雲居山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雲居山の真如禅寺にある心印禅師塔

雲居山(うんきょざん、yunjushan)は中国江西省九江市永修県に位置している。もともと欧山と呼ばれ、中国では仏教の名山として有名な場所である[1]。中国十大仏教名山にも数えられ[2]、山頂にある「真如禅寺」は中国禅宗曹洞宗)の発祥の地と言われている[3]。寺院の周囲は山林に囲まれ、赤松、お茶、栗、キュウイサンザシなどがこのエリアの名産品で、朝鮮人参オウセイ(黄精)などの漢方薬も名産品に含まれている。

総面積は216.5平行キロメートル、標高は969.7mになり、2000種以上の植物が生息している。特に樹齢が千年を超える樹木が多数あり、イチョウクスノキなどの樹齢千年を超える樹木が見所の一つである。真夏でも気温が22度を超えないと言われ、避暑地にもなっている。

この地に仏教をもたらしたのは道膺法師(835-902年)、曹洞宗の由良价(807-869年)と本寂(840-901年)であり江西の洞山と曹山になる。北宋時代(1008一1016年)に宋真宗敕改が「真如禅寺」と改名され、現在に至っている。真如禅寺は禅宗のお寺であり、古代には臨済宗の代表的な人物も多く輩出した。現代であれば、中国仏教協会の会長であった一誠法師もまたこの地で修行にはげんだ(この地にて示寂)[4]

また古代中国の文人である白居易蘇東坡、仏印などもこの地を訪れたことがあり、名作を残していった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 云居山佛教”. www.yjsfj.com. 2019年7月5日閲覧。
  2. ^ 十大佛教名山VS十大道教名山_易道禅_新浪博客”. blog.sina.com.cn. 2019年7月5日閲覧。
  3. ^ 云居山_360百科”. baike.so.com. 2019年7月5日閲覧。
  4. ^ 一誠 (僧)のoldid=69838762版