桓守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桓守(かんしゅ、弘安7年(1284年) - 没年不詳)は鎌倉時代後期の太政大臣洞院公守の子。母は不明。松岡または岡崎を号す。

嘉暦4年(1329年)2月11日、権僧正のときに第117世天台座主に補任されるが、同年10月8日これを辞任している(『華頂要略』)。その後、法務大僧正に至った(『尊卑分脉』)。建武2年(1335年)正月28日には中宮珣子内親王)の安産を祈って金剛童子法を修している。弟子に桓豪など。没年は不明だが、22日に没したらしい。

参考文献[編集]

  • 『天台座主記』(群書類従所収)