伏見宮貞建親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伏見宮貞建親王
続柄 伏見宮邦永親王の第三王子
出生 元禄13年12月21日1701年1月29日
死去 宝暦4年7月21日1754年9月7日
配偶者 秋子内親王東山天皇の第一皇女)
子女 邦忠親王
邦頼親王
寿子女王ほか
父親 伏見宮邦永親王
母親 福子内親王霊元天皇の第五皇女)
役職 兵部卿
テンプレートを表示

伏見宮貞建親王(ふしみのみや さだたけしんのう、元禄13年12月21日1701年1月29日) - 宝暦4年7月21日1754年9月7日) )は、江戸時代中期の皇族伏見宮第15代。伏見宮邦永親王の第三王子。母は、霊元天皇第五皇女福子内親王(よしこないしんのう)。幼称は若宮。

宝永5年(1708年東山天皇猶子となり、翌宝永6年(1709年)5月親王宣下を蒙り、貞建と命名される。正徳5年(1715年)10月元服し、兵部卿に任ぜられる。享保4年(1719年)正月東山天皇の第一皇女秋子内親王と結婚。 享保12年(1727年)二品に叙され、宝暦4年(1754年)7月21日一品に叙せられる。同21日薨去。55歳。法名、後乾徳院。

王子女に邦忠親王のほか、邦頼親王(尊宝入道親王)、尊英入道親王、千代宮寿子女王東本願寺乗如室)、尊真入道親王、安津宮賢子女王広幡前豊室)、田鶴宮貞子女王徳川重好室)がいる。また、養子に富宮徳子女王今出川公詮女、徳川宗将室)、賀伝宮近子女王専修寺円超女、専修寺円遵室)がいる。

外部リンク[編集]