四向四果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四向四果 (しこうしか)とは、原始仏教部派仏教における修行の階位のことであり、預流向・預流果・一来向・一来果・不還向・不還果・阿羅漢向・阿羅漢果のこと[1]四双八輩ともいう[1][注釈 1]とは、到達した境地のことであり、は特定の果に向かう段階のことである[1]

原始仏教・部派仏教では、阿羅漢果は修行者の到達しうる最高位であり、それ以上に学ぶ必要が無いので阿羅漢果を無学位といい、阿羅漢果に達した者を無学という[1][2]。四向四果のうちで阿羅漢果未満の預流果・一来果・不還果を有学位といい、阿羅漢果未満の聖者(七輩)を有学という[1][2]

内容[編集]

下記の(1)〜(8)の8つが四向四果[1][3]

  • 預流(よる) - 聖者の流れ(見道位)に入ることで、欲界の人と天の間を最大7回生まれかわれば悟りを開く位[1]須陀洹を指す[3]
  • 一来(いちらい) - 人と天の間を1回往来して悟りに至る位[1]斯陀含を指す[3]
    • (3) 一来向 - 四聖諦を観察することを繰返していく修道の段階[3]。欲界の修道の煩悩を9種に分類したうちの6種の煩悩を断じつつある間[3]
    • (4) 一来果 - その6種の煩悩を断じ終った位[3]
  • 不還(ふげん) - 欲界には再び還らず色界に上って悟りに至る位[1]阿那含を指す[3]
    • (5) 不還向 - 一来果で断じきれなかった残りの3種の煩悩を断じつつある間[3]
    • (6) 不還果 - その3種の煩悩を断じ終った位[3]
  • 阿羅漢(あらかん、漢訳:応供) - 今生の終りに悟り(涅槃)に至り再び三界には生れない位[1][2]
    • (7) 阿羅漢向 - 不還果を得た聖者がすべての煩悩を断じつつある間[3]
    • (8) 阿羅漢果 - すべての煩悩を断じ終って涅槃に入り、もはや再び生死を繰返すことがなくなった位[3]

4つの果を合わせて、四沙門果(ししゃもんか)とも言う[要出典]

煩悩との関係[編集]

四沙門果と煩悩の関係は以下の通り[4][要ページ番号]

四沙門果 煩悩
預流果 三結(有身見・疑・戒禁取)が絶たれている。
一来果 三毒(貪・瞋・癡)が薄まっている。
不還果 五下分結(三結+貪・瞋)が絶たれている。
阿羅漢果 五上分結(色貪・無色貪・慢・掉挙・無明)が絶たれている。

成立[編集]

この四向四果の説が整えられたのは、部派仏教時代のアビダルマ教学においてだと考えられる[5][どこ?]。それ以前の初期仏教においては、例えばパーリ語仏典の『大般涅槃経(大パリニッバーナ経)』では、

  • 一来 - 一度だけ生まれ変わる。
  • 預流 - 聖者の流れに入る。
  • 不還 - 二度と生まれ変わらない。

の3つの順で示されることがあり、「不還」がそのまま涅槃到達を意味しているなど、四向四果とはいくらか様相が異なる説明[どこ?]が混在している。不還果は四向四果でも、文字通り生まれ変わらないという意味で説かれる。

大乗『涅槃経』に見る解釈[編集]

大乗経典の『涅槃経』四依品では、これらの声聞衆と凡夫人四依として挙げて、仏滅後の末世(すなわち末法)において正しく依るべき4種の人(四種人)としている。

  • 禁戒を能く奉持し、威儀を正して法を具足建立し、仏法の文儀を聞き解いて、他者の為に少欲是道・多欲非道(少欲・知足・楽寂静・勤精進・不妄念・修禅定・修智慧・不戯論の八大人覚)を分別して宣説し、犯罪の有る者は(を)教令・発露して懺悔滅除すれば、凡夫ではなく菩薩と名づく。
  • 須陀洹・斯陀含は、もし正法を受持して聞法し、書写・受持・読誦して他のために説き、畜者の奴婢の不淨の言には耳を傾けることなく不写不受不持不説しおえていれば、すでに受記を得た菩薩とする。
  • 阿那含は、正法を誹謗する(だろう)が、もし畜者の奴婢の不浄の言を聴くことなく、世間法に執られず大乗を説き、相続して絶えず永く欲を離れれば、臨終の日に畏怖を生ぜず、再び欲界に還らず、すでに受記を得て、久しからず阿耨多羅三藐三菩提(最も優れた正しい知識)を成じ得るとの受記を得た菩薩とする。
  • 阿羅漢は、「諸煩悩を断って重荷を捨て、利己(心)を逮得して自在智が得られるとする第十地に住する(境涯)を弁」ずれば、「仏道を成ぜんと欲せば成ずることのできる無量の功徳を成し得る」とする。

これらの人が、これらのことをして、世間に多く利益を為さしめれば、「如来と異なるところはない」とする。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 向と果の対(双)が4種(四双)あるため、総計で8種の段階にある人という意味で四双八輩という[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 中村元ほか(編) 『岩波仏教辞典』 岩波書店、2002年10月、第二版、422頁。
  2. ^ a b c 中村元ほか(編) 『岩波仏教辞典』 岩波書店、2002年10月、第二版、19頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 四向四果(しこうしか)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年7月18日閲覧。
  4. ^ 参考 : 『悟りの4つのステージ』 藤本晃サンガ 2015年
  5. ^ 『ブッダ最後の旅』 中村元 岩波文庫 pp238-239

関連項目[編集]