広島県の旗 広島県山口県の旗 山口県
福岡県の旗 福岡県佐賀県の旗 佐賀県熊本県の旗 熊本県鹿児島県の旗 鹿児島県
運行開始 2011年3月12日
運営者 JR logo (west).svg 西日本旅客鉄道(JR西日本)
JR logo (kyushu).svg 九州旅客鉄道(JR九州)
路線
起点 新大阪駅
終点 鹿児島中央駅
営業距離 810.5 km(新大阪 - 鹿児島中央間)[注 1]
使用路線 JR西日本:山陽新幹線
JR九州:九州新幹線鹿児島ルート
(山陽・九州新幹線)
車内サービス
クラス グリーン車普通車
身障者対応 7号車
座席 グリーン車指定席:6号車(半室)
普通車指定席:4 - 8号車
普通車自由席:1 - 3号車
技術
車両 N700系電車(JR西日本博多総合車両所・JR九州熊本総合車両所
軌間 1,435 mm
電化 交流25,000 V・60 Hz
最高速度 300 km/h(山陽新幹線)
260 km/h(九州新幹線)
テンプレートを表示

みずほは、西日本旅客鉄道(JR西日本)および九州旅客鉄道(JR九州)が山陽新幹線九州新幹線鹿児島ルート)の新大阪駅 - 鹿児島中央駅間で運行している特別急行列車である。種別を示す色オレンジ色)である[1]

「みずほ」の愛称は、1961年10月1日から1994年12月3日までの33年間にわたって東京駅 - 熊本駅長崎駅[注 2]間の夜行列車寝台特急)の名称として用いられており、日本国有鉄道JRの列車名として用いられるのは新幹線の列車名で2代目になる。

概要[編集]

2011年3月12日の九州新幹線鹿児島ルート全線開業と同時に運行を開始した[2][3][4]

山陽・九州新幹線を直通する最速達列車として運行されている。山陽新幹線では「のぞみ」に準じた取り扱いがなされており、料金体系も「のぞみ」と同様に他の列車と別体系となっている。

当初、山陽・九州新幹線の直通列車は「さくら」のみが設定される予定であったが、JR九州主体で「航空機を意識した、航空機対策の列車」として停車駅を絞った最速達列車が新たに設定された[5][6]

なお、航空機対策としてビジネス客の取り込みを目指した列車という関係上、修学旅行などの団体利用はほとんど認められていない。また、一部の特別企画乗車券での利用は対象外となる(後述)。

列車名の由来[編集]

「みずみずしい稲の穂」を意味する「瑞穂」(みずほ)は、実り豊かな国を表す「瑞穂国」(日本の美称)などに用いられており、九州新幹線(鹿児島ルート)全線開業による山陽・九州新幹線の直通運転を通じて、豊かな実りを提供する意味が込められている[4]

運行概況[編集]

2014年3月15日現在、朝夕に定期列車が6往復運転され、またほほ毎日運転される臨時列車が2往復運転されている(この他にも臨時列車あり)。所要時間はいずれも最速で、新大阪駅 - 博多駅間を2時間23分、新大阪駅 - 熊本駅間を2時間57分、新大阪駅 - 鹿児島中央駅間を3時間41分で結んでいる[注 3]

号数は600番台が割り振られている。この号数は「みずほ」運行開始前の東海道・山陽新幹線では新大阪駅 - 博多駅間に朝晩運転の最速達の「のぞみ」1往復(途中停車駅は新神戸、岡山、広島、小倉のみ。2011年3月12日ダイヤ改正で廃止)に割り振られていたもので、全列車が運行系統を含めて実質的に引き継いだものである。

停車駅[編集]

2011年3月12日の運転開始当初より新大阪駅 - 鹿児島中央駅間で運転されている(臨時列車として新大阪駅 - 熊本駅間で運転される場合もある)。停車駅は新大阪駅新神戸駅岡山駅広島駅小倉駅博多駅熊本駅鹿児島中央駅に全列車が停車し、一部列車は姫路駅にも停車する。

現行(2014年3月15日ダイヤ改正)[編集]

一部列車で新たに姫路駅に停車する列車が設定された[8]

2014年3月15日改正
号数 運行本数\駅 新大阪駅 新神戸駅 姫路駅 岡山駅 広島駅 小倉駅 博多駅 熊本駅 鹿児島中央駅 備考
600 - 611号 下り2本/上り2本
下り4本/上り4本
凡例
●:停車
-:通過

2011年3月12日ダイヤ改正(運行開始時)[編集]

停車駅は東海道・山陽新幹線の「のぞみ」全列車停車駅に熊本駅・鹿児島中央駅を加えた8駅に統一、1日4往復体制で運行を開始した。

使用車両・編成[編集]

