多良岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多良岳
雲仙市吾妻町より望む
雲仙市吾妻町より望む
標高 996 m
所在地 日本の旗 日本
佐賀県藤津郡太良町
長崎県諫早市
位置 北緯32度58分31.7秒
東経130度05分33秒
座標: 北緯32度58分31.7秒 東経130度05分33秒
山系 多良山地
種類 成層火山溶岩ドーム
多良岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
Taradake Volcano Relief Map, SRTM.jpg

多良岳(たらだけ)は、九州長崎県佐賀県の県境に位置する火山の主峰。標高 996 m。多良火山としては約130-100万年前と約80万~40万年前に活動した。

周辺は多良岳県立自然公園に制定されており、山頂には太良岳神社がある。

主な登山道[編集]

多良岳水源の森[編集]

多良岳北東の多良川糸岐川に挟まれた裾野の上部に位置する森林で、多良岳水源の森として水源の森百選に指定されている[1]

山岳 面積(ha) 標高(m) 人工林(%) 天然林(%) 主な樹種 制限林 種類 流量(m3/日)
多良岳 120 500 ~996 0 100 ツクシシャクナゲマンサクナナカマドケヤキベニドウダン 水源かん養保安林、保健保安林、土砂流出防備保安林  湧水源     4,000

水源の森から浸透した水は成層火山が形成した緩やかな傾斜に沿い伊福川、多良川、糸岐川、休石川田古里川に湧出し有明海に注ぐ。裾野は林業や農業が盛んで、多良岳材[2]としてブランド化を推進している。

  • 所在地:佐賀県藤津郡太良町大字多良字多良嶽(データは指定年1995年平成7年)7月

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]