安慧 (天台宗)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安慧(あんえ、延暦13年(794年) - 貞観10年4月3日868年5月2日))は、平安時代前期の天台宗。俗姓は大狛氏。河内国大県郡の出身。

下野国小野寺の広智(こうち)に師事して出家、ついで比叡山に登って最澄円仁について顕教密教を学んだ。遮那業学生(密教専攻の学僧)として得度し、規定により12年篭山修行を行った。その後、844年承和11年)出羽国の講師に任じられ、その地の法相宗徒の多くを天台宗に改宗させたという。848年(承和13年)延暦寺定心院十禅師に任じられ、内供奉十禅師を経て、864年(貞観6年)天台座主に就任した。