東海自然歩道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東海自然歩道の起点(東京都八王子市)

東海自然歩道(とうかいしぜんほどう)は、東京都八王子市高尾の「明治の森高尾国定公園」から大阪府箕面市箕面の「明治の森箕面国定公園」までの11都府県約90市町村にまたがる長さ1,697 km長距離自然歩道である[1]。 自然遊歩道は、いくつも点在する関係自然公園のなか通過しており、起点にある明治の森高尾国定公園や、終点にある明治の森箕面国定公園のほか沿線には、富士箱根伊豆国立公園(神奈川・山梨・静岡県)、丹沢大山国定公園(神奈川県)、天竜奥三河国定公園(長野・静岡・愛知県)、揖斐関ヶ原養老国定公園(岐阜県)、飛騨木曽川国定公園(岐阜・愛知県)、愛知高原国定公園(愛知県)、鈴鹿国定公園(滋賀・三重県)、室生赤目青山国定公園(三重・奈良県)、大和青垣国定公園(奈良県)、琵琶湖国定公園(滋賀県)がある[2]

歴史[編集]

整備された道標

1969年昭和44年)、厚生省(後に担当部局は環境省に継承)が長距離自然歩道を作る事を提案し、1970年(昭和45年)から関係自治体の協力のもとに整備が始められ、1973年(昭和48年)に完成した[3]

経緯[編集]

東海自然歩道の構想は、1969年(昭和44年)の年頭において厚生省の施策として発表された。 各地方のインフラ整備や都市の過密化が急激に進められ、四大公害病等の高度経済成長の影の面が顕在化し始めた当時、憩いの場としての自然を見直そうというこの構想は、国民から絶大な支持を得て、以後これに倣って数々の自然歩道が整備された[4]

東海自然歩道の企画と実現には、当時の厚生省国立公園部(後の環境庁国立公園局[4]。更に後の環境省国立公園課)に在籍していた大井道夫の尽力によるところが大きい[5]。 厚生省時代から国立公園に携わり、環境庁設立と共に入庁した大井は、アメリカアパラチア山脈などで建設されていた自然歩道をヒントに、日本初の自然歩道である東海自然歩道を企画し実現した[6]。 この二つの国定公園を歩道で結ぶという企画を契機として、道中の高原湿原峡谷等が、次々と国定公園に指定された[6]観光地でも僻地でもないが、自然の生態系が存在している区域を公園に指定したこの試みは、観光地としての意味あいが強かった国定公園に、保護林ネットワークとしての役割を持たせ、後の国定公園のあり方について示唆を与えることとなった[6][5]

コース[編集]

コースの概略図

国土地理院の2万5千分1の地形図上には、「東海自然歩道」の表記が要所になされている[7]

通過する自治体[編集]

恵那コース[編集]

山之辺コース[編集]

笠置町内の東海自然歩道山之辺の道コースと木津川(ここでは、写真右手の橋を行く)
宇治市、宇治神社前

主な山[編集]

高尾山~城山の登山道
東海自然歩道の最高地点、姫次から望む富士山
大界木山~中ノ丸間にある城ヶ尾峠
鍋倉山避難小屋

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東海自然歩道”. 環境省. 2012年1月30日閲覧。
  2. ^ 浅井建爾 2001, p. 179.
  3. ^ 浅井建爾 2001, p. 178.
  4. ^ a b 昭和45年厚生労働白書より
  5. ^ a b 『グリーン・エージ. 20(4)』森林資源総合対策協議会刊
  6. ^ a b c 『観光文化 199号』(日本交通公社刊(こちらに、その本の紹介文があります)
  7. ^ 地図閲覧サービス(東海自然歩道)”. 国土地理院. 2012年1月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 浅井建爾 『道と路がわかる辞典』 日本実業出版社2001年11月10日、初版、178-179頁。ISBN 4-534-03315-X
  • ふれあいウォーク東海自然歩道 東海版 愛知・岐阜・三重スーパー絵地図ガイド ISBN 4833100762
  • 東海自然歩道 日帰りハイキング〈1〉高尾山‐奥三河 ISBN 4635500136
  • 東海自然歩道 日帰りハイキング〈2〉奥三河‐鈴鹿峠 ISBN 4635500144
  • 東海自然歩道 日帰りハイキング〈3〉箕面公園‐鈴鹿峠 ISBN 4635500152

関連項目[編集]

外部リンク[編集]