比叡山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
比叡山
Sakura MtHiei.jpg
比叡山と桜(京都市左京区から)
標高 848.3 m
所在地 滋賀県大津市
京都府京都市左京区
位置 北緯35度03分57秒
東経135度50分04秒
テンプレートを表示

比叡山(ひえいざん)とは、滋賀県大津市西部と京都府京都市北東部にまたがる。大津市と京都市左京区の県境に位置する大比叡(848.3m)と左京区に位置する四明岳(しめいがたけ、838m)の二峰から成る双耳峰の総称である。大比叡の一等三角点は大津市に所在する。高野山と並び古くより信仰対象の山とされ、延暦寺日吉大社があり繁栄した。東山三十六峰に含まれる場合も有る[1]。別称は叡山、北嶺、天台山、都富士など。

概要[編集]

京都の鬼門にあたる北東に位置することもあり、比叡山は王城鎮護の山とされた。古事記では比叡山は日枝山(ひえのやま)と表記され、大山咋神が近江国の日枝山に鎮座し、鳴鏑を神体とすると記されている。延暦寺が日枝山に開かれて以降、大比叡を大物主神とし小比叡を大山咋神とし地主神として天台宗・延暦寺の守護神とされ、大山咋神に対する山王信仰が広まった。また比叡山山頂の諸堂や山麓の日吉大社などを参拝して歩く回峰行も行われ信仰の山である。

登山も盛んで、代表的な登山口としては京都市左京区修学院から登る雲母(きらら)坂、滋賀県側の門前町・坂本から無動寺谷を通って登る登山道などがある。雲母坂は古くから京都と延暦寺を往復する僧侶・僧兵や朝廷の勅使が通った道であり、現在も登山客は多い。山内には大津から京都大原方面へ抜ける東海自然歩道が通っている。

有料道路やケーブルカー、ロープウェイで山頂まで行けるため、休日には観光客が多く訪れる。かつては比叡山頂遊園地比叡山人工スキー場があったが、それぞれ2000年平成12年)、2002年(平成14年)に完全閉鎖され、山頂遊園地の跡地は美術館「ガーデンミュージアム比叡」、スキー場の跡地はコスモス園になっている。また、京都側のふもとの八瀬にはスポーツバレー京都(森のゆうえんち)もあったが、こちらも2001年(平成13年)11月30日に閉鎖された。跡地にはリゾートトラストによって、会員制リゾートホテルが建てられた。

大比叡と四明岳[編集]

大比叡に設置された一等三角点。点名は比叡山である。

国土地理院による測量成果では、東の頂を大比叡、西の頂を四明岳、総称として比叡山としている。「点の記」では、東の頂に所在する一等三角点の点名を「比叡山」としている。この三角点は大津市と京都市の境に位置するが、所在地としては大津市にあたる。

京都盆地から比叡山を見た場合、大比叡の頂を確認することが難しく、四明岳を比叡山の山頂だと見なすことがある。京福電気鉄道叡山ロープウェイにおいては、四明岳の山頂をもって比叡山頂駅と設定している。四明岳の表記、あるいは読みには多数の説があり、国土地理院による「四明岳(しめいがたけ、しめいだけ)」のほか、「京都市の地名」では「四明ヶ岳(しめがたけ)」、「四明峰(しみょうのみね)」などを挙げている。比叡山の別称である天台山、ならびに四明岳の名称は、天台宗ゆかりの霊山である中国天台山、四明山に由来する。

地形[編集]

琵琶湖側から見る比叡山(左端)

丹波高地ならびに比良山地とは花折断層を境にして切り離されている。このため、比叡山地、あるいは比叡醍醐山地に属するとされる。

交通[編集]

テレビ放送所[編集]

京都市左京区の側には、京都府をエリアとするテレビ局の親局が設置されている。

在阪各局の中継局設置[編集]

