野島裕史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
のじま ひろふみ
野島 裕史
プロフィール
本名 野島 祐史(のじま ひろふみ)[1]
愛称 ヒロ[2]、ヒロさん[3]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都杉並区[4]
出身地 日本の旗 日本・東京都田無市(現:西東京市[5]
生年月日 (1973-04-16) 1973年4月16日(50歳)
血液型 A型[4][6]
職業 声優ナレーター[7]
事務所 青二プロダクション[8]
著名な家族 野島昭生(父)[2][4]
野島健児(長弟)[2][4]
野島智司(次弟/末弟)[2][9]
野島透也(甥)[10]
公式サイト 野島 裕史|青二プロダクション
公称サイズ(時期不明)[11]
身長 / 体重 166 cm / 51 kg
活動
活動期間 2000年[4][12] -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

野島 裕史(のじま ひろふみ、1973年4月16日[13] - )は、日本男性声優ナレーター[7]東京都杉並区田無市(現:西東京市)出身[4][5]青二プロダクション所属[8]

父の野島昭生、弟の野島健児は共に声優[2][4]。三人兄弟の末弟は作家野島智司[2][9]。甥(健児の長男)は俳優の野島透也[10]。母はナチュラリスト[14]

略歴[編集]

小学生時代は田無市(現:西東京市)に住んでいた[5]。幼い頃は、今とは逆で虚弱な体であったという[注 1][15]

自分なりに深く考えて、悩んだ挙句、学校中退を選ぶ[16]。その頃から「好奇心が異常に旺盛だった」という[17]。学校を中退する決断は色々な意味で「たいへんな道」であったといい、両親にはめちゃくちゃ怒られていた[16]。野島家は兄弟3人共に、育った環境のせいなのか、元々DNDに備わった部分なのかはわからないが、少しアグレッシブな人生を歩いてきたという[16]。母は学校に行かない裕史ら兄弟を積極的に色々な場所に連れて行ったといい、美術館にもずいぶん連れて行ってもらっていた[16]

14歳の時に家族全員で引っ越した[13]大分県竹田市荻町[18]の自然の中の生活で田植えをしたりして、体が良くなったという。『ぼいすた!』出演時には、特技に「田植え」と書いて経緯を話していた。

ピアノを5歳頃から始めており、中学生になる頃に辞めたという[19]。その後中学生時代に友人とバンドを組み、キーボードを担当して、音楽の楽しさに改めて目覚めたという[19]。農作業を終えて家に戻ってからはピアノの演奏をしていたが、根っから機械好きだったこともあり、機械を使用して音作りのほうが好きだった[13]。農作業をしながら米屋のアルバイトをして機材を集めていたという[13]。その後、19歳まで家族総出で農業をしていた[13]

父・昭生にも「声優になれ」と言われたことはなく、当初は裕史自身もそれほど声優には興味がなかったという[13]音楽が好きだが、機械で音を操ることが好きだったことから、20歳の時に大分県の放送制作会社に就職した[13][12][17]。職種はミキサー[13]CG制作もしており、一度、CMの企画書から絵コンテ、CG制作、コメント書き、ナレーション、映像編集まで納品したこともあった[20]。その制作会社は人手不足で、ナレーターなどの声の仕事をする人が少なくCM制作をする時に若い人の声が必要となり、上司から「お前は親が声優だし、東京出身だからやってみろ」と言われた[13]

そうして行ったナレーターの仕事が上手くできたことから、自社制作では声を担当する機会が増え、オンエアを聴いていた他の制作会社から「あのナレーターを使いたい」とオファーが来るようになった[13]。その頃既に弟の健児が声優としてデビューしていたことから、「今の仕事は楽しいけど、弟ができて僕ができるわけがない」と声優を目指して上京[12][13]。理解ある会社で「東京で声優をしたい」と告げると「東京に行ってうまくいかなかったら、戻って来いよ」と温かく送り出してくれたといい、2016年時点は感謝しているという[13]。当時は役者、音楽といった世界で2世が活躍することは珍しくなかったが、声優はあまり聞いたことがなく、父・昭生のコネクションはあるが、コネで生きる世界ではなかったという[13]。のちに所属することになるシグマ・セブンオーディションを初めて受けていた時、当時の社長から「そもそも2世声優は好きじゃないんだよね」とキツい一言を言われたという[13]。ただし、養成所には入れるということで入所した[13]

1998年青年座研究所を卒業後、Doaフレッシュに所属[21]。この間にNHK教育番組のナレーションの仕事を貰い、レギュラーだったこともあって繰り上げの形で[13]1999年にシグマ・セブンに所属[22]。「養成期間中に仕事を得るとは、DNAが受け継がれているんですね。」という質問に対して、「少し遠回りはしたものの、制作会社での経験や演技の勉強が声優としての屋台骨を支えている」と語っている[13]2000年に『ブギーポップは笑わない』の菅沼洋次役でアニメデビュー。2002年、『OVERMANキングゲイナー』ゲイナー・サンガ役で初主役を務めた。

2018年5月1日付けで父が所属するシグマ・セブンを離れ、長弟が所属する青二プロダクションの所属になったことを自身のTwitterにて報告した[23]

人物[編集]

特色・役柄[編集]

音域はlowE - hiC[8]。心地良い声質に定評があり、数多くの役どころをこなすほか、ナレーションでも心に染み渡る清涼感あふれる声質で魅了されている[13]

