石阡温泉群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石阡温泉群(せきせんおんせんぐん、中国語:石阡温泉群 拼音: Shíqiān wēnquánqún)は、中国貴州省石阡県にある温泉群。貴州省の最も古くて代表的な温泉として、2009年12月28日中国国務院中国国家級風景名勝区に登録された[1]

概要[編集]

歴史は明朝以前の時代に発見されて、現在石阡県の県庁所在地「湯山鎮」の名に由来するという。1606年(明朝万暦四十三年)、當時石阡府知府江大鯤によって温泉掘削や着替え場所の建築などが行われた。

清代、何度も整備された後は貴州の唯一の名湯になった。1816年嘉慶二十一年)、当時の知府何均が「我が府の温泉は黔省のただ一つのものだ。荒廃に落ちたので、募金で立て直した…」という文字を温泉側の石碑に彫りつけた。

泉質[編集]

泉温45℃。中性硫酸塩泉炭酸泉ラドンをはじめ、ケイ酸硫黄ストロンチウム等成分を含む[2]。飲用も可能。

アクセス[編集]

  • 銅仁駅から石阡行のバスに乗車。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国务院关于发布第七批国家级风景名胜区名单的通知(簡体字中国語),2009年12月31日
  2. ^ 自然資源(簡体字中国語),石阡県人民政府

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  •  [明] 江東之、王耒賢、沈思充等『貴州通志·石阡府志』(貴州大学出版社、2010年)ISBN 9787811263251
  •  馮翰先、李紹蓮、胡国隆等『石阡県誌』貴州省図書館複製石阡県档案館蔵抄本,民国十一年(1922)