支遁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
支遁、支道林
314年 - 366年
生地 河南省
没地 余姚(浙江省
寺院 支山寺、霊嘉寺
著作 『文翰集』

支遁(しとん, 314年 - 366年)は、東晋の僧。格義仏教の代表的人物。字は道林。本姓は関氏で、陳留(河南省開封市)の出身である。

経歴[編集]

父祖の代からの仏教徒であり、幼い頃に已に西晋末の華北の動乱を避け、江南に移り住んでいたが、25歳で出家した。『道行般若経』などの教理研究に専心した。また、老荘思想清談にも精通しており、『荘子』「逍遥遊篇」に注釈を加え、独自の見解を述べている。

その後、江蘇の支山寺に入ったが、王羲之の要請によって会稽浙江省)の霊嘉寺に移った。以後も、各地で仏典の講説を行い、弟子百人あまりを率いていた。哀帝の招きにより、都の建康に出て、東安寺で『道行般若経』を講ずるなどした。王羲之のほか、孫綽許詢謝安劉恢らの東晋一流の文人らと交遊した。

東晋の太和元年(366年)、余姚(浙江省)で病死した。

著作[編集]

彼の著作としては、「即色遊玄論」「聖不弁知論」「道行旨帰」「学道誡」「釈朦論」「切悟章」「弁三乗論」等を残したと、慧皎の『高僧伝』(巻4、本伝)では伝えている。また、彼の文集として「文翰集」10巻があったという。

伝記資料[編集]

参考文献[編集]

  • 福永光司「支遁と其の周囲」(『仏教史学』5-2、1956年)
  • 湯用彤『漢魏両晋南北朝仏教史』(1955年)