かいおう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かいおう
特急かいおう.jpg
直方駅で出発を待つ「かいおう」3号
概要
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 福岡県
運行開始 2001年10月6日
運営者 九州旅客鉄道(JR九州)
路線
起点 直方駅
終点 博多駅
使用路線 筑豊本線篠栗線鹿児島本線福北ゆたか線
技術
車両 787系電車南福岡車両区
783系電車(南福岡車両区)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 交流20,000V・60Hz
テンプレートを表示

かいおうは、九州旅客鉄道(JR九州)が直方駅 - 博多駅間を筑豊本線篠栗線鹿児島本線福北ゆたか線)経由で運行する特急列車である。

概要[編集]

2001年10月6日の福北ゆたか線電化開業と同時に運行を開始した。日本国有鉄道(国鉄)時代は筑豊本線に寝台特急あかつき」などが運転されていたが、筑豊本線が当時全線非電化であったことや単線区間が存在するため、鹿児島本線経由の方が距離が長いにもかかわらず所要時間が短いこと、筑豊本線の乗客そのものが減少したことなどにより、筑豊本線経由の優等列車国鉄分割民営化を待たず1985年までに廃止されていた。筑豊本線では16年ぶり、篠栗線では初の優等列車である。

列車名の由来[編集]

「かいおう」の列車名は、沿線の直方市出身で運転開始当時現役の大相撲力士だった魁皇博之[注 1]四股名に由来している。

国鉄・JRグループでは故人を含めても人名に由来する列車名は珍しく、存命中の人物(しかも運行開始時に現役で活動していた人物)の名前が列車名に採用されたのはほかに例がない[注 2]

なお、魁皇は2011年7月場所を最後に現役引退し年寄浅香山を襲名したが、JR九州は「かいおう」の列車名は変更しない方針である[1]

運行概況[編集]

直方駅 - 博多駅間に2往復が運行されている。運行開始以来、直方駅発が朝、博多駅発が夜間に運行されるダイヤで、ホームライナーに近い性格の列車となっている。号数は1 - 5号が与えられているが、このうち1号は平日のみ、5号は土曜・休日のみの運転で(扱いは1・5号とも定期列車)、定期列車の運行本数は常に2往復である。

列車番号は2090+号数+Hとなっている。

5号は2011年3月12日のダイヤ改正で、1号のダイヤを土曜・休日のみ変更する形で設定された列車で、博多駅着が10時前とJR博多シティなどへの買い物客へ配慮したダイヤになっている。

1、4、5号は783系(通称:ハイパーサルーン)4両編成、2、3号は787系6両編成である。

ただし前日の4号と次の日の5号に関してだが、これは783系4両編成とは限らない。5号は、通常は博多到着後に南福岡へ回送するが、有田陶器市などの臨時列車列車増発の際は、博多駅到着後、ホームで一旦ドアを閉めて車内清掃を行い、そのまま臨時特急(有田陶器市みどり号)等の運用に入るため、5両編成で運転することがしばしばある。また783系は運用の関係で、非常にまれではあるがハウステンボスみどり編成のいずれかが運用に入る場合もある。

停車駅[編集]

直方駅 - 新飯塚駅 - 飯塚駅 - 桂川駅 - 吉塚駅 - 博多駅

この他、休日ダイヤに運転するかいおう5号は、飯塚駅 - 桂川駅間にある天道駅に行き違い列車待ち合わせのため、運転停車する。また4号も先行の普通列車(篠栗行)の遅れなどの影響により門松駅信号停車をする事がしばしばある。

使用車両・編成[編集]

2011年3月12日現在の編成図
かいおう
← 博多
直方 →
2号
3号
1 2 3 4 5 6
DX, G G個4 自・b
1(5)号
4号
1 2 3 4
G
  • 全車禁煙
凡例
G=グリーン車座席指定席
DX=DXグリーン席(座席指定席)
G個4=グリーン個室(締切扱い)
自=普通車自由席
b=普通車4人用ボックスシート(自由席)

南福岡車両区に所属する787系電車と783系電車が使用されている。グリーン席座席指定席普通車は自由席となっている。783系は各車両とも中央の乗降口を境に博多寄りのA室と直方寄りのB室に分かれている。

787系は1往復(下り2号/上り3号)に充当されており、2001年10月6日の運行開始より運用されている。当初は「有明」用の4両編成での運行で、2003年に同じ「有明」用の6両編成に変更され、2005年に2往復化されてからは4両編成と6両編成が1往復ずつ充当されていた。2011年3月12日のダイヤ改正で4両編成が「にちりん」などの日豊本線系統の列車に転用されたことに伴い、現在は6両編成のみの充当になっている車両は鹿児島本線運用と共通である為、イベントなどでラッピング(黒田官兵衛ラッピングなど)をしていた車両も頻繁に充当されていた。なお、1号車のグリーン個室は締切扱いとなり利用できない。

783系は1往復(下り1(5)号/上り4号)に充当されている。2011年3月11日までは日豊本線系統の列車に使用されていた4両編成で、787系4両編成の運用を引き継いでいる。

料金[編集]

特急料金特定特急料金を設定してほかの特急列車より割安に設定されており、加えて7日間有効の特急回数券(2枚つづり)が設定されている。また、グリーン料金も全区間で310円と、JR他社よりも割安に設定されているJR九州の他路線のグリーン料金よりもさらに割安に設定されている。ただしDXグリーン席は通常のDXグリーン料金が適用される。

2011年3月12日以降はJR九州の在来線特急全列車が新幹線との乗継割引の対象外となっているが、「かいおう」は運行開始当初から適用外となっている。

沿革[編集]

  • 2001年平成13年)10月6日:福北ゆたか線電化開業と同時に運行を開始。当初は1往復の運転で、787系電車の4両編成で運行していた。なお、出発式には列車名の由来となった魁皇博之も招かれ、自らテープカットを行う予定だったが、体調不良により欠席となった。
  • 2003年(平成15年)3月15日:ダイヤ改正に伴い6両編成に変更。なお、当初からグリーン個室については締切扱いとしている。
  • 2005年(平成17年)10月1日:2往復に増発。増発分には運行開始時に充当されていた787系4両編成があてられた。
  • 2007年(平成19年)3月18日:ダイヤ改正に伴い、6両編成にデラックスグリーン席を設定。同時に全車禁煙化。
  • 2011年(平成23年)3月12日:ダイヤ改正により以下のように変更。
    • 1号を土曜・休日のみダイヤ変更する形で5号を設定。平日は1 - 4号、土曜・休日は2 - 5号が運行されるため本数自体に変化はなし。
    • 4両編成の列車を783系電車での運行とする。

脚注[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 運行開始時点での番付は大関(2000年9月場所以降)。
  2. ^ 故人では東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の快速列車「アテルイ」(アテルイ - 平安時代初期の蝦夷の軍事指導者)、秋田新幹線の「こまち」(小野小町 - 平安時代の女流歌人)、西日本旅客鉄道(JR西日本)の観光列車みすゞ潮彩」(金子みすゞ - 明治時代の詩人)、JR九州肥薩線の「いさぶろう」(山縣伊三郎 - 逓信大臣)、「しんぺい」(後藤新平 - 鉄道院総裁)のほか、過去には江戸時代に来日したドイツ人医師フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトに由来する特急「シーボルト」など多数の例がある。

出典[編集]

関連項目[編集]

  • きらめき - 運行開始当初は鹿児島本線経由の「ホームライナー」格の特急列車だった(現在は日中も運転)。

外部リンク[編集]