  • 2009年(平成21年)12月25日総務省近畿総合通信局2010年(平成22年)夏ごろを目処として、京都市内および周辺地域の建築物の高層化や地形等の影響による生駒山送信所からの受信障害を解消するため、近畿広域圏を放送対象地域とする各局についても中継局を設置する構想を明らかにした。
  • 京都盆地内ではKBS京都開局以来、生駒山向きVHFアンテナと比叡山向きUHFアンテナの2本設置が一般的であったが、テレビ大阪の開局以降生駒山もしくはテレビ大阪枚方中継局大阪府三島郡島本町)向きにもUHFアンテナを設置することにより同局を区域外受信する世帯が多くあった。一方、同局の開局以前に建設された建物や京都市北部など、生駒山向きのUHFアンテナを設置していない世帯も多くあったが、地上デジタル対応に伴いUHFアンテナを生駒山向きにも設置する世帯は漸次増加した。
  • 一方、生駒山送信所からの地上デジタル放送の受信が困難な地域(ビル影、長岡京市の一部など)が存在した。地上デジタル放送では、中継所を集約し少ない中継局でより広いエリアをカバーすることを基本としている[2]が、比叡山への新たな中継局の設置は、各世帯の既存の設備(比叡山向きのUHFアンテナ)のままで受信困難を解消する方策として考えられたものである[3]

[4]正式な名称は「京都デジタルテレビジョン中継放送局」と決まったが[要出典]、NHK教育については京都局が維持管理を担当して大阪局の番組を放送する。広域民放についてもNHK京都とKBS京都の施設を間借りし、新たに建てた鉄塔から送信する。

  • 2010年(平成22年)7月9日、開局日が同年7月24日になるとの発表がなされた[5][6]。なお、この日はテレビ放送のデジタル完全移行1年前にあたるほか、地上デジタル放送の普及イベント[7]を行なうことが開局日決定以前から企画されていた[8]。開局当初は2Wで運用されていたが、2010年(平成22年)9月27日から定格(フルパワー)の20Wに増力された。

現存する局の概要[編集]

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

リモコン
キーID
放送局名 コールサイン 物理
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 NHK
京都総合
JOOK-DTV 25ch 1kW 6.6kW 京都府 約1,130,000世帯 2005年4月1日
2 NHK
大阪Eテレ
(京都中継局) 40ch 20W 360W 全国放送 約537,000世帯 2010年7月24日
4 MBS
毎日放送
33ch 近畿広域圏 約574,000世帯
5 KBS
京都放送
JOBR-DTV 23ch 1kW 4.9kW 京都府 約1,250,000世帯 2005年4月1日
6 ABC
朝日放送
(京都中継局) 38ch 20W 360W 近畿広域圏 約574,000世帯 2010年7月24日
8 KTV
関西テレビ放送
42ch
10 ytv
讀賣テレビ放送
35ch
広域局中継局の試験放送開始日

NHK Eテレと在阪広域民放局の放送エリアは以下の全域又は一部地域。

マルチメディア放送送信設備[編集]

放送局名 周波数
(MHz)
空中線電力 ERP 主な放送対象地域 放送区域
内世帯数
モバキャス
NOTTV
214.714286 7.5kW 23kW 京都市・大津市奈良市大阪市 約-万世帯

廃止された局の概要[編集]

地上アナログテレビジョン放送送信設備[編集]

放送局名 コールサイン チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日 放送終了日
NHK京都
総合
JOOK-TV 32ch 映像10kW/
音声2.5kW
映像66kW/
音声16.5kW
京都府 不明 1972年3月13日 2011年7月24日
KBS
京都放送
JOBR-TV 34ch 映像45kW/
音声11kW
1968年12月24日

正式な放送所名[編集]

  • NHK京都総合・大阪Eテレ…比叡山テレビ放送所
  • KBS…比叡山テレビ送信所

備考[編集]

