覚快法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
覚快法親王
続柄 鳥羽天皇第七皇子

身位 法親王
出生 長承3年(1134年
死去 養和元年11月16日1181年12月23日)(享年48)
埋葬 青蓮院宮廟
父親 鳥羽天皇
母親 美濃局
役職 第56代天台座主
テンプレートを表示

覚快法親王(かくかいほっしんのう、長承3年(1134年) - 養和元年11月16日1181年12月23日))は、平安時代後期の天台宗の僧。父は鳥羽天皇。母は美濃局石清水八幡宮祀官家田中勝清の実妹)。

経歴[編集]

13歳の時比叡山に上り、行玄大僧正に師事して出家顕教密教を兼学した。1150年久安6年)に権律師となり、翌1151年(久安7年)行玄から伝法灌頂をうけ、法印に任じられた。1160年永暦元年)宮中において日食の祈祷を行い効験があったという。1170年嘉応2年)無品親王となり、1177年治承元年)延暦寺座主明雲が流罪となった跡を受けて座主に就任、法性寺座主も兼任したが、病身のため1180年(治承4年)に職を辞し、青蓮院に隠退した。

京都府京都市西京区大原野小塩町善峯寺内に青蓮院宮廟(墓地)はある。