ナレーターとしては、多くのテレビに出演している[24]。その他、アニメの声優、外画の吹き替えとしても活躍している[24]

役を演じている時には「(野島さんが)声を当てているとは思いませんでした」と言われるのは少し嬉しいが、「あー野島さんがやっているんだ」と言われるより、「このキャラクターが喋っているように聴いてくれたら嬉しい」という[13]。「表に野島を出さずに、キャラクターと一体になっている」という評価を受けた時に「声優をやっていて良かったな」と感じている[13]。一方、「役者はいろいろな役に扮して演技をしますが、声だけだと役者よりも制約されると思います。」という質問に対しても、声もそれなりに変えることはできるが、基本的には声優自体の個性に近いキャラクターを演じることになるものの、中学生から大人、宇宙人の声まで演じるため、「そういう意味では役者より幅が広い」とも言えるという[13]

喉が強く、自転車に乗り始めてからは、風邪をひかなくなったという[25]。また「声優として喉を気遣うこともありますか。例えばボトルの飲み物を何か特別なものにしているとか…」という質問に対しては「何もやっていません」と回答している[25]

趣味・嗜好[編集]

資格免許普通自動車免許[8]。趣味は自転車ゴルフカメラ[8]。特技はデザイン[8]造形[26]。断捨離の必要に迫られているほど趣味が豊富である[17]

父・昭生とバンドのスラップスティックを組んでいた古谷徹とは、裕史が生まれた頃から知っている仲であり、裕史自身は古谷の大ファンである[2]。お互いの家にも遊びに行くことがあり、裕史が古谷の家に遊びに行った際は、古谷からお下がりのパソコンをプレゼントされたこともあったという[2]。パソコンにのめり込み、雑誌にプログラミングを投稿して賞をもらったり、音響制作会社に勤めていた頃にもPCスキルが役に立ち、2023年時点では「あのときにもらったPCが自分の人生に大きな影響を与えてくれた」と述べていた[2]

自転車との関わり[編集]

アウトドア派で、2007年頃から自転車の趣味に目覚めたという[25]。「声優界の自転車伝道師」の異名を持つ[13]。皆に「自転車屋もやったら」と言われているという[27]自転車競技を題材とした『弱虫ペダル』では石垣光太郎役を演じている[28]。自転車に乗り始めたきっかけは、声優の間で自転車が話題になっていたこと、身体を動かしたかったことであり、自転車に乗るまではジムで走ったり筋トレをしたりしていた[29][27]。しかし忙しくなるとジムにも行けなくなり、「都内を自転車で移動したらどうか」と思い、総合ディスカウントストアで売っていたクロスバイクのような自転車を買って乗っていたところ、10km圏内ならどこでも行けるようになったという[27]

本格的なクロスバイクに乗り始めたのは、2019年から13年くらい前のことである[27]。ある日、街を走っていた時、カッコいいクロスバイクが目に飛び込み、5万円くらいするため、「高い」と思っていたが、「自転車は楽しいし…」と思い、クロスバイクに乗り始めたという[27]。都内23区内のスタジオなら自転車移動が向い、乗っていくうちに、体力もついたという[27]チネリロードバイク「スーパーコルサ」をメインの愛車とし、仕事の移動以外に趣味やスポーツとしても愛用[29]。ロードバイクに乗り始めたきっかけは加戸誉夫に勧められたのがきっかけである[27]。ある時、加戸に「ロードバイクの方が良いよ。うちに余っているパーツで1台できるから」と言われ、出来上がったクロモリのロードバイクに乗っていたところ、今まで以上に楽に進むため、感銘を受ける[27]。以降、この素晴らしさを知ってから、自転車に乗り続けているという[27]。初めてロードバイクを買ったのは2009年頃である[27]。ショップでフレームが吊るされているのを見て「こんなスタイリッシュで格好良いロードバイクがあったんだ」といい、納車まで待たされる間に、ピストバイクも買ったりしていたという[27]。その後、しばらくは買っていたロードバイクに乗り続けていたという[27]。そのバイクで旅先まで自走したり、ヒルクライムレースに挑戦する等している[27][29]。持っている台数は、2019年時点では人物にあげたり、バラしたりしているため、言えないと語っているが、自転車を始めて3年くらいの時点で、4台くらい集まっていたという[27]。自転車は2019年時点では自宅の屋根裏に倉庫に保管している[27]

2019年時点で主に乗っているのは2台で、1台はカスタムで作り上げた裕史曰く「究極の街乗りロード」と語る[27]。国内のチタン専門加工会社にフレームのオーダーをかけて、パーツなどにも徹底的にこだわり海外のサイトからネジを個人輸入したりして1年かけて、本体6.8kgのチタンロードを組み立てたという[27]。もう1台は、2018年から使っているレース、ロングライドに乗るためのカーボンバイクと語っている[27]。自分仕様にカスタマイズでき、組み合わせ次第で、世界のどこにもない自転車ができ、好きなパーツだけを集めていた自転車ができると、愛着が半端ないという[27]

自転車に乗っている時は、長距離の時は無心で、通勤の時は仕事のことを考えているという[30]。ギヤチェンジの音、走行時に聞こえるタイヤからの音などの自転車の音を聞いており、ギヤチェンジの音、ホイールのラチェット音は好きだという[30]

