和歌山テレビ送信所・中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和歌山テレビ送信所・中継局(わかやまてれびそうしんしょ・ちゅうけいきょく)は、和歌山県和歌山市に置かれているテレビ放送の送信所である。

概要[編集]

和歌山テレビ送信所・中継局は、NHK和歌山放送局総合テレビテレビ和歌山の親局送信所であるとともに、NHK大阪放送局教育テレビと在阪広域民放テレビ局の中継局であり、県北部の広範囲に電波を発射している。

中継局概要[編集]

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
番号
放送局名 呼出符号 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象
地域
放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK
和歌山総合
JORP-DTV 23 100W 470W 水平偏波 和歌山県 約16万世帯 2005年
6月1日
2 NHK
大阪教育
(なし) 13 3W 53W 全国 約11万世帯
4 MBS
毎日放送
16 近畿広域圏 2006年
10月1日
5 WTV
テレビ和歌山
JOOM-DTV 20 100W 440W 和歌山県 約16万世帯
6 ABC
朝日放送テレビ
(なし) 15 3W 53W 近畿広域圏 約11万世帯
8 KTV
関西テレビ
17
10 ytv
讀賣テレビ
14
  • 所在地:和歌山市木ノ本字目女谷1796番地(甲山)

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル
番号
放送局名 呼出符号 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象
地域
放送区域
内世帯数
運用開始日 運用終了日
25 NHK
大阪教育
(なし) 映像30W/
音声7.5W
映像510W/
音声125W
水平偏波 全国 - - 2011年
7月24日[1]
30 WTV
テレビ和歌山
JOOM-TV 映像1kW/
音声250W
映像4.4kW/
音声1.1kW
和歌山県 1979年
4月1日[2]
32 NHK
和歌山総合
JORP-TV 映像4.7kW/
音声1.15kW
-
42 MBS
毎日放送
(なし) 映像30W/
音声7.5W
映像500W/
音声125W
近畿広域圏 1980年
3月29日[3]
44 ABC
朝日放送
46 KTV
関西テレビ
48 ytv
讀賣テレビ
  • 所在地: デジタルテレビ放送に同じ

マルチメディア放送[編集]

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 主な
放送区域
放送区域
内世帯数
運用開始日 サービス終了日
214.714286MHz Jモバ
和歌山MMH
500W 6.1kW 和歌山県北部と
大阪府南部の一部
- 2012年
11月15日
2016年
6月30日[4][5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ よくある質問(Q &A)問4.東北3県(岩手、宮城、福島)において、今のアナログ放送はいつまで見ることができますか?”. 総務省. 2020年5月28日閲覧。
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑 昭和55年度』洋文社、1980年、505頁。 
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑 昭和55年度』洋文社、1980年、502-505頁。 
  4. ^ 「テレビと呼ぶには、面白すぎる」NOTTV、4年超でサービス終了 IT Media 2016年6月30日 2020年5月24日閲覧
  5. ^ 放送大学学園の使用していた周波数及びV-High帯域の現状”. 総務省 (2018年11月19日). 2020年5月24日閲覧。