天 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(てん、: deva)は、仏教において、下記の2つの意味がある。

  1. 衆生生死流転する六道のうちの最上部にある世界のこと[1]天界天上界天道など多くの名がある[1][2]。本記事で詳述。
  2. 1の天界にいる神や、その眷族[1]。天人、天部、天衆ともいう[2]。詳細は天部を参照。

概説[編集]

上記の1の意味における天は、天上界(てんじょうかい、てんじょうがい)[1][2]天上天有(てんぬ)[2]天界(てんかい、てんがい)[3][2]天道(てんどう)[4][2]天上道(てんじょうどう)[要出典]天趣ともいう[1][5][2]。原語は: deva(デーヴァ)である[2]

天は、この地上から遙か上方にあると考えられている[2]五趣六趣(六道)のうち、天は最も苦悩の少ない世界であり[1]、最高最勝の果報を受ける有情が住む清浄な世界である[3][2]

六道における天[編集]

天道は、六道の最上位である(この文脈では天道と訳すことが多い)。そのすぐ下位がの住む人道である。

天人は長寿で、空を飛ぶなどの神通力が使える。また、快楽に満ち、苦しみはない。

ただし、天道はあくまで輪廻の舞台である六道の1つであり、天人も衆生にすぎない。天人は不死ではなく(天人が死ぬ前には天人五衰という兆しが現れる)、死ねば他の衆生同様、生前の行いから閻魔が決めた六道のいずれかに転生する。

天人は悟りを開いてはおらず、煩悩から解放されていない。悟りを開いたものは仏陀であり、輪廻から解放され六道に属さない涅槃浄土極楽)へと行く。

現在の大乗仏教では人道の下に阿修羅が住む阿修羅道が位置するが、初期仏教では六道のうち阿修羅道がなく五趣とされ、阿修羅は天に住んでいた。

天台宗では六道の上に仏陀が属する仏界などの四聖を加え十界とするため、その上から第5位が天界となる。

三界における天[編集]

三界も六道と同じく、輪廻の舞台となる世界の分類だが、分け方が異なる。三界のうち上2つの無色界色界と、最下位の欲界のうち上部の六欲天が、天に相当する。[要出典]

三界における天の分類[編集]

天は上から順に、次のような構造になっている[2]これらの天の名の多くは、世界と同時に、その世界の住人をも意味する。また、「○○天」の「天」は省略されることもある。[要出典]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 色究境天から夜魔天までを空居天(くうごてん)という[2]
  2. ^ 第二禅天と第三禅天に属する九天は楽生天(らくしょうてんともいう)[2]
  3. ^ 三十三天と四大王衆天王を地居天(じごてん)という[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 天(テン)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av 総合仏教大辞典 1988, p. 1020-1021.
  3. ^ a b 天上界(テンジョウカイ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月12日閲覧。
  4. ^ 天界(テンカイ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月12日閲覧。
  5. ^ 天道(テントウ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 総合仏教大辞典編集委員会(編) 『総合仏教大辞典』下巻、法蔵館、1988年1月

関連項目[編集]