氷ノ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
氷ノ山(須賀ノ山)
Hyonosen01s1600.jpg
標高 1,509.6 m
所在地 日本の旗 日本
兵庫県養父市
鳥取県八頭郡若桜町
位置 北緯35度21分14秒
東経134度30分49秒
座標: 北緯35度21分14秒 東経134度30分49秒
山系 中国山地 氷ノ山山系
氷ノ山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

氷ノ山(ひょうのせん)は、兵庫県養父市鳥取県八頭郡若桜町との県境にある標高1,510mである。須賀ノ山とも呼ばれる。日本二百名山ふるさと兵庫50山のひとつに選定されている。

概要[編集]

氷ノ山は兵庫県最高峰で、中国地方では大山に次ぐ高峰である。成因は300万年ほど前に活動した海底火山と考えられ、山頂近くにある古生沼(こせぬま)が火口跡と言われているが確証はない。[要出典]西麓の若桜町舂米(つくよね)ではビカリアなどの新生代の海生生物の化石を産する。標高800m以上の山腹にはブナの自然林が残り、天然記念物イヌワシツキノワグマが生息する。

瀞川平那岐山などとともに氷ノ山後山那岐山国定公園に指定されている。豪雪地帯に位置するため近代以降、西麓および東麓とその北隣の鉢伏山にかけて多くのスキー場が建設されているがそれ以外は原生林が保全されており「21世紀に残したい日本の自然100選」や「日本の秘境100選」などに選ばれている。

稲羽誌によれば、天照大神が旭日に映える樹氷を見てヒエの山と呼んだことが名前の由来であるといわれている。山麓の舂米集落には天照大神の御製が伝わる。鳥取県側では、伊勢道として、天照大神が実際に通られた道として、江戸時代には伊勢参りの際に利用された。伊勢道の途中に天照大神が腰掛けたとされるさざれ石がある。(平成21年6月10日日本海新聞記事より)

主な登山ルート[編集]

兵庫県側
  • 東尾根コース: 氷ノ山国際スキー場(奈良尾キャンプ場) ⇒ 東尾根避難小屋 ⇒ 神大ヒュッテ ⇒ 山頂避難小屋 (登り170分、下り120分)
  • 大段ヶ平コース: 大段ヶ平登山口 ⇒ 大段ヶ平 ⇒ 神大ヒュッテ ⇒ 山頂 (登り150分、下り120分)
鳥取県側
  • 氷ノ越コース: わかさ氷ノ山キャンプ場 ⇒ 氷ノ越 ⇒ 仙谷分岐 ⇒ 山頂 (登り120分、下り90分)
  • 仙谷コース: わかさ氷ノ山スキー場 ⇒ 仙谷分岐 ⇒ 山頂 (登り150分、下り105分)
  • 三の丸コース: わかさ氷ノ山スキー場 ⇒ 三ノ丸避難小屋 ⇒ 山頂 (登り170分、下り110分)

交通アクセス[編集]

兵庫県側、中腹の氷ノ山国際スキー場より稜線を望む
鳥取県側、わかさ氷ノ山自然ふれあいの里より山頂を望む
兵庫県側登山口まで

JR山陰本線 八鹿駅から全但バス「鉢伏」行で約50分、「福定」下車

鳥取県側登山口まで

若桜鉄道若桜駅からクローバーバス舂米線で約25分、「氷ノ山ふれあいの里」下車(冬季は「氷ノ山スキー場」まで運行)

高速道路(兵庫県側)

北近畿豊岡自動車道 八鹿氷ノ山IC[1]から国道9号を経由し養父小代線で「氷ノ山スキー場」方面へ

山内にある施設[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]