鏡泊湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鏡泊湖

鏡泊湖(チンポーこ、きょうはくこ、拼音: Jìng pō hú)は、中華人民共和国黒竜江省寧安市にある天然湖。北朝鮮との国境ほど近くに存在し、およそ1万年前に火山噴火の影響によって牡丹江がせき止められたことで形成された。幅4キロ、長さ45キロほどの細長い形で、面積は90.3平方キロメートルで、琵琶湖のおよそ7分の1。南の方は浅く、北の方が深くなっており、一番深い部分では60メートルほどになっている。

1982年国務院によって国家重点風景名勝区のひとつに制定された。観光地のほか、夏には避暑地としても広く利用されている。火山性の堰止湖としては、中国で最大である。

鏡泊湖をせき止めた火山は湖の西側50キロにあり、溶岩台地を形成している。噴火口の底には「地下森林」という原生林ができており、噴火口森林景区となっている。

吊水楼瀑布が湖の出口近くにあり、通常は幅40メートル、落差12メートルほどであるが、水の多い時期は幅200メートルにもなる。

歴史[編集]

鏡泊湖付近には渤海の62あった州のひとつである湖州(当時は鏡泊湖ではなく忽汗海)があったとされている。また、日本統治(満州国)時代には、周辺に多くの日本人が暮らし、水力発電所(2万kW)も建設されていた。1940年代末から50年代にかけてはロシア正教会古儀式派無僧派の一派である礼拝堂派の信徒たちも居住していた。

関連項目[編集]

座標: 北緯43度49分44.7秒 東経128度52分49.7秒 / 北緯43.829083度 東経128.880472度 / 43.829083; 128.880472