ニェンチェンタンラ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニェンチェンタンラ山脈
Nyainqentanglha.JPG
ナムツォ湖上にそびえるニェンチェンタンラ山脈
チベット語
チベット文字: ཉེན་ཆེན་ཐང་ལྷ་
ワイリー方式: gnyan chen thang lha
蔵文ピン音: Nyainqêntanglha
THDL式: Nyenchenthanglha
中国語
繁体字: 念青唐古拉山
簡体字: 念青唐古拉山
ピン音: Niànqīng Tánggǔlā Shān
青蔵鉄道から見たニェンチェンタンラ山脈。左奥の頂上が尖った雪山はサムディン・カンサン峰(桑頂抗沙峰、6590m) [1]

ニェンチェンタンラ山脈(ニェンチェンタンラさんみゃく)はチベット自治区中東部をほぼ東西に走る山脈。西側はカンティセ山脈中国語版、東側は横断山脈。全長1400km、平均幅80km、平均海抜5000~6000m。

名称[編集]

ニェンチェンタンラとは「タンラ山脈に次ぐ」という意味で、山脈の規模がタンラ山脈に次ぐ大きさであることに由来する。

地理[編集]

ヤルンツァンポ川(ブラマプトラ川上流部)と怒江(サルウィン川上流部)の分水嶺にして、高原の寒冷な気候帯と温暖な気候帯との境界線でもある。主峰のニェンチェンタンラ山英語版中国語版の標高は7162m。

地質[編集]

燕山運動末期に山脈が形成され、東への褶曲によりつくられた褶曲山脈である。山脈の南側は大きな断層が通過する。

氷河[編集]

ニェンチェンタンラ山脈は氷河で主に覆われており、面積7536km2青蔵高原南東部最大の氷河地帯である。そのうち27の氷河が全長10kmを超える。如易貢八玉溝の卡欽冰川(氷河)は33kmに達し、末端の海抜はわずか2530m、チベット最大の氷河にして中国最大の海洋性氷河である。

気候[編集]

山脈の東側はインド洋の西南モンスーンの影響を受けて降水が多い。西側は半乾燥気候で降水が少ない。     

脚注[編集]

外部リンク[編集]