雲台山 (河南省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雲台山
Yuntai montain (1).jpg
標高 1308 m
所在地 河南省焦作市修武県
位置 北緯35度25分57.46秒 東経113度21分22.79秒 / 北緯35.4326278度 東経113.3563306度 / 35.4326278; 113.3563306座標: 北緯35度25分57.46秒 東経113度21分22.79秒 / 北緯35.4326278度 東経113.3563306度 / 35.4326278; 113.3563306
山系 太行山脈
雲台山 (河南省)の位置(中華人民共和国内)
雲台山 (河南省)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
雲台天瀑
紅石峡
主峰・茱萸峰山頂の建築

雲台山河南省焦作市修武県にある太行山脈の山である。山が高く霧が立ち込めていることから、この名前がついたという[1]。雲台山は、中国の国家5A級景区[2]、国家地質公園に指定された名勝地である。また、世界ジオパークにも指定されている[3]

地質と地形[編集]

雲台山では、25億年前ごろの太古代の基盤変成岩片麻岩)が一部に露出し、またカンブリア紀の地層が広くに見られる[4][5]。カンブリア紀の地層は385〜589 m の厚みがあり、それぞれの年代の地層が比較的に断絶することなく揃っている。炭酸塩岩や砂頁岩などが見られる。三葉虫藍藻類の化石を含む層もある。

雲台山の独特な地形は、2300万年まえごろ、ヒマラヤ造山運動の影響による急激な隆起を受けたためにできた。この隆起により、深い河谷が刻まれた。[1][5]

おもな景勝地[編集]

紅石峡、青竜峡といった名勝地がある。雲台天瀑は、断層運動によって生じたもので[4]、314mの高さがある。

歴史[編集]

魏の時代の竹林の七賢の会合地のひとつとして、また、漢の献帝の墓陵の所在地としても有名である。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 河南焦作云台山国家地质公园”. 中国国家地质公园. 2016年2月12日閲覧。
  2. ^ 国家5A級景区”. 中華人民共和国国家旅游局. 2016年2月11日閲覧。
  3. ^ "GGN member list"”. 2016年2月1日閲覧。
  4. ^ a b 标示系统”. 中国云台山世界地质公园. 2016年2月12日閲覧。
  5. ^ a b 公园简介”. 中国云台山世界地质公园. 2016年2月12日閲覧。