ドント・ストップ・ミー・ナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドント・ストップ・ミー・ナウ
クイーンシングル
初出アルバム『ジャズ
B面 セヴン・デイズ
モア・オブ・ザット・ジャズ(日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア)
リリース
規格 7インチシングル
録音 1978年
ジャンル パワー・ポップ[1]
ポップ・ロック[2]
レーベル EMIエレクトラ・レコード
作詞・作曲 フレディ・マーキュリー
プロデュース クイーン
ロイ・トーマス・ベイカー
クイーン シングル 年表
バイシクル・レース / ファット・ボトムド・ガールズ
(1978年)
ドント・ストップ・ミー・ナウ
(1979年)
ムスターファ
(1979年)
ミュージックビデオ
「Don't Stop Me Now」 - YouTube
テンプレートを表示

ドント・ストップ・ミー・ナウ」(Don't Stop Me Now)は、イギリスロックバンドであるクイーン1978年に発表した楽曲。

概要[編集]

フレディ・マーキュリー作の楽曲で、7作目のオリジナル・アルバムジャズ』の12曲目に収録されている楽曲[3]1979年シングルカットされ、イギリスでは9位[4]ニュージーランドでは14位[5]などチャート入りし、ヒットした。アルバム発売前には「僕を止めないで」という邦題がつく予定だったが、何らかの事情により取りやめられた。

この曲では、ギターがほとんど使われておらずギターソロまでギターパートは一切なく、その後もわずかに音が確認できるだけである。その代わりにフレディのピアノが全編通して使用されている。2011年に再発された収録アルバム『ジャズ』には、ボーナストラックとして、「Don't Stop Me Now (With Long-Lost Guitars)」と名付けられたギター・パートを含んだ別テイクの音源がが収録された[6][7]2018年に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、ブライアン・メイによって新たにギター・トラックが加えられた[8][9]音源が使用されている[注釈 1]

歌詞の中に出てくる「Lady Godiva」についてはゴダイヴァ夫人を、「Mr. Fahrenheit」については華氏を参照のこと。

2014年ローリング・ストーン誌で行なわれた読者投票「10 Greatest Queen Songs」では3位に輝いた[10]

ミュージック・ビデオ[編集]

PVも製作され、DVDグレイテスト・ビデオ・ヒッツ1』などで視聴することができる。監督はJ・クリーベンスタイン。映像は1979年1月26日にベルギー・ブリュッセル郊外のフォレに所在するフォレスト・ナショナルで行われたコンサートでの同曲の演奏の様子を撮影したもの[11]

また、PV内ではジョン・ディーコンコーラスに参加している様子が撮影されている。日本を大切に思っているクイーンが、YouTube公式PVサイトでこの曲を日本語訳バージョンでアップしている。

ライブでの演奏[編集]

この曲は、クイーンの1978年、1979年のツアーで演奏された。そのため、ライヴ・アルバム『ライヴ・キラーズ』にも収録されている。また、1979年の日本ツアーでも演奏された。

プレイヤー[編集]

出典[12]

カバーバージョン[編集]

この楽曲は多数のアーティストにより、カバーされている。主なカバーアーティストとしては、西城秀樹(1979年カヴァー)、ヴァンダルズ2004年カヴァー)、マンハッタン・ジャズ・クインテット2005年カヴァー)、マクフライ2006年カヴァー)などがいる。2007年にはNUDAのCMで東京スカパラダイスオーケストラがCM内でスカ風にアレンジしたバージョンを披露している。

楽曲の使用[編集]

映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ハードコア』では劇中挿入歌として使用された。

オートバイ500ccクラスの世界チャンピオンだったバリーシーンの自伝的映画『ザ・ライダー』の挿入歌として使用された。

また日本のCMに頻繁に使われる曲の一つで、 1990年代にはノエビアコスモ石油2000年にはダイハツムーヴで採用され、2006年にはキリンビバレッジ清涼飲料水NUDA (ヌューダ) のCMに用いられ、岡村隆史ナインティナイン)や梨花がこの曲に合わせたダンスを披露した。

2011年9月5日、フレディ・マーキュリー生誕65周年を記念したGoogleのロゴが公開された。このロゴには再生ボタンが設定されており、本作を用いたアニメーションを再生することができる[13]

宝塚歌劇団OSK日本歌劇団では、日本語の歌詞に替えてレビューで使用された事もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この音源は、「ドント・ストップ・ミー・ナウ...リヴィジテッドDon't Stop Me Now...revisited)」というタイトルで、同映画のサウンドトラック盤に収録されている。

出典[編集]

  1. ^ Editor, By Denis House Managing. “The Show Must Go On”. The Sentinel-Echo. 2019年3月21日閲覧。
  2. ^ Don't Stop Me Now - Queen”. AllMusic. 2018年12月22日閲覧。 “...it starts with Mercury singing over flowery piano lines and soon builds into stomping pop-rocker anchored by rumbling piano lines ... The end result was a smart fusion of pop hooks and rock energy...”
  3. ^ Jazz - Don't Stop Me Now Ultimate Queen. Retrieved 2 July 2011
  4. ^ Official Singles Chart Top 75”. Official Charts. Official Charts Company. 2018年12月22日閲覧。
  5. ^ Top 40-lijst van week 11, 1979”. Dutch Top 40. DSJ (1979年3月17日). 2018年12月22日閲覧。
  6. ^ Queen Greatest Hits, Vols. 1 & 2 - オールミュージック. 2018年12月22日閲覧。.
  7. ^ Jazz (Remastered) Queen”. iTunes. アップル (2011年8月17日). 2011年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月22日閲覧。
  8. ^ “クイーン、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックのリリースが決定”. NME.com (ニュー・ミュージカル・エクスプレス). (2018年9月5日). https://nme-jp.com/news/60707/ 2019年1月18日閲覧。 
  9. ^ ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』日本盤ライナーノーツ
  10. ^ “Readers' Poll: 10 Greatest Queen Songs”. Rolling Stone (Penske Media Corporation). https://www.rollingstone.com/music/music-lists/readers-poll-10-greatest-queen-songs-17639/1-bohemian-rhapsody-85580/ 2018年12月22日閲覧。 
  11. ^ Queen Promo Videos”. Ultimatequeen.co.uk. 2019年3月30日閲覧。
  12. ^ “Don't stop me now”. Nature Immunology 9 (8): 821. (August 2008). doi:10.1038/ni0808-821. ISSN 1529-2908. PMID 18645584. 
  13. ^ “Googleトップページがフレディ・マーキュリーでノリノリ”. ねとらぼ (アイティメディア株式会社). (2011年9月5日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1109/05/news021.html 2019年1月18日閲覧。 

外部リンク[編集]