PJRPJRNC
N700系 8両編成編成図
← 鹿児島中央
新大阪 →
1 2 3 4 5 6 7 8
S G S
  • Rauchen Verboten.svg 全座席禁煙

車両は山陽・九州新幹線直通「さくら」と同じくN700系7000番台・8000番台が使用されている[9][要高次出典]。色は薄い水色になっている。

記号凡例
G=グリーン車指定席
指=普通車指定席
自=普通車自由席
S=喫煙ルーム

特急料金[編集]

山陽新幹線区間で「みずほ」指定席に乗車する場合は、「のぞみ」と同じ特急料金表を用いることになっており[10]、「ひかり」「こだま」「さくら」に比べて200 - 300円高い料金が採用される。一方、自由席については「のぞみ」と同様にほかの列車の自由席特急料金と同額となる。九州新幹線区間では、「さくら」「つばめ」と同じ料金体系を採用しており、加算料金は発生しない。九州新幹線2枚きっぷでも利用制限はない。ただし、フルムーン夫婦グリーンパスジャパンレールパスは、全区間で自由席を含め利用できない。ジパング倶楽部に関しても「のぞみ」と同様、特急料金の割引はできない。

なお、山陽新幹線と九州新幹線を直通して(あるいは博多駅で途中下車しないで)利用する場合の特急料金は博多駅までの山陽新幹線の特急料金と九州新幹線の特急料金の合算額が基本となり[10]、「みずほ」乗車の場合は「山陽新幹線区間の自由席特急料金+九州新幹線区間の自由席特急料金+510円+加算料金」で算出された特急料金が採用される(「のぞみ」と博多駅で乗り換えた場合も同じ)。

車内販売[編集]

運行エリアの関係により新大阪駅 - 博多駅間がジェイアール西日本フードサービスネット、博多駅 - 鹿児島中央駅間がJR九州の客室乗務員が担当するので博多駅で入れ替わる。

運行開始の背景[編集]

これまで大阪 - 鹿児島間は飛行機を利用する客が多く、2010年時点でJRは数%のシェアしかなかったが[5]、九州新幹線全線開業後はビジネス客の取り込みを図り[4][11]2割から3割のシェア獲得を目指すとしていた[5]

「さくら」よりも停車駅を絞った列車の計画は、「スーパーさくら」の仮称や「みずほ」という列車名の案も含めて2010年8月24日に新聞などで報道され[12][13]、JR側は翌25日に最速達型列車の計画が存在し、JR九州が中心となって検討中であることを公式に認めた[6]。列車名として報じられた「みずほ」は当初あくまでも候補の一つとしていたが[14]、同年9月15日にJR九州が「みずほ」で検討中と表明した[15]

名称検討は「さくら」と異なり、公募ではなくJR九州にて行われ[14][15][注 4]、同社は事前に地元自治体へ相談せずに進展させた[16]

このため、最速達列車の名称が仮称段階で「みずほ」と報道された際には、「みずほ」が寝台特急として運行されていたころの運行区間が東京駅 - 熊本駅・長崎駅間で、鹿児島県内には運行されていなかった事情や公募などではなく、社内のみでの決定という経緯や列車愛称からイメージされる「格」などから反発があり、鹿児島県知事伊藤祐一郎鉄道ファンから不快感や異論が相次いでいた[16][17]

同年10月20日に最速達列車の運行内容と、列車名が「みずほ」となることが正式に発表された[3][4]

沿線自治体からは新鳥栖駅など地元主要駅への停車要望が相次いでいたが、開業に当たっては「みずほ」の運転本数を朝夕4往復に絞り、他の時間帯は「さくら」のみ運行することで対処し、航空機対策として停車駅を限定した設定となった[5]

沿革[編集]

  • 2011年平成23年)3月12日:九州新幹線の全線開業と同時に、山陽・九州新幹線新大阪駅 - 鹿児島中央駅間で運転開始。新たに開発されたN700系(7000・8000番台)を充当。朝夕を中心に4往復運転。新大阪駅 - 鹿児島中央駅間の所要時間は最速3時間45分。
  • 2012年(平成24年)3月17日:ダイヤ改正により以下のように変更[18]
    • 朝の下り新大阪駅発を1本、夕方の上り鹿児島中央駅発を1本、計1往復を増発。
    • 新八代駅付近の徐行区間の解除に伴い、所要時間を短縮。新大阪駅 - 鹿児島中央駅間の所要時間は最速3時間42分。
  • 2013年(平成25年)3月16日:ダイヤ改正により以下のように変更。
    • 週末を中心に朝の下り新大阪駅発を1本、昼間の上り鹿児島中央駅発を1本、計1往復を増発。
  • 2014年(平成26年)3月15日:ダイヤ改正により以下のように変更。
    • 夕方の下り新大阪発を1本、朝の上り鹿児島中央発を1本、計1往復を増発[8]
    • 朝の下り新大阪発1本と夕方の下り新大阪発1本、朝の上り鹿児島中央発1本と夕方の上り鹿児島中央発1本が新たに姫路駅に停車[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 実キロ。新大阪 - 鹿児島中央間の営業キロは911.2 kmである。
  2. ^ 1963年6月1日から1964年9月30日の間は東京駅 - 熊本駅・大分駅の間で運行していた。
  3. ^ 公式発表以前に新大阪駅 - 鹿児島中央駅間の所要時間について「3時間47分」と報じられたこともあった[7]
  4. ^ ただし、「さくら」公募の際に「みずほ」という名称で応募した人から抽選で1名に記念品が配送されている。

