AMBITIOUS JAPAN!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AMBITIOUS JAPAN!
TOKIOシングル
初出アルバム『ACT II
B面 駅・ターミナル
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル ユニバーサルJ
作詞・作曲
プロデュース 東海旅客鉄道
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[2]
  • 2003年10月度月間4位(オリコン)
  • 2003年11月度月間23位(オリコン)
  • 2003年度年間55位(オリコン)
  • 2004年度年間185位(オリコン)
TOKIO シングル 年表
ding-dong/glider
2002年
AMBITIOUS JAPAN!
(2003年)
ラブラブ♥マンハッタン/ALIVE-LIFE
2003年
ACT II 収録曲
VALE-TUDO
(3)
AMBITIOUS JAPAN!
(4)
for you
(5)
テンプレートを表示

AMBITIOUS JAPAN!」(アンビシャス ジャパン!)は、東海旅客鉄道(JR東海)がかつて行っていたキャンペーン、およびそのキャンペーンソングとして制作されたTOKIOの楽曲。通算28作目のシングルとして2003年10月1日ユニバーサル ミュージックから発売された[3]

オリコンチャート初登場で、前作『ding-dong/glider』に続く通算3作目、かつ2作連続となる首位を獲得した。

背景[編集]

「AMBITIOUS JAPAN!」ロゴが貼られていた頃の700系(JR東海所有・C編成)、京都駅にて

表題曲はリリースと同時に、JR東海による東海道新幹線品川駅の開業および東海道・山陽新幹線ダイヤ改正を記念したキャンペーンのCMソングに採用された[3]。また、同線を走る700系電車のうち、JR東海が保有する編成の先頭車側面に、シールによる「AMBITIOUS JAPAN!」の文字が掲出された(300系電車は中間車両の円形ステッカーのみ[注釈 1])。本曲のミュージック・ビデオにも700系が頻繁に登場する。

2003年11月24日からは、JR東海が保有する新幹線車両車内チャイムとしても使用され[4]、始発駅発車後と終着駅到着前に歌い出しの部分(約10秒)、途中駅到着前と発車後にサビの部分(約5秒)が流れる[注釈 2]。2018年4月に山口達也の不祥事が発覚した際、チャイムの継続使用の是非がJR東海社内で検討されたが、変更は行わないこととなった[5]

キャンペーンは当初2003年末に終了する予定となっていたが、予想以上の反響があったことや、2004年に東海道新幹線が開業40周年を迎えること、また2005年には愛知県で「2005年日本国際博覧会」(愛・地球博)が開催されることなどから延長され、2005年9月25日まで続いた。なお、キャンペーンのキャッチコピーは当初「AMBITIOUS JAPAN! のぞみは、かなう」であったが、後に「AMBITIOUS JAPAN! のぞみはいつも、そこにある」に変更されている。

2003年10月1日にZIP-FMで東海道新幹線のダイヤ改正をPRする3時間程度の特別番組名古屋駅から放送されたが、同局では当時ジャニーズ事務所所属のアーティストをはじめとするアイドルの楽曲は放送しない方針であったため、本曲はCM上を除いて一切放送されなかった。しかし、同時期の西日本旅客鉄道(JR西日本)エリアの旅行誘致キャンペーン「DISCOVER WEST」のキャンペーンソングであった鬼束ちひろの「いい日旅立ち・西へ」は幾度か放送されていた[要出典]

制作[編集]

JR東海とのタイアップにより制作されたシングルで、文学者中西進の紹介で作詞家なかにし礼と会った当時JR東海社長の葛西敬之が、その場でなかにしに「新しい鉄道唱歌を作って欲しい」と依頼したことが発端となり、なかにしのプロデュースで制作されることとなった。

ディスクジャケット[編集]

初回限定盤のジャケットはメンバーが走り抜ける横顔を模したものになっているが、当時短髪だった長瀬智也は躍動感を演出するためウィッグを被って撮影した。このジャケットと同じ写真が当時のJR東海の宣伝ポスターや2003年秋期の『東海道・山陽新幹線時刻表』の表紙などに使用された。また、2021年4月28日に発売された氣志團による筒美京平のトリビュート・アルバム『Oneway Generation』のジャケットは、同写真のパロディになっている[6][注釈 3]

記録[編集]

本シングルがオリコン1位を獲得したことで、作曲した筒美京平は歌手・プロデュースを含めてオリコン史上初となる「1960年代から2000年代の5年代に渡ってのシングルチャート1位」を達成した[7]

リリース[編集]

2003年10月1日ユニバーサル ミュージックからジャケットが異なる初回限定盤と通常盤の2形態で発売され[8][9]2009年6月24日J Stormより通常仕様として再発売された[10]。これにより、ユニバーサル ミュージックから発売された初回限定盤と通常盤は廃盤となった[8][9]

