慈胤法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
慈胤法親王

続柄 後陽成天皇第十三皇子
全名 幸勝
身位 親王
出生 元和3年3月13日1617年4月18日
死去 元禄12年12月2日1700年1月21日)(享年83)
父親 後陽成天皇
母親 中山親子
役職 梶井門跡
天台座主
テンプレートを表示

慈胤法親王(じいんほっしんのう、元和3年3月13日1617年4月18日) - 元禄12年12月2日1700年1月21日))は、江戸時代前期から中期にかけての法親王。父は後陽成天皇。母は土佐局中山親子。幼名は清宮。俗名は幸勝。法院号は常修院。

略歴[編集]

1629年寛永6年)親王宣下をうけ、翌1630年(寛永7年)得度している。承快法親王のあとを受けて、梶井門跡三千院)を継いでいる。その後1642年(寛永19年)・1650年慶安3年)・1655年明暦元年)と三度にわたって天台座主に任じられた。そのほか茶道や書・和歌に秀でていた。福岡藩黒田忠之と親交が深く、複数の書簡が残る。黒田家の祀社もみぢ山八幡宮が建立された折には扁額に揮毫している。