蜀道の険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蜀道の険、Carré 10 x 10 px red.png = 市、Circle Ø = 10 px red.png = 県

蜀道の険(しょくどうのけん)は、戦国時代の恵王が王を騙して敷かせた道。

蜀道とは漢中から成都への桟道の事を指す。李白が「蜀道の難は、青天に上るよりも難し」と歌ったほどの難所であった。 中でも、垂直に切り立った肌に取り付く蜀の桟道は、現在は観光名所として知られる。