明尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

明尊(みょうそん、天禄2年(971年)- 康平6年6月26日1063年7月24日))は、平安時代後期の天台宗の僧。父は兵庫頭小野奉時で、三蹟小野道風は祖父にあたる。

略歴[編集]

幼いときに園城寺(三井寺)に入り、余慶から顕教密教の2教を学び、慶祚からその奥義を伝授された。円満院に住して園城寺法務を兼ね僧正まで至っている。1038年長暦2年)天台座主に任じられると、円仁の流れを組んだ宗徒がそれに激しく反発、翌1039年(長暦3年)関白藤原頼通に強訴したことから、座主を辞さるを得ず円仁派の教円が座主に就任した。その直後園城寺は延暦寺とは別に戒壇を設けることを奏上したが、山門派の反対にあい実現しなかった。1045年寛徳2年)園城寺長吏、1048年(永承3年)天台座主に就任したが、山門派・寺門派の対立により3日で座主職を辞職せざるを得なくなった。1053年天喜元年)牛車を許され、翌1054年(天喜2年)平等院検校に任じられている。明尊に帰依していた頼通は、1060年(康平3年)明尊の90歳になったのを祝賀している。