滕王閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
滕王閣の主楼

滕王閣(とうおうかく、簡体字: 滕王阁繁体字: 滕王閣拼音: Téngwáng Gé)は、中華人民共和国江西省南昌にある楼閣岳陽岳陽楼武漢黄鶴楼と並んで、江南の三大名楼とされる。

歴史[編集]

代の653年(永徽四年)、当時この地に封じられた李元嬰(唐の建国者・李淵の第22子)の道楽によって建てられた。彼は最初は滕県(現在の山東省滕州市)に封じられていたため滕王と呼ばれており、ここから滕王閣と呼ばれる。幾度も戦乱などにより破壊された。同治年間に28回目の再建が行われたが1929年に軍閥同士の戦争で破壊され再建されていなかった。現在のものは1989年に再建されたもので29回目の再建に当たる。

贛江のほとりに建てられており、楼閣から街を見下ろすことができる。

関連項目[編集]

座標: 北緯28度41分2.76秒 東経115度52分32.88秒 / 北緯28.6841000度 東経115.8758000度 / 28.6841000; 115.8758000