安原義人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やすはら よしと
安原 義人
生年月日 1949年11月17日(66歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県相生市
身長 168 cm
血液型 B型
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ吹き替えアニメーション
活動期間 1970年 -
配偶者 木村有里
事務所 テアトル・エコー

安原 義人(やすはら よしと、1949年11月17日[1] - )は、日本俳優声優テアトル・エコー所属。妻は女優・声優の木村有里

来歴[編集]

兵庫県相生市出身。東洋大学附属姫路高等学校卒業後、上京。劇団青俳の養成所で1年学び、1年後に正所属となるところだったが、テアトル・エコーの公演を見たことで、1969年4月に同劇団に入団した[2][3]

11ぴきのねこ』『表裏源内蛙合戦』『珍訳聖書』などの舞台を踏み、テアトル・エコーが声の仕事に積極的なことから、1970年から放送の海外ドラマ『ディックス先生、こんにちは』(『黒人教師ディックス』)の番組レギュラーで声優デビュー。その後、アニメのアフレコも手掛けるようになる[4]

1987年からは、刑事ドラマジャングル』に刑事役でレギュラー出演し、お茶の間に顔を披露した[5]

1995年に劇団の先輩である山田康雄が死去してからは、舞台での持ち役を受け継いだ[6]。ゲーム『モンティ・パイソンのHOLY GRAIL』、映画『人生狂騒曲』では山田の持ち役だったグレアム・チャップマンの代役も務めた[7]

人物[編集]

声優業としては洋画吹き替えへの出演が多い。コミカルで軽妙な役が得意。特にミッキー・ロークをはじめ、ケヴィン・ベーコンゲイリー・オールドマンビル・マーレイメル・ギブソンロビン・ウィリアムズリチャード・ギアなどの吹き替えを担当することが多い。また、『マペット放送局』のカーミットではそれまでの低音な演技とは異なる甲高い声質も使用した。テレビドラマ『名探偵ポワロ』では死去した富山敬からアーサー・ヘイスティングス大尉役(ヒュー・フレイザー)を引き継ぎ、最終シリーズまで担当したほか、富山が吹き替えを担当したエピソードで、ヘイスティングスの吹き替えが行われていなかったカットシーン(放送時間の関係でカットされたシーン)の追加吹き替えも担当。

アニメにも多く出演し、二枚目半の役柄だけでなく、クールな役や軽薄な悪役、インテリな学者の役までこなす。

テレビドラマや舞台でも活躍しており、「ジャングル」シリーズの八坂署・明石刑事役や、『熱中時代』の怪しげな英語交じりの日本語を話す喫茶店マスター等を演じている。

マッドマックス』の第1作で主役のマックスの吹き替えを担当。以降の作品では出演しなかったが、BD化された際には全作品に安原による新録版が収録された。

アニメ『シティーハンター』の冴羽獠の声は99%安原に決まっていたというが、安原が出演していた刑事ドラマジャングル』のスケジュールの関係で神谷明に話が行ったのだという[8]

劇団の先輩の納谷悟朗によると、山田康雄からルパン三世役を引き継ぐ話もあり、八分通りまで安原に決定していたが、最終的に栗田貫一が担当することになったらしい。

2015年9月5日には、アメリカのテレビドラマ『ザ・ラストシップ』の記者会見で、実はバツイチ(つまり木村有里とは再婚)であることを告白した[9]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

1971年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1992年

1996年

1997年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2008年

2013年

2014年

2015年

2016年

OVA[編集]

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1991年

1992年

1993年

1994年

1997年

1999年

2007年

2012年

劇場アニメ[編集]

1973年

1977年

1978年

1980年

1982年

1983年

1984年

  • 超人ロック(ヤマキ)
  • プロ野球を10倍楽しく見る方法 PART2(コバヤシ)

1985年

1986年

1987年

1997年

1998年

1999年

2002年

2003年

  • Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン(バードマン)

2004年

2005年

2007年

ゲーム[編集]

1985年

1995年

  • EMIT(謎の老人)

1996年

  • るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新激闘編(四乃森蒼紫)

1997年

1999年

2000年

  • さらば宇宙戦艦ヤマト(太田健二郎)

2002年

2003年

2004年

2005年

  • 宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲(太田健二郎)
  • 宇宙戦艦ヤマト 二重銀河の崩壊(太田健二郎)

2006年

2007年

2008年

2011年

2012年

  • 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇(ジュリィ野口)
  • るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完醒(四乃森蒼紫)

2013年

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画・海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

ドラマCD[編集]

ナレーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』、664頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 楽屋訪問50 安原義人さんに開演直前インタビュー 鳴門市民劇場ホームページ内 2013年9月3日閲覧
  3. ^ 『人気ヴォイスアクター』勁文社、1990年、p.124
  4. ^ 阿部邦雄編著『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』近代映画社、1979年、p.306
  5. ^ 『別冊宝島442 アニメ声優大百科』宝島社、1999年、p.145
  6. ^ 故・山田康雄さん演じたイーストウッドの代役務めた多田野曜平「山田さんの吹き替え魂は継承したい」! シネマトゥデイ 2012年5月8日 2013年9月3日閲覧
  7. ^ 須田泰成「日本が一番面白い!『モンティ・パイソン』のオーラル・ギャグ世界」『別冊映画秘宝Vol.1 吹替洋画劇場』洋泉社、2003年、p.99
  8. ^ アニメディア』1987年5月号、p.50
  9. ^ 俳優・神尾佑が人生最大のピンチを告白 | ニュースウォーカー
  10. ^ 夏アニメ『東京ESP』が、7月11日よりTOKYO MX他にて放送決定! 主人公・漆葉リンカ役に木戸衣吹さんが決定&新着情報を大公開!”. アニメイトTV. 2014年6月2日閲覧。
  11. ^ 『ヒットマン アブソリューション』日本語吹き替え版プロローグ映像が公開”. ファミ通.com. 2013年1月22日閲覧。
  12. ^ ALMOST HUMAN / オールモスト・ヒューマン - ルディ・ロム”. AXN. 2014年7月29日閲覧。
  13. ^ 吹替えキャスト全員発表!『スサミ・ストリート全員集合 ~または”パペット・フィクション”ともいう~』”. ふきカエル大作戦. 2015年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]