これらの縁もあり、2017年からJ SPORTS cycle road raceの一部のレースで実況を担当している。夢は「いつか自分で溶接したロードバイクを作ること」と語っている[27]。あくまで趣味だが、趣味に熱中過ぎるタイプであり、レンチを回しているだけでも楽しいという[27]。「自転車整備士の資格が欲しい」と思い、専門学校から資料を取り寄せて内容を見ていたが、その時は時間的に声優との両立が難しそうだったため断念した[27]。しかし「夜間なら行ける」と考え、2019年時点ではフレームを繋ぐラグを買ったり、パイプにも興味を持つなど未だに興味は尽きない様子を見せている[27]

デスクワークなど、集中力を高めながら頭を働かせる仕事をしていると、疲労はするが身体は動かしておらず、夜眠れなくなるという[31]。頭が疲れ、身体が疲れていないアンバランスな状態で、自転車で1日2~30kmを走ったところ、夜はスッと眠れ、翌朝は頭も身体もシャキッとしているという[31]。その時に自転車通勤を始めれば、良い感じに身体が疲れてくれるはずだと語っている[31]

家族との関係[編集]

幼少期、弟の健児と一緒に北海道をヒッチハイクなどで旅行していた[32]。兄弟3人でコンピュータ雑誌『MSX・FAN』にペンネームF.I.Sで常連として投稿していたことがある[32]

一方、昔は健児とは喧嘩ばかりだったが、前述の通り、裕史が大分県の放送制作会社に就職したことで健児は一気に裕史のことを尊敬するようになったという[14]。その頃、父・昭生が九州のローカル局でアナウンサーの講師をしており、前述の通り裕史が番組を制作しながら地方局のCMナレーションを読んだりしており、健児はテレビをつけていたところ父か裕史の声ばかり聞こえており、裕史を尊敬する反面「すごく悔しいな、負けてるな」と思っていたという[14][33]。当時、健児は電車で1時間ぐらい離れたところに住んでいたが、裕史の家に遊びに来て「どういう仕事してるの?」、「会社ってどうなの?」、「番組ってどうやって作るの?」といったことを聞いていたという[14]。健児が「働いている!一人暮らししてる!社会人すげえ!」と思っていた瞬間から、喧嘩することは無くなったという[14]

父・昭生は何か思うところがあり、次弟・健児と末弟・智司は上京したが、裕史は前述のとおり、放送制作会社の仕事があるため、九州に残っていた[20]

健児とは『エンジェル・ハート』で双児の兄弟役、『灼眼のシャナ』ではクラスメイト役などで共演している。主役を演じた『スケアクロウマン』では、第4話で父の昭生がゲストキャラクターの「シュタイン」、弟の健児が「シュタイン」の青年時の声を担当したことから、親子三人の共演が実現した。『スケートリーディング☆スターズ』では健児と双子の兄弟役で共演し、更にその父親役である昭生も含めて親子三人での共演を果たしている。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年

劇場アニメ[編集]

2002年
2003年
2005年
2007年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2017年
2019年
2021年
2023年

OVA[編集]

2000年
2004年
2005年
2006年
2007年
2009年
2010年
2018年
2022年

Webアニメ[編集]

2000年代
2010年代
2020年代

ゲーム[編集]

2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2015年
2016年
  • 神々の悪戯 InFinite(ディオニュソス・テュルソス[89]
  • Collar×Malice(望田政信[90]
  • 金色のコルダ4(小倉宗一郎[91]))
  • リゾートへようこそ 〜総支配人は恋をする〜(サイード[92]
2017年
2018年
  • Collar×Malice -Unlimited-(望田政信)
  • 夢間集(帰一剣)
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年

ドラマCD[編集]

BLCD[編集]

