ヒルクライム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒルクライム(hill climb)とは、登坂競技のこと。丘陵の上りに設定されたコースを走るタイムレースである。

本稿では、主にロードバイクを用いる自転車競技について記述する。

ヒルクライムの特徴[編集]

重力に逆らって上るため、筋力よりも軽量であることがものをいい、クライマーと呼ばれる小柄な選手が活躍する。また、自転車本体をはじめ、機材の軽量化が重要である。

平地のレースでは、一般的に集団走行となることが多いのに対し、上り坂では実力に応じてタイム差が大きくつく。そのため他車との接触の危険性が少なく、マイペースで走る競技としても人気がある。

日本の主な自転車ヒルクライムレース[編集]

自転車競技以外のヒルクライム[編集]

モータースポーツマラソン駅伝などについても同様のレースがある。代表的なものでは、アメリカの自動車レースであるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなどがある。

関連項目[編集]