慧皎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
慧皎
497年 - 554年
生地 会稽郡上虞県
没地 九江
寺院 嘉祥寺
著作高僧伝

慧皎(えこう、497年 - 554年)は中国南朝代ので、『高僧伝』の撰者である。

略歴[編集]

会稽郡上虞県(浙江省紹興市上虞区)の出身であるが、氏族は不明である。

学は博く仏教と俗書に及んでおり、仏教では経律を修めた。会稽の嘉祥寺に住し、春夏には仏法を講説し、秋冬には著述に専心した。553年には、侯景の乱を避けて九江江西省)に移り、翌年2月に没した。享年58。廬山の禅閣寺に葬られた。

著書[編集]

参考文献[編集]