円珍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この記事の項目名は以下のような表記揺れがあります。
  • 円珍(常用漢字)
  • 圓珍(旧字体)
  • 圓珎(古文書、古記録に見られる表記)
円珍
814年4月8日 - 891年12月4日
諡号 智証大師(醍醐天皇より)
生地 讃岐国
宗派 天台宗寺門派
寺院 園城寺
義真
著作 法華論記ほか
智証大師像(香川・金倉寺蔵、重要文化財

円珍(えんちん、弘仁5年3月15日814年4月8日)- 寛平3年10月29日891年12月4日))は、平安時代天台宗天台寺門宗の宗祖。諡号(しごう)は智証大師智證大師、ちしょうだいし)。入唐八家(最澄空海常暁円行円仁恵運円珍宗叡)の一人。

概説[編集]

弘仁5年(814年讃岐国香川県)金倉郷に誕生。多度郡弘田郷の豪族・佐伯一門のひとり。俗姓は和気。字は遠塵。空海(弘法大師)の甥(もしくは姪の息子)にあたる。生誕地は善通寺から4kmほどのところ。幼少から経典になじみ、15歳(数え年、以下同)で比叡山に登り義真に師事、12年間の籠山行に入る。

承和12年(845年役行者の後を慕い、大峯山葛城山熊野三山を巡礼し、修験道の発展に寄与する。承和13年(846年延暦寺の学頭となる。仁寿3年(853年新羅商人の船で入唐、途中で暴風に遭って台湾に漂着した。

天安2年(858年)唐商人の船で帰国。帰国後しばらく金倉寺に住み、寺の整備を行っていた模様。その後、比叡山の山王院に住し、貞観10年(868年)延暦寺第5代座主となり、園城寺(三井寺)を賜り、伝法灌頂の道場とした。後に、比叡山を山門派が占拠したため、園城寺は寺門派の拠点となる。

寛平3年(891年)入寂、享年78歳。三井寺には、円珍が感得したとされる「黄不動」「新羅明神像」等の美術品の他、円珍の手による文書が他数残されており、日本美術史上も注目される。

著作[編集]

著作は90を数え、円珍の教えを知る著作である「法華論記」「授決集」の他、自身の書いた入唐旅行記の「行歴抄」など著名である。『智証大師全集』全3巻がある。「行歴抄」では、円載との確執が描写されている[1]

肖像[編集]

円珍は、園城寺では宗祖として尊崇され、同寺には国宝の彫像をはじめ、多くの円珍像が伝わる。同寺唐院大師堂には「中尊大師」「御骨大師」と称する2体の智証大師像があり、いずれも国宝に指定されている。いずれの像も頭頂が尖り、頭部の輪郭が卵型を呈する独特の風貌に特徴がある。(これを「霊蓋」〔レイガイ〕という。左道密教では未来を予知できる能力を備えるとされ、非常に崇められた。反面、その験力を得ようと切り取られることもあったため、入唐時に諭され非常に警戒された。)

円珍の書[編集]

円珍自筆書状(僧正遍照あて、年未詳5月27日)東京国立博物館蔵(国宝「円珍関係文書」のうち)

書風は「枯枝のような」と評される独特のものである。真跡は20余点現存し、その代表的なものは次のとおりである。

  • 円珍書状(寄遍照)(国宝)
東京国立博物館所蔵の国宝「円珍関係文書」のうち。古今集の歌人である遍照僧正への返信で、年はなく5月27日の日付があるのみであるが、晩年の手紙と推定される。一見稚拙のようだが、古渋な勁い書である。
  • 請伝法公験奏状案(でんぽうくげんをこう そうじょうあん)(国宝)
園城寺所蔵の国宝「智証大師関係文書典籍」のうち。入唐からの帰国後、伝法のための公験(証明書)を請求するため、朝廷に提出した文書の案である。貞観5年(863年)11月13日の日付がある。書風は行書風の特徴ある楷書

脚注[編集]

  1. ^ 王勇『唐から見た遣唐使』講談社1998

関連項目[編集]

参考文献[編集]