  • アイドルくんシリーズ(鈴原圭吾)
    • おやすみアイドルくん
    • ごめんねアイドルくん
  • 愛の蜜に酔え!(有沢遥)
  • 愛なら売るほど(コンビニ店員)
  • ある小説家のノロケ話(蒼井偲
  • イベリコ豚と恋と椿。(入江
    • イベリコ豚と恋の奴隷。(入江)
  • いとしのテディ・ボーイ1・2(島)
  • インテリ君の恋病(冴木静
  • ウサギ狩り(宇佐美一羽
  • 嘘みたいな話ですが(北川圭一
  • うちの巫女が言うことには(配島蓮也)
  • 美しい野菜(永井太郎
  • ウブ 男が男を愛する時シリーズ7(タカシ)
  • 英国紳士(香乃菜生
  • 学園ヘヴン シリーズ(岩井卓人)
    • 学園ヘヴン〜未来は君のもの〜
    • 学園ヘヴン2〜無敵の3年生〜
    • 学園ヘヴン3〜HAPPY☆パラダイス〜
  • 片恋トラブルメーカー(堀川佑作)
  • カテキョ!(二ノ瀬瑛介)
  • 可愛いひと。2(水沢)
  • 危険なメイド志願!?(ウェイ・リー)
  • 君には届かない。(大原倭斗)
  • 君のつく嘘と本当(黒沢)
  • 嫌いにならないでね 1・2(犬伏)
  • キャンディミルク(嘉島匠
  • くいもの処 明楽(鳥原泰行
  • 草の冠 星の冠(小説家)
  • グッドモーニング(篠原
  • クリムゾン・スペル2(ハルレイン)
  • ケダモノにはご用心(黄義鳳)
  • 恋するバンビーノ(小糸馨
  • 恋のからさわぎ(野球部員)
  • 恋の花2(有斐崎尚迪)
  • コイ茶のお作法2(男子学生)
  • 恋惑星へようこそ(瑞野文彬
  • コイノイロ 「理想の恋人」(牧野
  • COLD シリーズ(藤島啓志
    • COLD SLEEP
    • COLD LIGHT
    • COLD FEVER
  • 虎穴ダイニング(鳴賀[112]
  • 催眠術入門(林周
  • 下がってお待ち下さい(田中智宏
  • 3軒隣の遠い人(高科昇
  • 地獄めぐり 下(烏枢沙摩明王(本来の姿)
  • ショートケーキの苺には触らないで(南里輝)
  • 鈴の音がきこえる(霧島淳)
  • 性の劇薬桂木誠
  • 先輩の焦れったい秘密(
  • SEX PISTOLS 2(青桐王将)
  • 全寮制櫻林館学院〜ルネサンス〜(緑川雪彦)
  • その腕で溺れたい(山田望)
  • それでも、やさしい恋をする(出口晴海
  • 抱かれたい男1位に脅されています7(マシュー)
  • タッチ・ミー・アゲイン(遠田)
  • ダブルミンツ市川光央[113]
  • 男子迷路(楚川)
  • 散る散る、満ちる(如月春水
  • 罪の褥も濡れる夜(伏見広康)
  • ドアをノックするのは誰?(富永肇)
  • どうしても触れたくない(出口)
  • 独裁者の恋(クリス・シン・ナーグラ)
  • 年上の人(永津和臣
  • 閉じ込めたいの(江藤孝一)
  • 友達を口説く方法(柳浦
  • NightS(穂積[114]
  • NIGHTS BEFORE NIGHT(
  • 肉食獣のテーブルマナー(聡司、三田)
  • 濡れトロ3P 大人のオモチャモニター(隼人エバンス)
  • ≠ ノットイコール(末続果[115]
  • 八月七日を探して(北川和馬)
  • 花とうさぎ(相澤守
  • 花のみやこで(蓮見晶
  • 花ムコさん(艸田節)
  • ひそやかな情熱 シリーズ(執行貴史)
    • ひそやかな情熱2 情熱のゆくえ
    • ひそやかな情熱3 情熱の飛沫
    • ひそやかな情熱4 情熱の結晶
    • ひそやかな情熱番外編 艶悪
  • ヒマなのでハジメテみます。(天野凛太郎
  • ヒミツの新薬実験中!(中野裕紀
  • ブーランジェの恋人(藤川聖
  • 僕はすべてを知っている(金沢悠二)
  • マザーズ スピリット(筒月稜一郎
  • マッチ売り(花城青司
  • 真夜中にお会いしましょう(立花涼)
  • やさしいエピローグ(野島渉
  • ヤンデレ天国BLACK〜真誠学園芸能彼氏 編〜(秋月叶汰[116]
  • 夢のような話(加納敦博
  • 夜空のすみっこで(星野
  • 四号×警備―シングル・マインド―(日下大和)
  • ラブミースルーザナイト(時田ひろ
  • リピート・アフター・ミー?(シーグフリード・H・フォーガス)
  • リンクス-Links-(新津秋葉
  • 凛!〜RIN〜(桜沢香一
  • わがままキッチン(尚人
  • わりとよくある男子校的恋愛事情(七瀬陽一)
  • ワンウェイの鍵(椎名智樹

デジタルコミック[編集]

ラジオドラマ[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

カン・ドンウォン
ソン・ジュンギ

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

ラジオ[編集]

※はインターネット配信

ナレーション[編集]

テレビ番組
CM

テレビドラマ[編集]

映像商品[編集]

音楽CD[編集]

ラジオ・トーク・その他CD[編集]

  • ノアとノエル(ノア)
  • 「野島兄弟。」CD〜家族の肖像〜
  • 羊でおやすみシリーズ vol.33「のんびりしながらおやすみ」
  • モモっとトーク パーフェクトCD15 MOMOTTO TALK CD 野島裕史盤
  • 高橋広樹のモモっとトークCD 野島裕史盤
  • 桃のきもち パーフェクトCD 桃パー10 史上最大の桃作戦(ゲスト)
  • ノジとノジのノジマCD

舞台[編集]

  • 喝采(小山剛志主宰のKOYA-MAP第2回公演)
  • 劇団K-Show 8th.PRODUCE「今日の終電明日の始発」
  • ハートキャッチプリキュア! ミュージカルショー(コブラージャ)

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 長弟の健児の名前の由来でもある[15]

