ボステン湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボステン湖
باغراش كۆلى / 博斯腾湖
位置 北緯42度00分 東経87度00分 / 北緯42.0度 東経87.0度 / 42.0; 87.0
流入河川 開都河
流出河川 孔雀河
集水域面積 56,000 平方km
流域国 中華人民共和国の旗 中国
南北長 25 km
最大幅 55 km
面積 1,100 平方km
周囲長 590 km
最大水深 17 m
平均水深 9 m
水面の標高 1,048 m
湖沼型 淡水湖
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

ボステン湖中国語: 博斯腾湖)あるいはバグラシュ湖ウイグル語: باغراش كۆلى / Baghrash Köli[1]は、中央アジアタリム盆地の北東縁にある淡水湖である。一帯は現在中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県博湖県)となっている。

概要[編集]

コルラ市の北東およそ50kmにあり、新疆で最大の湖である。

湖の主たる水源は開都河簡体字开都河)であり、そのまた水源は天山山脈の雪解け水である。この湖から流れ出る孔雀河(中国語:孔雀河)は、タリム川の支流のひとつであり、かつてはロプノールに注いでいたが、現在下流域は干上がっている。

ボステン湖はコルラ市の重要な水源であるが、タリム川下流域の深刻な水不足を補うために孔雀河への水供給量を増やしている[2]。一方、開都河流域の水利用が増えたことなどから、湖への流入量は減っている。このため、ボステン湖の水量は最近10年でほぼ半減しており、水質もわずかながら塩水湖に近づきつつあるといわれている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 国際湖沼環境委員会 世界湖沼データベース
  2. ^ 「第二のロプノール」で水面が現れる -「チャイナネット」2002年6月27日
  3. ^ 中国最大の湖 水量10年で半減 - チャイナなう 2013年6月15日、新華網