善峯寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
善峯寺
善峯寺山門
山門
所在地 京都府京都市西京区大原野小塩町1372
位置 北緯34度56分17.4秒 東経135度38分39.1秒 / 北緯34.938167度 東経135.644194度 / 34.938167; 135.644194座標: 北緯34度56分17.4秒 東経135度38分39.1秒 / 北緯34.938167度 東経135.644194度 / 34.938167; 135.644194
山号 西山
宗旨 天台宗単立
宗派 善峰観音宗
寺格 本山
本尊 十一面千手観世音菩薩 2躯
創建年 長元2年(1029年
開山 源算
正式名 西山 善峯寺
札所等 西国三十三所第20番
神仏霊場巡拝の道第85番
京都洛西観音霊場第1番
文化財 多宝塔、絹本著色大元帥明王像(重要文化財
公式HP 京都・西山 西国第二十番札所 善峯寺
法人番号 4130005001860 ウィキデータを編集
善峯寺の位置(京都市内)
善峯寺
テンプレートを表示

善峯寺(よしみねでら)は、京都市西京区にある善峰観音宗(天台宗単立本山の寺院。山号は西山。本尊十一面千手観世音菩薩西国三十三所第20番札所。桜や紅葉の名所になっているとともに境内各所から京都市街や比叡山を一望できる。

本尊真言:おん ばざら たらま きりく そわか

ご詠歌:野をもすぎ山路(やまじ)にむかふ雨の空 よしみねよりも晴るる夕立

歴史[編集]

寺に伝わる『善峯寺縁起絵巻』(江戸時代)等によれば、長元2年(1029年)、源信の弟子にあたる源算が自作の千手観音像を本尊として創建したという。その後、長元7年(1034年)には後一条天皇により勅願所に定められ、「良峯寺」の寺号を賜った。

長久3年(1042年)、後朱雀天皇の命で洛東鷲尾寺にあった仁弘法師作の千手観音像を当寺に遷して新たな本尊としている。また、白河天皇より本堂、阿弥陀堂、薬師堂、地蔵堂、三重塔、鐘楼、二王門、鎮守七社の堂社を寄進されている。

鎌倉時代初期の建久3年(1192年)には、慈円が住したこともあり、後鳥羽天皇直筆の寺額を賜ったことによって寺号が善峯寺と改められた。青蓮院から多くの法親王が入山したため「西山門跡」と呼ばれ、室町時代には僧坊の数は52を数えていた。

だが、応仁の乱に巻き込まれて伽藍の大半が焼失した。江戸時代になってから江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の生母・桂昌院が大檀那となって、現存する観音堂・鐘楼・護摩堂・薬師堂・経堂・鎮守社などが再建されて復興を遂げた。

境内[編集]

多宝塔(重要文化財)

境内は京都市域の西南端近く、釈迦岳(標高630.8m)の北東の支峰の善峯に位置し、山腹一帯に多くの堂宇が点在する。バス停留所から山道を、また駐車場から数分上ったところに山門が聳え、石段を上がった正面に本堂(標高305m辺り)があり、その左手(南)に文殊寺宝館がある。本堂右手の石段を上った一画には多宝塔などがある。そこから上ったところに釈迦堂、その上に阿弥陀堂があり、境内のもっとも奥には薬師堂、青蓮院宮墓地などがある。諸堂宇の大部分は江戸時代、桂昌院の援助で整備されたものである。

本尊[編集]

秘仏本尊と脇本尊の2体の木造千手観音立像を安置する。秘仏本尊は木造漆箔、像高178.8センチ。平安時代後期から鎌倉時代初期の作とされる。寺伝では後朱雀天皇の命により洛東の鷲尾寺から移したもので、安居院仁弘法師の作という。開扉は現在毎月第2日曜および毎年正月三箇日に行われるほか、臨時に行われる特別開扉もある。今後寺の方針により2022年以降は秘仏とし、その後の開扉は開山から1,000年となる2028年まで行わない予定である。

脇本尊は像高174.5センチ。寺の創建と同じ11世紀前半頃の作とされ、像全体が黒ずんだ古色を呈する。寺伝では開山源算の作とする。京都洛西観音霊場の札所本尊でもある[1][2]

文化財[編集]

重要文化財

国の天然記念物

遊龍の松
  • 遊龍の松 - 1932年(昭和7年)4月19日指定[4]。樹齢約600年の五葉松で、幹が横に這うように伸びていることからこの名が付けられた。全長50数メートルあったが、松食い虫の被害により1994年平成6年)に10メートルあまり切断された[5]

京都府指定歴史資料

善峰寺参詣曼荼羅
  • 善峰寺参詣曼荼羅 - 1996年(平成8年)3月15日指定[6]
  • 三鈷寺参詣曼荼羅 - 1996年(平成8年)3月15日指定[6]

前後の札所[編集]

西国三十三所
19 革堂行願寺 - 20 善峯寺 - 21 穴太寺
京都洛西観音霊場
1 善峯寺 - 2 金蔵寺
神仏霊場巡拝の道
84 東寺(教王護國寺) - 85 長谷寺 - 86 大原野神社

交通[編集]

JR京都線向日町駅または阪急京都線東向日駅から、阪急バス66系統善峯寺行きで終点善峯寺下車、徒歩8分。

1月6日から2月末日の間は善峯寺行バスは手前の小塩止まりとなる。

入山料[編集]

  • 大人500円
  • 中高生300円
  • 小中学生200円
    • 最初に北側に隣接する三鈷寺に行き、次に善峯寺に入る場合は、インターフォンを使い、拝観料を釣り銭の無いよう用意して監視カメラに呈示したあと拝観料入れに入れれば、回転ドアを遠隔解錠してもらって入場できるが、パンフレット類をもらうことができない。
    • なお、最初に山門で拝観料を払ったあと、北門を出て三鈷寺に行き、再び北門から善峯寺に入場する場合はインターフォンを使って連絡して回転ドアを遠隔解錠してもらう必要があるが、再入場は可能である。その際は善峯寺の入口でもらったパンフレットを監視カメラに呈示する必要がある。

周辺[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 像高、年代については、西国三十三所札所会編『西国三十三所結縁御開帳公式ガイドブック』(講談社、2008)p85による。
  2. ^ 両本尊の写真は、『善峯寺』(京都の古寺から19)(淡交社、1997)および『西国三十三所結縁御開帳公式ガイドブック』(講談社、2008)に掲載されている。
  3. ^ 善峯寺多宝塔 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  4. ^ 遊龍松 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  5. ^ 「掃部・水野、1997」p75
  6. ^ a b 京都府指定・登録等文化財”. 京都府教育庁. 2015年2月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『京都市の地名』(日本歴史地名大系)、平凡社、1979
  • 掃部光暢・水野克比古『善峯寺』(京都の古寺から19)、淡交社、1997

関連項目[編集]

外部リンク[編集]