シリーズ一覧

  1. ^ 第2シリーズ『AXESS』(2004年)、第3シリーズ『Stream』(2004年 - 2005年)
  2. ^ 第1期『The ANIMATION』(2005年)、第2期『The NATURAL』(2006年)、第3期『The ORIGINATION』(2008年)
  3. ^ 第1期(2005年)、第2期『第二幕』(2007年)
  4. ^ 第1期(2005年 - 2006年)、第2期『II(Second)』(2007年 - 2008年)、第3期『III-FINAL-』(2011年 - 2012年)
  5. ^ 第2シリーズ(2005年 - 2006年)、第3シリーズ(2007年)、第4シリーズ(2008年)、第5シリーズ(2009年)、第6シリーズ(2010年)
  6. ^ 第1期(2010年 - 2012年)、第4期『GO-GO たまごっち!』(2014年)
  7. ^ 第1期(2010年 - 2011年)、第2期(2011年 - 2012年)、第3期(2012年 - 2013年)
  8. ^ 第1期(2011年 - 2012年)、第2期『クロノ・ストーン』(2012年 - 2013年)、第3期『ギャラクシー』(2013年 - 2014年)
  9. ^ 第2期『ニューヴェストロイア』(2011年)、第3期『ガンダリアンインベーダーズ』(2011年)
  10. ^ 第1期(2012年)、第2期(2013年 - 2014年)、第3期(2015年)
  11. ^ 第2シリーズ(2013年 - 2014年)、第3シリーズ(2020年 - 2021年)、第4シリーズ(2022年)
  12. ^ 『XY』(2014年)、『XY&Z』(2016年)
  13. ^ 第1期(2014年)、第2期『GRANDE ROAD』(2014年 - 2015年)、第3期『NEW GENERATION』(2017年)、第4期『GLORY LINE』(2018年)、第5期『LIMIT BREAK』(2022年 - 2023年)
  14. ^ 1stシーズン(2014年 - 2016年)、2ndシーズン(2021年)、3rdシーズン(2021年)
  15. ^ 第1期(2015年)、第2期『ピカイア!!』(2017年)
  16. ^ 第4期『X』(2017年 - 2018年)、第4.5期『X オールスターファイト』(2018年)
  17. ^ 『アレスの天秤』(2018年)、続編『オリオンの刻印』(2018年 - 2019年)
  18. ^ 0話(2018年)、テレビシリーズ(2019年)
  19. ^ 第1クール(2021年)、第2クール(2022年)
  20. ^ 『イナズマイレブン』(2008年)、『2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード』(2009年)、『3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー/ジ・オーガ』(2010年)
  21. ^ 『シャイン/ダーク』(2011年)、『2 クロノ・ストーン ネップウ/ライメイ』(2012年)、『ギャラクシー ビッグバン/スーパーノヴァ』(2013年)
  22. ^ 『ストライカーズ』『2012エクストリーム』(2011年)、『GO 2013』(2012年)

出典[編集]

