尊真法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尊真法親王尊眞法親王・そうしんほうしんのう、寛保4年1月19日1744年3月3日)-文政7年3月17日1824年4月16日))は、江戸時代後期の法親王伏見宮貞建親王の第四皇子で、母は家女房の岡本応子。幼名は雄香宮(おかのみや)[1]、後に喜久宮。諱は成輔。字は良璠[2]。正式な出家が親王宣下後であるため、入道親王とする表記もある[3]

延享3年(1747年)10月に桜町天皇姉小路定子(開明門院)の養子になる。当初は一乗院に入る予定であったが、宝暦2年(1752年)になって勅命によって一乗院から連れ戻されて青蓮院を継承し、同年12月に親王宣下を受けた。翌宝暦3年(1753年)に出家、宝暦12年(1762年)に一身阿闍梨となる。

明和元年(1764年)に天台座主に補任され、以降4度にわたって座主を務める。また、同年には二品親王となる。天明5年(1785年)12月に一品親王に叙される。天明7年(1787年)に牛車宣旨を受ける。文化13年閏8月13日1816年10月4日)に准三宮となる。文政5年(1822年)に老齢のために宮中で杖を用いることを許された。文政7年(1824年)に81歳で逝去。諡号は施無畏王院。墓地は善峯寺内にある青蓮院宮墓地。

書道に優れており、『入木道十七条之口決』・『入木抄口決』などの著作がある。

脚注[編集]

  1. ^ 是澤「尊真法親王」『日本人名大事典』第3巻
  2. ^ 「尊真親王」『国書人名辞典 3』
  3. ^ 「尊真入道親王」『日本人名大辞典』

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 是澤恭三「尊真法親王」『日本人名大事典』第3巻、平凡社、1979年(『新撰大人名辞典』(1937年刊)の改題複製)。
  • 市古貞次『国書人名辞典 3』岩波書店、1996年。