天台山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天台山(てんだいさん)は、中国浙江省東部の天台県の北方2kmにある霊山である。最高峰は華頂峰で標高1,138m。

概要[編集]

洞栢峰・仏隴峰・赤城峰・瀑布峰などの峰々が存在する。中国三大霊山の一つ。仏教との関係では、天台智顗、あるいは 智ギ(538-597)が太建7年(575年)からこの天台山に登って天台教学を確立した。601年ごろ天台山で、国清寺を修復して教団の生活規定を制定した。

赤烏中(238年 - 251年)に仏教寺院が建立された、という伝承がある。支遁曇光竺曇猷らの僧が、この山中に住した。また、後漢のころから道教の聖地ともされていた。

竺曇猷は天台県の隣の三門県でも活躍し、国清寺の下院として密教の道場多宝講寺なども建立してある。[1]

法華経を根本経典とした中国天台宗の開祖智顗ゆかりの地として、古くから仏教信仰を集めている。仏隴峰の南山麓に天台大師(智顗)の国清寺がある。旧字表記による天臺山は、誤表記であり、五臺山とは異なり、天台山は、古来より天台山と表記されている。ただし、天台山の名は日本では日本天台宗山門派の総本山の比叡山滋賀県大津市)の別名として使われることもある。

この地方は、海上名山の台州の一部として古来伝説の越の人が住んでおり、越語が今も田舎や山中などで話される。中国政治中心からかなり離れたところなので、庶民文化はゆったりと南方特有の女性中心で、縦関係を尊ぶ中原漢文化からの影響は少ないといわれる。仏教は今も天台やその東の三門県でさかんである。

当山の寺院[編集]

  • 国清寺
  • 大慈寺
  • 天封寺
  • 真覚寺
  • 方広寺
  • 高明寺
  • 華頂寺

など。

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]





外部リンク[編集]

 関係資料 [編集]

  • Zhengzhang Shangfang [郑张尚芳]. 1990. "Some Kam-Tai Words in Place Names of the Ancient Wu and Yue States" [古吴越地名中的侗台语成份]. In Minzu Yuwen 6.