  1. ^ nojimahirofumiの2019年6月8日のツイート2019年7月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 声優・古谷徹と野島裕史が語る「これだけはNGと思ったお仕事」や「この人は天才だなと思った声優」とは!?【超声優祭2023】”. ニコニコニュース (2023年5月1日). 2023年6月10日閲覧。
  3. ^ 5月1日(金)放送レポート!ゲスト:野島健児さん”. 文化放送. 2023年6月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g “野島裕史”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PE62ba6c6bc54b3ce88ebb6ff8efd5f8507f0e5d24/ 2021年4月2日閲覧。 
  5. ^ a b c nojimahirofumiの2010年7月25日のツイート2023年1月6日閲覧。
  6. ^ “「TARTAROS」,タルタロスちゃんねる第7回のゲストは野島裕史さん”. 4Gamer.net. (2010年11月15日). https://www.4gamer.net/games/033/G003345/20101115038/ 2023年8月16日閲覧。 
  7. ^ a b 野島 祐史”. 日本タレント名鑑. 2023年6月10日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 野島 裕史|株式会社青二プロダクション”. 2020年2月12日閲覧。
  9. ^ a b 『野島兄弟。』が最終回前の最後の公開録音イベントを開催! 『野島兄弟。公開録音〜なつまつり〜』イベントレポート”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2013年8月20日). 2020年2月12日閲覧。
  10. ^ a b 野島健児の長男・透也が声優デビュー 親子3代で声優、父から子へ託す思い「とにかく続けろ」”. ORICON NEWS. 2021年7月31日閲覧。
  11. ^ 野島裕史”. シグマ・セブン. 2018年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月28日閲覧。
  12. ^ a b c 「北方謙三水滸伝」ひとり400役!”. KBCラジオ. 九州朝日放送 (2020年3月30日). 2023年1月6日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 「インタビュー ゲスト:声優・野島裕史」『Private eyes』2016年5月号、近代光学出版社、2016年5月、4-11頁。 
  14. ^ a b c d e 野島健児(インタビュアー:タウンワークマガジン)「声優インタビュー:野島健児【先輩のオフレコ!】2」『タウンワークマガジン, リクルートホールディングス』、2017年9月14日https://townwork.net/magazine/serial/c_offrecord/44804/2023年1月6日閲覧 
  15. ^ a b 「「VOICE TOPICS 野島昭生・智司くん(4歳)」」『アニメージュ』、徳間書店、1983年6月、132頁、2021年10月21日閲覧 
  16. ^ a b c d 柳谷杞一郎、東海林龍、菊地 和俊 著「interview_07 野島健児さん」、声優になる!マガジン編集部 編『きっと声優になる!夢を見ないとはじまらない!!人気声優たちのリアルインタビュー』雷鳥社、2011年10月1日、101頁。ISBN 978-4-8441-3574-6 
  17. ^ a b c 声優・野島裕史に聞く「今求められる演技」とは キーワードは「引き算」”. J-CASTトレンド. 作リエイターズアトリエ. ジェイ・キャスト (2023年7月14日). 2023年8月4日閲覧。
  18. ^ 野島智司 (2008年8月6日). “第2話 ホゲ娘”. ふくおか子育てパーク. 連載子育てコラム. 福岡県立社会教育総合センター. 2023年1月6日閲覧。
  19. ^ a b ラジオドラマ『下町ロケット』ナレーション、音楽などを担当する声優の野島裕史さんにインタビュー! 劇伴を手掛けるまでの経緯は?作曲秘話に迫る!”. アニメイトタイムズ (2020年11月12日). 2024年1月22日閲覧。
  20. ^ a b 【Style of the PRINCE】第4回ゲスト:野島 健児さん Vol.1”. Girls-Style. ビートニクス. p. 1 (2009年11月19日). 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月6日閲覧。
  21. ^ 「語人」野島 裕史”. 語座. 2004年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月25日閲覧。
  22. ^ 野島裕史”. シグマ・セブン. 2001年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月25日閲覧。
  23. ^ nojimahirofumiの2018年5月1日のツイート2018年5月1日閲覧。
  24. ^ a b 野島裕史”. Weblio辞書. 2010年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月10日閲覧。
  25. ^ a b c 声優として喉のケアはどうしてる?”. ENJOY SPORTS BICYCLE. 自転車協会. 2023年8月15日閲覧。
  26. ^ ““野島兄弟”の手先が器用すぎ!健児さんのお料理を裕史さんが粘土で完全再現「もう、兄おかしい」”. にじめん. (2020年5月27日). https://nijimen.net/topics/85308 2023年8月14日閲覧。 
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 「ハマるのが怖くてオフロードに手が出せない」 声優・野島裕史さんの楽しさを凌駕した自転車愛”. ENJOY SPORTS BICYCLE. 自転車協会 (2019年9月17日). 2023年8月15日閲覧。
  28. ^ a b アニメ『弱虫ペダル』第2クール初回となる第13話の先行カットが到着! 新キャストに石垣光太郎役・野島裕史さんも決定!”. アニメイトTV. 2014年1月6日閲覧。
  29. ^ a b c 都内の移動はすべて自転車! 声優界の自転車伝道師 野島裕史さん - cyclist”. cyclist (2012年10月8日). 2021年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月14日閲覧。
  30. ^ a b 自転車に乗っているときは、何を考えていますか”. ENJOY SPORTS BICYCLE. 自転車協会. 2024年1月22日閲覧。
  31. ^ a b c 自転車を漕いでいると健康でいられますか?”. ENJOY SPORTS BICYCLE. 自転車協会. 2024年1月22日閲覧。
  32. ^ a b 野島健児Official Website-Profile-”. 2017年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月1日閲覧。
  33. ^ 『きっと声優になる!夢を見ないとはじまらない!!人気声優たちのリアルインタビュー』、103頁
  34. ^ スタッフ&キャスト”. アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル. 2016年6月10日閲覧。
  35. ^ 美鳥の日々”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2023年2月14日閲覧。