ライブパフォーマンス[編集]

リリースから10年経った2013年12月31日の『第64回NHK紅白歌合戦』や[11]、2015年12月2日にフジテレビ系列で放送された音楽特番『2015 FNS歌謡祭』、同月31日の『第66回NHK紅白歌合戦[12]、2017年12月31日の『第68回NHK紅白歌合戦』でも披露されている[13]

エピソード[編集]

音楽番組において、本曲のサビ直前で城島が発するコーラス『I get a true love』が「『アヤヤトゥーヤー』と発音しているように聞こえる」としてネット掲示板SNSの間で話題になり、2022年3月27日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』では松岡が同フレーズに言及したことによりTwitterでトレンド入りするなどの盛り上がりも見せた[14]

収録曲[編集]

CD(初回限定盤, 通常盤共通)
全作詞: なかにし礼、全作曲: 筒美京平
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.AMBITIOUS JAPAN!なかにし礼筒美京平船山基紀
2.駅・ターミナルなかにし礼筒美京平蔦谷好位置
3.「AMBITIOUS JAPAN!」(Backing Track)なかにし礼筒美京平 
4.「駅・ターミナル」(Backing Track)なかにし礼筒美京平 
合計時間:

収録アルバム[編集]

楽曲 アルバム 発売日 規格品番 備考
AMBITIOUS JAPAN! ACT II 2005年2月2日 UPCH-9171(初回盤) 9thアルバム[15]
UPCH-1404(通常盤)
HEART 2014年7月16日 JACA-5420(初回限定盤1) ベストアルバム[16]
JACA-5423(初回限定盤2)
JACA-5426(通常盤)

カバー[編集]

AMBITIOUS JAPAN!

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2001年に営業運転から外されて各種試験に供されていた試作車のJ1編成は除く。
  2. ^ 音源はオルゴール調にアレンジされたものを使用している。
  3. ^ ただし、本曲のカバーは同アルバムに収録されていない。

出典[編集]

  1. ^ THE RECORD 2003年12月号 (PDF)”. 日本レコード協会. p. 14. 2022年6月25日閲覧。
  2. ^ 【TOKIO】主なランキング記録とプロフィール”. ORICON NEWS. 2021年11月11日閲覧。
  3. ^ a b AMBITIOUS JAPAN!”. ORICON NEWS. 2021年11月11日閲覧。
  4. ^ 鉄道トリビア(10) 東海道新幹線は同じ形式でも2種類ある!”. マイナビニュース. 2021年11月11日閲覧。
  5. ^ TOKIOの新幹線車内チャイム‥「変更の予定なし」(CBCテレビ)”. Yahoo!ニュース. 2018年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月25日閲覧。
  6. ^ 氣志團の筒美京平トリビュート詳細発表、「強い気持ち・強い愛」や「Romanticが止まらない」をカバー”. 音楽ナタリー. 2021年11月11日閲覧。
  7. ^ WOWOW「ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサート」特集”. 音楽ナタリー. 2021年11月11日閲覧。
  8. ^ a b TOKIO / AMBITIOUS JAPAN! [限定][廃盤]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年6月24日閲覧。
  9. ^ a b TOKIO / AMBITIOUS JAPAN![廃盤]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年6月24日閲覧。
  10. ^ TOKIO / AMBITIOUS JAPAN![再発]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年6月24日閲覧。
  11. ^ 「第64回NHK紅白歌合戦」、出演アーティスト全51組の演奏曲目が決定”. rockinon.com. 2021年11月11日閲覧。
  12. ^ 出場歌手・曲順 - 第66回NHK紅白歌合戦”. 日刊スポーツ. 2021年11月11日閲覧。
  13. ^ 『第68回NHK紅白歌合戦』曲目・曲順発表! 安室奈美恵と桑田佳祐も特別出演決定!!”. ORICON NEWS. 2021年11月11日閲覧。
  14. ^ TT (2022年3月28日). “「アヤヤトゥーヤー、まさかの公認」で大ウケ 「鉄腕DASH」で松岡昌宏が言及”. J-CAST. https://www.j-cast.com/tv/2022/03/28434022.html?p=all 2022年5月15日閲覧。 
  15. ^ ACT II”. ORICON NEWS. 2022年6月25日閲覧。
  16. ^ HEART”. ORICON NEWS. 2022年6月25日閲覧。
  17. ^ SWEETS! FROZEN HOUSE CHOCOLATE[デジパック仕様]”. CDJournal WEB. 2022年6月25日閲覧。
  18. ^ Bon Voyage〜タカラジェンヌと出かけよう〜”. CDJournal WEB. 2022年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]