ハードコア (2015年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハードコア
Хардкор
Hardcore Henry
監督 イリヤ・ナイシュラー英語版
脚本 イリヤ・ナイシュラー
製作 ティムール・ベクマンベトフ
イリヤ・ナイシュラー
インガ・ヴェインシュタイン・スミス
エカテリーナ・コノネンコ
製作総指揮 シャールト・コプリー
ウィル・スチュワート
カリーナ・シネンコ
マリヤ・ザトゥロフスカヤ
アレックス・A・ギンズバーグ
トニー・リー
ワン・チョンジュン
ワン・チョンレイ
ジェリー・イェ
ドナルド・タン
ロバート・シモンズ
アダム・フォーゲルソン
オーレン・アヴィヴ
出演者 シャールト・コプリー
ダニーラ・コズロフスキー英語版
ヘイリー・ベネット
アンドレイ・デミエンティエフ英語版
ダーシャ・チャルーシャ英語版
スヴェトラーナ・ウスティノヴァ英語版
ティム・ロス
音楽 ダーシャ・チャルーシャ
撮影 セルゲイ・ヴァルヤエフ
アンドレイ・デメンティエフ
イリヤ・ナイシュラー
パーシャ・カピノス
Vsevolod Kaptur
Fedor Lyass
編集 スティーブ・ミルコヴィッチ
製作会社 華誼兄弟傳媒
バゼレフス
ヴァーサス・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 STXエンターテインメント
日本の旗 クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年4月8日
日本の旗 2017年4月1日
上映時間 96分
製作国 ロシアの旗 ロシア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ロシア語
製作費 $200–300万
興行収入 $14,300,000
テンプレートを表示

ハードコア』(露: Хардкор; 英: Hardcore Henry[1]は、2015年に公開されたロシア連邦アメリカ合衆国共同制作のSFアクション映画。監督・脚本はイリヤ・ナイシュラー英語版。初の全編一人称視点で作られた映画である。

監督のナイシュラーがフロントマンを務めるロシアのロックバンド「バイティング・エルボウズ英語版」の楽曲のPV[2]が話題となり、その映像を見たプロデューサーのティムール・ベクマンベトフの勧めにより、PVと同様の手法を用いて作成された[3]

2015年、トロント国際映画祭の「ミッドナイト・マッドネス」にてプレミア上映。観客賞を受賞した。2016年には全米約3000館で公開し、初登場5位を記録した。日本においてはカナザワ映画祭期間中の2016年9月24日にジャパンプレミア爆音上映が行われ[4]、2017年4月1日に劇場公開された。

ほぼ全シーンが主人公・ヘンリーの視界として、スタントマンの頭部に固定されたGoPro Hero 3を用いて撮影されているため、主演男優・女優のクレジットはない。監督のナイシュラーもスタントマンを務めた。

テレビゲームのPAYDAY 2とコラボし、出演しているシャールト・コプリーがPAYDAY 2にジミー役としてプレイキャラクターとして出演した。

ストーリー[編集]

近未来。主人公であるヘンリーはロシア高空に存する研究施設で目を覚ます。極度の重傷を負い、記憶を失っていた彼はエステルという自分の妻を名乗る女性によってサイボーグ手術が施され、切断された手足の修復などが行われていた。

失った声帯の修復が行われようとしていた矢先、研究所がエイカンという念力を扱える男と重武装した彼の部下たちによって襲撃され、ヘンリーはエステルと共に地上に脱出するも待ち構えていたエイカンの部下によってエステルは拉致され、自分は追われる身となる。 声帯を失っており、声すら出せず訳もわからない状況で彼はジミーという男に窮地を救われる。エイカンの部下の追撃によってジミーはすぐに死亡してしまうが直ぐに全く性格の違うジミーが現れ、ヘンリーをサポートする。

ジミーは過去にエイカンの元で働いていたがエイカンの手によって全身麻痺の後遺症が残るほどの重傷を負い、復讐のために自分のクローンを量産していたのだった。

ジミーの話でエイカンが死人をサイボーグに改造して量産することで世界を牛耳ろうと目論んでいたことを知ったヘンリーはジミーと協力し、エステルを奪回するためにエイカン一味に戦いを挑む。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[5]

参考文献[編集]

  1. ^ Hardcore: The Movie Official Site”. 2016年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月3日閲覧。
  2. ^ "Biting Elbows - 'Bad Motherfucker' Official Music Video - YouTube" 2017年4月2日閲覧。
  3. ^ "映画「ハードコア」公式サイト" 2017年4月2日閲覧。
  4. ^ 爆音 ハードコア - カナザワ映画祭2016”. かなざわ映画の会. 2017年3月16日閲覧。
  5. ^ ハードコア Blu-ray”. 2017年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]