明快

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

明快(みょうかい、永延元年(987年[1]-延久2年3月18日1070年5月1日[2])は、平安時代中期の天台宗僧侶。通称は梨本僧正。藤原魚名の子孫で、父は文章生の藤原俊家とも藤原俊宗ともされる[3]天台座主大僧正に任じられた。

幼くして延暦寺に入り、明豪皇慶慶命らに顕教密教を学ぶ。後に東塔の円融房(梶井殿)に住んだことから、「梨本僧正」と呼ばれた。長暦元年(1037年)に後朱雀天皇護持僧として権律師に任じられ、長久4年(1043年)に権少僧都に進み、永承4年(1049年)に四天王寺別当、同5年(1050年)に権大僧都、同7年(1052年)に法性寺座主となる。天喜元年(1053年)には第32代の天台座主となり、法成寺別当と恵心院検校を兼ねた。同2年(1054年)には大僧都に進み、法印とされた。同3年(1055年)には僧正に任じられ、康平3年(1060年)に大僧正となった。治暦元年(1065年)に大僧正を辞する。

後朱雀・後冷泉の2代の天皇や上東門院に仕え[4]藤原頼通の正室である源隆姫の戒師を務める[3]など、皇室摂関家からの信頼が厚かった。弟子に覚尋良真仁覚仁豪らがいる。

脚注[編集]

  1. ^ 異説に寛和元年(985年)説(『日本仏教人名辞典』)。
  2. ^ 異説に治暦2年(1066年)・延久3年(1071年)説がある(『平安時代史事典』)。
  3. ^ a b 塩入『平安時代史事典』
  4. ^ 佐々木『日本仏教史辞典』

参考文献[編集]

  • 佐々木令信「明快」(『日本仏教史辞典』(吉川弘文館、1999年)ISBN 4-642-01334-2
  • 塩入良道「明快」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-04-031700-7
  • 日本仏教人名辞典編纂委員会 編『日本仏教人名辞典』(法蔵館、1992年) ISBN 978-4-8318-7007-0

関連項目[編集]