  • 近畿広域圏を放送対象地域とする各局(NHK大阪Eテレ、MBS、ABC、KTV及びytv)については、当中継局開局前に於いては、デジタル・アナログとも生駒山送信所からの電波を直接受信して視聴しているほか、NHK総合についても、京都盆地ではアナログ直接受信に限れば生駒山送信所から送出されるNHK大阪総合を視聴している世帯が少なくない。但しデジタル放送では、テレビ機器の設定により京都局が優先的に設定され、大阪局には(受信場所により摩耶山送信所から送信の神戸局松尾山送信所から送信の奈良局も)枝番が付く。
  • なお、同じ放送局でも大阪局(生駒山)と京都局(比叡山)の両方にUHFアンテナを向けて受信している場合、NHK総合は「京都」と「大阪」でそれぞれスキャンされるため枝番が付くが、NHK大阪Eテレ、MBS、ABC、KTV及びytvは近畿広域圏全域で同じ放送局名となっているため枝番は付かず、電界強度(アンテナレベル)の高い送信所の放送局がスキャンされる。
  • また、この京都中継局(広域・Eテレ)はDpaによる放送エリアは京都盆地内のみとされていたが大津方向の比叡平地区でも受信ができたため、広域民放4局の比叡平中継局は2011年(平成23年)3月に廃止となった。[9]
  • KBSのデジタルテレビにおけるリモコンキーID「5」は、和歌山県テレビ和歌山と同じである。参考までに、近畿2府4県でみると、「3」は兵庫県サンテレビジョン滋賀県びわ湖放送に、「7」は大阪府テレビ大阪に、「9」は奈良県の奈良テレビ放送に割り当てられ、それぞれ隣接府県で重複しない番号となっている(そのあたり、TOKYO MXの「9」以外が全て「3」の統一された関東とは正反対である)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東山の北端を比叡山とする説と、その一つ南となる如意ヶ嶽とその支峰、大文字山等とする説がある。近年は比叡山も含むとする勢力が強いとする文献もあるが、もともと東山三十六峰自体の定義が曖昧であり(そもそも三十六と言う数字にも意味がない)結論を見ていない。詳しくは当該項目や如意ヶ嶽を参照。
  2. ^ 県外に中継局を設置する「域外中継局」の事例もある。近隣地域の事例では、奈良テレビ放送のデジタル親局をアナログ放送で使用していた松尾山送信所ではなく生駒山に設置し、1本のUHFアンテナで県内を放送対象地域とする全ての民放局を受信できる世帯を増やす施策を採っている。
  3. ^ “京都・比叡山に広域放送地上デジタル放送中継局の設置を計画 ~京都市等における地上デジタルテレビ放送の難視聴を解消~” (プレスリリース), 総務省 近畿総合通信局, (2009年12月25日), オリジナルの2011-07-01時点によるアーカイブ。, http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2401781/www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/new/2009/091225_01.html 2009年12月26日閲覧。 
  4. ^ 一般的な対応方法として、受信困難な地域を対象とした小規模の中継局を設置することが考えられるが、対象地域の各世帯は新たにアンテナの方向を変更するなどの作業が必要となるほか、中継局の設置に関する費用が問題となる。
  5. ^ 京都・比叡山の地上デジタル放送中継局の開局について - 総務省 近畿総合通信局
  6. ^ 京都・比叡山の地上デジタルテレビ放送中継局が開局~京都市等における地デジ難視聴を解消~ 総務省 近畿総合通信局(2010年7月9日
  7. ^ イベント名は、「日本全国地デジカ大作戦 in 京都〜2010年夏、京の地デジは比叡から!〜」。
  8. ^ PRテーマは、広域局の京都中継局開局及びテレビの完全デジタル化1年前。この日にアナログ放送が終わった石川県珠洲市を始めとして、全国各地でも同様のイベントが展開された。
  9. ^ 総務省近畿総合通信局によると大津市比叡平地区はNHK京都総合とKBS京都は比叡山送信所の正式な地上デジタル放送のエリアとしてカバーされているが、NHK大阪Eテレと広域民放4社は比叡山送信所の正式な地上デジタル放送のカバーエリアではない。

関連項目[編集]

関西圏他府県のテレビ・FM送信所・基幹中継局

外部リンク[編集]