天台山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯29度10分44秒 東経121度02分32秒 / 北緯29.178843度 東経121.042213度 / 29.178843; 121.042213 天台山(てんだいさん)は、中国浙江省東部の天台県の北方2kmにある霊山である。最高峰は華頂峰で標高1,138m。

旧字表記でも天台山であり、天臺山は誤り。

概要[編集]

洞栢峰・仏隴峰・赤城峰・瀑布峰などの峰々が存在する。中国三大霊山の一つ。仏教との関係では、天台智顗(538-597)が太建7年(575年)からこの天台山に登って天台教学を確立した。

赤烏中(238年 - 251年)に仏教寺院が建立された、という伝承がある。支遁曇光竺曇猷らの僧が、この山中に住した。また、後漢のころから道教の聖地ともされていた。

竺曇猷は天台県の隣の三門県でも活躍し、国清寺の下院として密教の道場多宝講寺なども建立してある。[1]

法華経を根本経典とした中国天台宗の開祖智顗ゆかりの地として、古くから仏教信仰を集めている。仏隴峰の南山麓に天台大師(智顗)の国清寺がある。

天台山の名は日本では日本天台宗山門派の総本山の比叡山滋賀県大津市)の別名として使われることもある。

主要な寺院[編集]

  • 国清寺
  • 大慈寺
  • 天封寺
  • 真覚寺
  • 方広寺
  • 高明寺
  • 華頂寺

脚注[編集]

  1. ^ [1][リンク切れ]

関連項目[編集]

関係資料 [編集]

  • 郑张尚芳「古吴越地名中的侗台语成份」、『民族语文』1990年第6期1990年、 16-18頁。