アルグン市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 内モンゴル自治区 額爾古納市
蒙兀室韋ソムを流れるアルグン川。対岸はロシアのザバイカリエ地方
蒙兀室韋ソムを流れるアルグン川。対岸はロシアザバイカリエ地方
簡体字 额尔古纳
繁体字 額爾古納
拼音 É'ĕrgŭnà
カタカナ転写 アーアールグーナー
モンゴル文字 ᠡᠷᠬᠥᠨ᠎ᠠ
ᠬᠣᠲᠠ
モンゴル語ローマ字転写 Эргүнэ хот
満州語 erugune
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
地級市 フルンボイル市
行政級別 県級市
面積
総面積 28,000 km²
人口
総人口(2004) 9 万人
経済
電話番号 0470
郵便番号 022250
行政区画代碼 150784
市樹 白樺
市花 アツモリソウ
公式ウェブサイト http://www.eegn.gov.cn/

アルグン市(アルグンし、モンゴル語: Эргүнэ хотᠡᠷᠬᠥᠨ᠎ᠠ
ᠬᠣᠲᠠ
)は中華人民共和国内モンゴル自治区ホロンバイル市に位置する県級市

地理[編集]

アルグン市は内モンゴル自治区大興安嶺北西麓、ホロンバイル草原の北端のアルグン川東岸に位置している。北東は黒竜江省漠河県、東はゲゲンゴル市(根河市)、南東はヤクシ市(牙克石市)及びホーチン・バルグ旗、西はアルグン河をはさみロシアと接している。

歴史[編集]

1727年雍正5年)、清朝はエルグネ河(erugune bira、額爾古納河、アルグン河)流域にカルン(karun、卡倫、見張り所)を設置、辺境防衛と地方行政を担当し清代末、中華民国初年まで存続した。1920年中華民国政府室韋県及び奇乾設治局(翌年に奇乾県に改編)を設置。1933年大同2年)満州国により室韋県及び奇乾県はエルグネ左翼旗及びエルグネ右翼旗に改編された。1948年(民国37年)に中国共産党により両旗は統合され「額爾古納旗(アルグン旗)」が誕生した。1966年国務院はアルグン旗を再び左右両旗に分割。1994年、アルグン右旗は県級市のアルグン市と改編された。

行政区画[編集]

傘下に2街道、3鎮、1郷、2民族郷、1ソムを管轄する

  • 街道:ラブダリン街道(拉布達林街道)、上庫力街道
  • 鎮:黒山頭鎮、モリダガ鎮(莫爾道嘎鎮)、エンヘ・ハダ鎮(恩和哈達鎮)
  • 郷:奇乾郷
  • 民族郷:三河回族郷、 エンヘ・オロス族郷(恩和俄羅斯族郷)
  • ソム:蒙兀室韋ソム

外部リンク[編集]