  36. ^ ARIA The ANIMATION”. メディア芸術データベース. 2016年10月20日閲覧。
  37. ^ スタッフ・キャスト”. かりん公式サイト. 2016年6月11日閲覧。
  38. ^ ロミオ×ジュリエット”. GONZO公式サイト. 2016年5月15日閲覧。
  39. ^ スタッフ・キャスト”. あにてれ:イナズマイレブン. イナズマイレブン. テレビ東京. 2020年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月23日閲覧。
  40. ^ スタッフ・キャスト”. あにてれ:イナズマイレブンGO ギャラクシー. イナズマイレブンGO ギャラクシー. テレビ東京. 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月23日閲覧。
  41. ^ スタッフ / キャスト”. 黒子のバスケ ウインターカップ総集編公式サイト. 2016年4月11日閲覧。
  42. ^ STAFF・CAST 絶園のテンペスト”. 絶園のテンペスト公式サイト (2012年8月26日). 2012年8月26日17:14閲覧。
  43. ^ RDG レッドデータガール -キャスト-”. 角川映画. 2013年2月21日閲覧。
  44. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ『神さまのいない日曜日』公式サイト. 2013年4月19日閲覧。
  45. ^ キャスト”. アニメ「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」. 2013年3月1日閲覧。
  46. ^ スタッフ/キャスト”. TVアニメ『ぎんぎつね』公式サイト. 2013年9月6日閲覧。
  47. ^ スタッフ・キャスト”. NHK アニメワールド キングダム. 2020年1月15日閲覧。
  48. ^ Character”. TVアニメ「キングダム」公式サイト. 2020年1月15日閲覧。
  49. ^ 「キングダム」第4シリーズは4月9日放送開始、原泰久「前半期のピークを迎えます」”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年2月17日). 2022年2月17日閲覧。
  50. ^ HUNTER×HUNTER : “蟻編”のキャスト発表 メルエムは内山昂輝、ピトー役に藤村歩”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2013年4月15日閲覧。
  51. ^ 神々と人間、許されざる愛の物語の行方は――? テレビアニメ『神々の悪戯』アフレコ現場より豪華声優陣のロングインタビューをお届け!![前編]”. アニメイトTV. 2014年4月3日閲覧。
  52. ^ TVアニメ『弱虫ペダル』第2期タイトルが『弱虫ペダル GRANDE ROAD』に決定。”. moca. 2014年8月6日閲覧。
  53. ^ 『特別上映版 ワールドトリガー2ndシーズン』前代未聞!!51名の人気キャスト陣が勢ぞろい!!新キャストも発表!”. ワールドトリガー 2ndシーズン. 東映アニメーション. 2020年12月17日閲覧。
  54. ^ キャラクター紹介”. ピカイア. NHK生命大躍進. 2015年7月11日閲覧。
  55. ^ キャラクター紹介”. ピカイア!!. NHK生命大躍進. 2017年5月9日閲覧。
  56. ^ フューチャーカード バディファイトX #1 テレビ東京”. 2017年3月25日閲覧。
  57. ^ STAFF/CAST”. TVアニメ「潔癖男子!青山くん」公式サイト. 2017年6月29日閲覧。
  58. ^ STAFF・CAST”. TVアニメ「刻刻」公式. 2017年10月16日閲覧。
  59. ^ 2018年10月5日(金)よりTVアニメ新シリーズスタート!「イナズマイレブン オリオンの刻印」”. イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード. レベルファイブ (2018年8月27日). 2019年12月25日閲覧。
  60. ^ @gineidenanime (2018年4月2日). "【TOKYO MX放送開始まであと3日】本日の解禁はコルネリアス・ルッツです。演じるのは野島裕史さん!明日の解禁はフリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトです、お楽しみに。". X(旧Twitter)より2020年12月17日閲覧
  61. ^ キャラクター”. TVアニメ「バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜」公式サイト. 2018年11月20日閲覧。
  62. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎』第78話「六黒村の魍魎」より先行カット到着! 写真家・久能(CV:野島裕史)から、亡霊に憑りつかれたという依頼を受けて……”. アニメイトタイムズ (2019年10月19日). 2019年10月19日閲覧。
  63. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ「スケートリーディング☆スターズ」公式サイト. 2020年3月16日閲覧。
  64. ^ 『週刊少年ジャンプ』2021年28号、集英社、2021年6月14日、6頁。 
  65. ^ ポケモン:デンジが11年ぶりテレビアニメ登場 シンオウ地方最強のジムリーダー 野島裕史「また演じられるんだ!」”. MANTANWEB (2021年8月5日). 2021年8月5日閲覧。
  66. ^ aoni_officialの2023-02-03のツイート
  67. ^ 『ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜』2023年夏 TVアニメ化決定!”. TVアニメ『ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜』公式サイト (2023年3月19日). 2023年3月19日閲覧。
  68. ^ “「アンファル」吸血鬼編のPV&ビジュアル解禁、吸血鬼一家役に千葉翔也ら”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年7月11日). https://natalie.mu/comic/news/532450 2023年7月11日閲覧。 
  69. ^ 千年女優”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  70. ^ 劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来”. レベルファイブ. 2022年1月6日閲覧。
  71. ^ メインキャスト決定!”. 映画「伏 鉄砲娘の捕物帳」公式サイト. 2012年7月4日閲覧。
  72. ^ CAST/STAFF”. 『劇場版 弱虫ペダル』公式サイト. 2015年6月17日閲覧。
  73. ^ スタッフ・キャスト”. 映画『心が叫びたがってるんだ。』. 2015年9月11日閲覧。
  74. ^ 作品紹介”. あにめたまご2019. 2019年9月6日閲覧。
  75. ^ 「ヒロアカ」劇場版オリジナルキャラ発表、伊瀬茉莉也、榎木淳弥、梅原裕一郎ら出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年7月17日). 2021年7月17日閲覧。
  76. ^ Staff&Cast”. 『ARIA The BENEDIZIONE』公式サイト. 2021年8月10日閲覧。
  77. ^ “劇場版「Collar×Malice」第1弾キービジュ解禁、新キャストに本渡楓と小西克幸”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年2月5日). https://natalie.mu/comic/news/511683 2023年2月5日閲覧。 