出典[編集]

  1. ^ 佐藤亜季 (2010年12月13日). “車内照明に新幹線表示板… 鉄道もLED化進行中”. 朝日新聞. 朝日新聞社. http://www.asahi.com/business/update/1208/OSK201012080168.html 2017年2月8日閲覧。 
  2. ^ “九州新幹線が全線開通 1番列車が主要駅を出発 式典は地震で中止”. msn産経ニュース. 産業経済新聞社. (2011年3月12日). オリジナル2011年7月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110720095040/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110312/trd11031206400003-n1.htm 2017年2月8日閲覧。 
  3. ^ a b 大阪-鹿児島を3時間45分=最速の「みずほ」-山陽・九州新幹線 - 時事通信社 2010年10月20日[リンク切れ]
  4. ^ a b c d “山陽・九州新幹線直通列車「みずほ」について” (プレスリリース), 九州旅客鉄道・西日本旅客鉄道, (2010年10月20日), オリジナル2010年10月24日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20101024194700/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175022_799.html 2017年2月8日閲覧。 
  5. ^ a b c d 大阪-熊本3時間切る 最速新幹線みずほ正式発表「航空機3割奪う」 - MSN産経ニュース 2010年10月21日[リンク切れ]
  6. ^ a b “JR九州、3時間40分目標 新大阪への最速新幹線”. 47NEWS. 共同通信社. (2010年8月25日). オリジナル2013年5月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130514055042/http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082501000912.html 2017年2月8日閲覧。 
  7. ^ “新幹線「みずほ」朝夕計8本を検討 ビジネス客に照準”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2010年10月15日). オリジナル2010年10月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101018070114/http://www.asahi.com/national/update/1015/OSK201010150073.html? 2010年10月15日閲覧。 
  8. ^ a b c “平成26年春ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2012年12月20日), http://www.westjr.co.jp/press/article/items/131220_00_honsya.pdf 2017年2月8日閲覧。  -
  9. ^ 九州新幹線:「みずほ」正式決定…最速列車の名称 - 毎日新聞 2010年10月20日
  10. ^ a b “山陽・九州新幹線直通列車「みずほ」「さくら」の特急料金について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2010年12月10日), オリジナル2012年2月4日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20120204195601/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175098_799.html 2010年12月15日閲覧。 
  11. ^ “新幹線「みずほ」朝夕計8本を検討 ビジネス客に照準”. 朝日新聞. 朝日新聞社. (2010年10月15日). オリジナル2010年10月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101018070114/http://www.asahi.com/national/update/1015/OSK201010150073.html? 
  12. ^ “九州新幹線、来年3月12日全線開業へ”. 読売新聞. 読売新聞社. (2010年8月24日). オリジナル2011年9月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110929111848/kyushu.yomiuri.co.jp/keizai/detail/20100824-OYS1T00143.htm 2017年2月8日閲覧。 
  13. ^ 小河雅臣 (2010年8月24日). “大阪―鹿児島が3時間47分、新幹線「みずほ」登場へ”. 朝日新聞. 朝日新聞社. http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201008240034.html 2017年2月8日閲覧。 
  14. ^ a b “JR最速新幹線の新鳥栖駅停車を要望 佐賀県”. 佐賀新聞. 佐賀新聞社. (2010年8月26日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1712777.article.html 2017年2月8日閲覧。 
  15. ^ a b “全線開業は来年3月12日 九州新幹線鹿児島ルート”. 47NEWS. 共同通信社. (2010年9月15日). オリジナル2013年5月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130514055413/http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010091501000558.html 2017年2月8日閲覧。 
  16. ^ a b 鹿児島知事「みずほ」に不快感 東京-熊本の寝台特急と同名 新幹線「地元発着に」 - 西日本新聞 2010年9月4日[リンク切れ]
  17. ^ 九州新幹線:「みずほ」に異論 「格」にふさわしくないと - 毎日新聞 2010年10月16日[リンク切れ]
  18. ^ 平成24年春ダイヤ改正について (PDF) - 九州旅客鉄道[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]