たにがわ (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たにがわ
Maxたにがわ
上越新幹線「Maxたにがわ」
上越新幹線「Maxたにがわ」
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車新幹線
現況 運行中
地域 東京都埼玉県群馬県新潟県
運行開始 1997年平成9年)10月1日
運営者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
路線
起点 東京駅
終点 越後湯沢駅
使用路線 東北新幹線
上越新幹線
技術
車両 E4系電車新潟新幹線車両センター
E2系電車新幹線総合車両センター・新潟新幹線車両センター)
軌間 1,435 mm
電化 交流25,000V・50Hz
最高速度 240 km/h
テンプレートを表示

たにがわは、上越新幹線東京駅 - 高崎駅越後湯沢駅間で運行されている特別急行列車である。

種別を示す色)。[要出典]

概要[編集]

1997年平成9年)10月1日、上越新幹線の列車運行系統再編に伴い、東京駅 - 新潟駅間の「あさひ」(2002年「とき」に改称)に対し、東京駅 - 高崎駅・越後湯沢駅間の区間列車の列車名として設定された。それ以前は、高崎線上越線上野駅 - 水上駅間で運行される在来線特急の愛称(漢字の「谷川」)であったが、こちらは同時に「水上」(2002年11月までは列車名に「新特急」を冠した、のちに廃止)に改称されている。

列車名は、上越新幹線大清水トンネルの真上にある谷川岳にちなんでいる。

2階建車両(E4系)を使用する場合は「Maxたにがわ」の名称で運行されている。

運行概況[編集]

単独運転する定期列車は、東京駅 - 越後湯沢駅間に9往復、東京駅 - 高崎駅間に3往復が運転されている。基本的に、定期列車はすべて各駅停車として設定されているが、東京駅 - 高崎駅・越後湯沢駅間を「Maxとき」と連結して走行する「Maxたにがわ」は、通過駅が設定されている。また、ガーラ湯沢駅始発・終着の臨時「たにがわ」は上野駅・大宮駅・(高崎駅)・越後湯沢駅のみ停車の列車も存在する(2016年冬の「たにがわ/Maxたにがわ」71、73、75、79号など)。本庄早稲田駅開業からしばらくの間、定期列車においても一部途中駅を通過する「たにがわ」も設定されていた。

高崎駅始発・終着の「たにがわ」は、通勤・通学列車の性格が強く、基本的にラッシュ時のみ運転されている。

2004年8月16日から一時期、繁忙期のUターンラッシュピーク日などには新潟駅→上野駅・東京駅間を運転する臨時「Maxたにがわ」が運行された。この列車は、新潟駅を十数分後に発車する後続の「Maxとき」と高崎駅で併合された。ただし、下り列車で同様な列車の運転実績はない。

2007年3月18日より全車両禁煙となった。

2013年3月16日より、越後湯沢駅または高崎駅で分割・併合する16両編成の「Maxとき」について、越後湯沢駅及び高崎駅発着の編成を「Maxたにがわ」とし、新潟駅発着の編成を「Maxとき」とすることとなった。

車内販売は東京駅・越後湯沢駅をそれぞれ9時 - 19時の間に発車する列車のみ営業していたが、2015年3月13日をもって終了した。

ガーラ湯沢延長運転[編集]

ガーラ湯沢スキー場の営業期間中は、越後湯沢の隣のガーラ湯沢駅まで延長運転する列車もある。延長区間は在来線特急扱いで特急料金不要の特例もないため、乗車する場合は乗車券のほかに特急料金100円が必要となる。この区間のみの指定券は発売されないほか、普通列車用の企画乗車券である青春18きっぷ北海道&東日本パスでの乗車はできない[1]

延長運転の本数はそれほど多くはなく、下りは朝8時台の2本を除いて1時間に1本程度で15時以降は2時間運行されない時間帯もある。また終電は18時22分越後湯沢駅発で終了する。上りは始発から16時台の2本以外は、1時間1本程度の運行であり、終電は19時6分ガーラ湯沢駅発で終了する。列車の運行されない時間帯の同区間の交通は、シャトルバスが担っている。

このほか、2015年3月14日のダイヤ改正でデータイムの「たにがわ」が運転されなくなったため、この時間には越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅間のみを運転する列車が設定されている。開業当初はこの区間内のみを走る「シャトル・ガーラ」が運転されており、最盛期の1992 - 1993年シーズンは下り12本、上り13本が運転された。しかし、この区間に並行する形で無料のシャトルバスが頻繁に運転されていたため利用客は多くなく、さらに東京方面からの直通列車も増えたことから、1994 - 1995年シーズンを最後に運転されなくなったものである[2]