  78. ^ 新作OVA#01「百合の追憶」ゲストキャラクター&CV公開!”. TVアニメ「憂国のモリアーティ」公式サイト (2022年2月4日). 2022年2月5日閲覧。
  79. ^ STAFF/CAST”. アニメ「7SEEDS」公式サイト. 2018年12月27日閲覧。
  80. ^ 『SDガンダムワールド 三国創傑伝』キャスト&スタッフ公開!霧雨アンダーテイカーのEDテーマ全世界配信決定!”. GUNDAM.INFO (2019年7月26日). 2019年7月28日閲覧。
  81. ^ キャラクター 伊月俊”. 黒子のバスケ キセキの試合. 2012年7月13日閲覧。
  82. ^ キャラクター”. 黒子のバスケ 勝利へのキセキ. 2013年12月24日閲覧。
  83. ^ キャラクター”. 黒子のバスケ 未来へのキズナ. 2015年1月30日閲覧。
  84. ^ 登場人物”. 華鬼 〜夢のつづき〜. 2011年11月1日閲覧。
  85. ^ 電撃Girl's Style2013年5月号』、アスキー・メディアワークス、2013年4月、[要ページ番号] 
  86. ^ キャラクター”. 変態王子と笑わない猫。. 2013年8月8日閲覧。
  87. ^ EVENT”. ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン. 2014年7月10日閲覧。
  88. ^ CHARACTER”. 弱虫ペダル 明日への高回転. 2014年11月20日閲覧。
  89. ^ CAST”. 神々の悪戯 InFinite(かみがみのあそび インフィニット). 2014年7月10日閲覧。
  90. ^ 坂本武郎(編)「カラー×マリス」『B's-LOG』2016年1月号、エンターブレイン、2015年11月20日、78頁、雑誌 07651-01。 
  91. ^ 「金色のコルダ4」『B's-LOG』2016年1月号、102頁。 
  92. ^ Character”. リゾートへようこそ 〜総支配人は恋をする〜. 2016年1月10日閲覧。
  93. ^ アイカツ!&アイカツスターズ!アニメ公式 (@aikatsu_anime)”. Twitter (2017年5月7日). 2017年5月8日閲覧。
  94. ^ 登場人物”. 花朧 〜戦国伝乱奇〜. オトメイト. 2016年7月13日閲覧。
  95. ^ FE_Heroes_JPの2022年6月8日のツイート2022年6月8日閲覧。
  96. ^ ニンテンドードリーム』2021年10月号付録「ポケモンマスターズEX キャラクター図鑑 2021」、徳間書店、2021年8月、10頁。 
  97. ^ Characters”. ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜. コーエーテクモゲームス. 2019年6月27日閲覧。
  98. ^ mahoyaku_infoのツイート(1201455973816291328)
  99. ^ CHARACTERS”. ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜. コーエーテクモゲームス. 2020年11月12日閲覧。
  100. ^ Character”. 【魔女の泉3 Re:Fine】. 2020年10月8日閲覧。
  101. ^ CHARACTER”. 金色のコルダ スターライトオーケストラ 公式サイト. 2020年11月24日閲覧。
  102. ^ 『SHOW BY ROCK!! Fes A Live』公式の2021年4月20日のツイート2021年4月20日閲覧。
  103. ^ Kingdom_Dashのツイート(1375991056248963072)
  104. ^ 登場人物”. 『ルーンファクトリー5』. マーベラス. 2021年3月18日閲覧。
  105. ^ 刀剣男士/他”. 『刀剣乱舞無双』公式サイト. EXNOA. 2021年9月24日閲覧。
  106. ^ CHARACTERS”. ライザのアトリエ3 〜終わりの錬金術士と秘密の鍵〜. コーエーテクモゲームス. 2022年12月3日閲覧。
  107. ^ モンスト、TVアニメ『キングダム』との初コラボを9月1日(金)0:00より開催!”. PR TIMES (2023年8月31日). 2023年9月1日閲覧。
  108. ^ KRBS_SRの2023年07月08日のツイート2024年1月15日閲覧。
  109. ^ 『ペルソナ3 リロード』真田、美鶴、風花の新戦闘服と「タルタロス」の紹介、街中で出会えるキャラクターなど最新情報を続々公開!”. ペルソナチャンネル (2023年11月9日). 2023年11月9日閲覧。
  110. ^ ドラマCD『イナズマイレブンGO 特訓の絆!!』6/28に発売決定!”. アニメイトTV. 2013年6月14日閲覧。
  111. ^ 小林裕介や野島裕史ら豪華キャストが出演! 青春ボーイズストーリー『君には届かない。』ドラマCDが付録の「月刊コミックジーン1月号」 12月13日(金)発売!”. 2019年12月14日閲覧。
  112. ^ movic_mediaのツイート(506763866601046017)
  113. ^ ダブルミンツ”. ascolto web. 2012年8月2日閲覧。
  114. ^ NightS”. リブレ出版. 2013年5月24日閲覧。
  115. ^ New Release”. Atis collection. 2012年8月9日閲覧。
  116. ^ ドラマCD「ヤンデレ天国BLACK〜真誠学園芸能彼氏 編〜」”. HOBiRECORDS. 2013年2月20日閲覧。
  117. ^ 【ボイスコミック】CV麻倉もも、夏川椎菜、戸松遥ほか『アルマギア』人気歌姫音楽プロジェクトが遂にコミック化!』(YouTube)双葉社公式コミックチャンネル、2022年9月17日https://www.youtube.com/watch?v=jRLDQl9CZ182022年9月18日閲覧 
  118. ^ 新感染半島 ファイナル・ステージ”. ギャガ. 2021年4月17日閲覧。
  119. ^ “ヴィンチェンツォ”. ふきカエル大作戦!!. (2021年6月8日). https://www.fukikaeru.com/?p=16020 2021年6月8日閲覧。 
  120. ^ 「クルエラ」吹替版キャストに塩田朋子ら、花江夏樹は中性的な雰囲気の店員に”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年5月14日). 2021年5月14日閲覧。
  121. ^ “「チップとデールの大作戦」チプデ役は石川界人、野島裕史「腰が抜ける」「耳を疑った」”. 映画ナタリー. https://natalie.mu/eiga/news/474955 2022年4月27日閲覧。 
  122. ^ 登場人物”. ヘチ 王座への道. NHK. 2019年12月1日閲覧。
  123. ^ 番組内コーナー『ツアー・オブ・ジャパン』のパーソナリティ(自転車伝道師)として出演。2015年10月より、番組内コーナーから単独番組に昇格。
  124. ^ "【TVCM】ゆるキュンBLシリーズ 30秒Ver". YouTube KADOKAWAオフィシャルチャンネル. 10 January 2022. 2022年6月21日閲覧
  125. ^ "【TVCM】ゆるキュンBLシリーズ 君には届かない。Ver". YouTube KADOKAWAオフィシャルチャンネル. 3 February 2022. 2022年6月21日閲覧
  126. ^ 人狼バトル ――生き残るのは人間か、人狼か。”. マリンエンタテインメント. 2015年11月5日閲覧。
  127. ^ ある男 - 日本最大級のオーディオブック配信サービスaudiobook.jp”. audiobook.jp (2019年10月30日). 2021年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]