号数は「シャトル・ガーラ」時代と同じく200号台が割り当てられ、全車自由席でグリーン車は閉鎖される。また、「Maxとき」311号と併結する「Maxたにがわ」311号、「Maxとき」338号と併結する「Maxたにがわ」338号(いずれも東京駅 - ガーラ湯沢駅間で運行)のような臨時列車も設定される。

停車駅[編集]

2016年3月26日現在(定期列車)
号数 運行本数\駅 東京駅 上野駅 大宮駅 熊谷駅 本庄早稲田駅 高崎駅 上毛高原駅 越後湯沢駅 備考
400 - 417号 下り9本/上り9本
470 - 475号 下り3本/上り3本 下り1本は休日運休
上り1本は土曜・休日運休
300・309・343・348号 下り2本/上り2本 全列車「Maxとき」併結
下り2本は越後湯沢終着
上り2本は高崎始発・本庄早稲田通過
上り1本は熊谷通過
凡例
  • ●:停車
  • ○:一部列車のみ停車

使用車両・編成[編集]

たにがわ
← 東京
高崎・越後湯沢 →
PJRPJRNC
E2系
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
G
PJRPJRNC
E4系
1 2 3 4 5 6 7 8
G G
PJRPJRNC
E4系+E4系
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
G G G G
E4系 E4系
  • 8号車と9号車の間は通り抜けできない。
  • 全車禁煙
  • 座席種別・編成は変更される場合がある。
凡例
G=グリーン車指定席
指=普通車指定席
自=普通車自由席

E2系10両編成、E4系8両または16両編成で運行されている。2004年3月まではE2系(2013年1月26日より定期運用再開)、2012年9月28日まではE1系2013年3月15日までは200系も使用されていた。


沿革[編集]

  • 1982年昭和57年)11月15日:上越新幹線が開業。列車名は速達タイプが「あさひ」、各駅停車タイプが「とき」。
  • 1994年平成6年)7月15日:E1系(Max)営業運転開始。「Maxあさひ」・「Maxとき」新設。
  • 1997年(平成9年)10月1日:東北・上越新幹線の列車名を運転区間別とする列車名の再編が行われ、東京駅・越後湯沢駅 - 新潟駅間の列車がすべて「あさひ」、東京駅 - 高崎駅・越後湯沢駅間の列車がすべて「たにがわ」とされる。
  • 2002年(平成14年)12月1日:東京駅・越後湯沢駅 - 新潟駅間の列車が「あさひ」から「とき」に変更。E2系による運用を開始。
  • 2004年(平成16年)
    • 3月13日:上越新幹線からE2系が撤退。
    • 10月23日:この日発生した新潟県中越地震により運休。
    • 12月28日:臨時ダイヤで復旧。当分の間、被災区間では徐行運転を行い、安全が確認された後に通常ダイヤに復帰した。
  • 2007年(平成19年)3月18日:上越新幹線の全列車が禁煙となる。
  • 2012年(平成24年)9月29日:「Maxとき」・「Maxたにがわ」の使用車両をE4系に統一し、E1系が運用から撤退。
  • 2013年(平成25年)
    • 1月26日:上越新幹線でのE2系の運用を再開し、200系の「とき」・「たにがわ」の一部をE2系に置き換え。
    • 3月16日:200系が運用から撤退。越後湯沢駅または高崎駅で分割・併合する越後湯沢駅発着の列車名を「Maxとき」から「Maxたにがわ」へ改称。これにより「Maxたにがわ」の定期列車において一部の駅を通過する列車が設定された[3]
  • 2015年(平成27年)3月14日北陸新幹線金沢延伸に伴うダイヤ改正で「たにがわ」は大幅に減便され、東京駅 - 越後湯沢駅間が9往復、東京駅 - 高崎駅間が3往復となる。また、車内販売を終了[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この運行形態は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の博多南線とほぼ同等である。
  2. ^ 「シャトル・ガーラ」は全車自由席でグリーン車は閉鎖されていた。号数は紙の時刻表には表示されていなかったが、駅の発車案内表示機にはシステムの関係で表示されており、上越新幹線で原則として使われない200号台(列車番号は92xxC)が割り当てられていた。
  3. ^ 2013年3月ダイヤ改正について (PDF) - JR東日本新潟支社 2012年12月21日
  4. ^ “一部の新幹線・在来線特急列車の車内販売サービスと新幹線「グリーンアテンダント」によるサービスの終了について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2015年1月16日), http://www.jreast.co.jp/press/2014/20150110.pdf 2015年1月16日閲覧。 

関連項目[編集]